• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

会社の飲み会で女子力高い!と思われるための5つの掟

Date:2013.10.16

会社の飲み会は、同僚や上司と親睦を深めるためにはかかせません。普段と違うくだけた雰囲気の場だからこそ、「やっぱり女の子なんだ!」と思わせてポイントを稼ぎたいところです。

今回は、会社の飲み会で「女子力高い!」と思われるための5つの掟についてご紹介します。一目置かれる女子社員になりたい方、社内のマドンナ的立ち位置を目指している方は必見です。

その1 勝負は乾杯のときから!なるべく多くの人と乾杯をする

スタートダッシュが大切なのは、飲み会の席でも同じです。最初の乾杯から気を抜かないで、なるべくたくさんの人と乾杯をしましょう。手を伸ばせば届く範囲の人とは全員とグラスを重ね、遠くの人には目配せで挨拶をします。

お酒が飲めない人でも乾杯のときくらいはみんなと同じビールを持っておいた方が、場が盛り上がります。1人だけ違う飲み物を頼み、持ってきてもらうのが遅いと乾杯を待たせてしまうことになります。

1人のせいで始まりがだらけるとしらけてしまってマイナスイメージ、ついだお酒に最後まで口をつけなくても問題ないので、乾杯は周りとあわせた注文をするようにしておきましょう。

周りの空気を読めること、愛想が良くてみんなと仲良く出来ることが、できる女の子と思ってもらう秘訣です。

その2 座る場所は出入り口の一番近く!積極的に注文を取る

飲み会の席で甲斐甲斐しく注文をまとめる女性は、好印象です。自然に注文係になるために、座る位置は入り口の一番近くをキープしましょう。周りの人のグラスがあいた時には「お飲物はいかがですか?」など声をかけるのを忘れずに。

メニューを渡してあげるときには、読みやすいように開いて渡すと良いでしょう。ちょっとした気遣いですが、見ている人は見ています。小さな努力の積み重ねが、「やっぱり女の子!」と思わせるポイントであると心得ましょう。

その3 リアクションは大げさくらいがちょうどいい

聞き上手の女性は、男女問わず人気です。相手が話をしているときには、しっかり目を見てじっくりと聞き、絶妙なタイミングで相づちをいれるようにしてください。喜怒哀楽のリアクションは、大げさくらいが可愛らしく見えるポイントです。

楽しい話のときにはにっこり笑顔、からかわれたときには少しすねた表情など、話の内容にあわせたリアクションをとるように心がけましょう。ころころ変わる表情が小悪魔的に、男心をくすぐります。

相手が気持ちよく話をしているようならしめたもの、リアクション上手になることで愛され上手を目指してください。

その4 飲み会の最後にはウーロン茶やお水を頼む

そろそろ場がお開きという雰囲気になったとき、さっとお水やウーロン茶を用意できると素敵です。居酒屋だとピッチャーでまとめて出されることもあるので、みんなの分をついであげましょう。

グラスに水滴がついているようなら、おしぼりでぬぐって手渡す気遣いも忘れずに。頼むタイミングとしては、2時間コースなら15分前、時間制限のない飲み会ならば最後の料理がでてきて30分たったあたりが適切でしょう。

時間管理がしっかりできるように、飲み会が始まった時間と終了予定時刻をチェックしておくと安心です。

その5 二次会にまで顔を出す

二次会に行く女性はモテないなどと言われることがありますが、嫌がらずに二次会まで残ってくれる女性がいるとうれしいというのが男性陣の本音です。

1次会ではできないようなプライベートな話題も飛び出す事が多いので、ここで本領発揮です。若い男性社員の恋愛相談、上司の家族の話など、親身になって聞いてあげるといいでしょう。

会社の人と1対1で話す機会は意外と少ないもの、普段はできないような濃い話をして距離感を縮めるチャンスです。めんどくさいとは思わずに、積極的に二次会に参加すると「気さくないい子」という評価を得られます。

以上、5つの掟をお話してきましたがいかがでしたでしょうか。お酒には女性を可愛らしく見せる魔法があります。正しい飲み会テクニックを身につけて、「女子力高い!」と注目のマドンナの座を射止めましょう。

この記事をシェアする

関連記事