• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

会話上手でモテ女子に!会話上手になるための5つのポイント

Date:2016.01.26

shutterstock_201555476
女性の魅力を出すために、美容やファッションに力を入れている女性が多いようですが、外見的なものだけではなく内側に魅力を感じられないと、相手に好印象を与えることができません。その1つが会話力です。

日頃から多くの人と話をしたり、上手にコミュニケーションが取れる人は会話も上手になりますが、会話が苦手・上手にできないという人は5つのポイントを押さえるだけで、会話力が今までよりアップします!

会話上手になってモテ女子へと近づきましょう。

会話上手な女性は好印象!女子力より必要な「会話力」

会話上手な女性は相手に好印象を与えるのですが、「好印象」の中にはいろいろなものがあります。会話をする中から感じられる「好印象」にはどういうものがあるのでしょうか。

その1.瞬時に判断して仕事がこなせるように感じる

仕事をする時、相手の言いたいことや伝えたいこと、その時の状況をしっかりと把握する必要があります。その時、相手の話を聞くだけではなく自分の意見も相手に上手に伝えなくてはいけません。

会話が上手な女性は、「聞くこと」「伝えること」のどちらもこなせるので、「仕事でやるべきことが瞬時に判断できる」というイメージを抱くようです。

働く女性が増えている昨今、会話上手な女性は仕事ができる印象が強いので、相手にも好印象を与えることに繋がります。

その2.人の話をしっかりと聞いてくれる印象

「会話上手」というと、どうしても話す方がメインになってしまいますが、会話が上手な人は話すばかりではなく、人の話を聞くことも上手だという印象が強いようです。

実際、話すことが上手な人でも、人の話をちゃんと聞くことができないと「自分のことしか考えていない」という印象を相手に与えてしまい、好印象には繋がりません。

その3.的を得た会話はストレスを感じず心地よい

人と話をしている時、話の主旨が逸れたり受け答えが曖昧だと、会話をすることがストレスに感じるという人も多いようです。

せっかくの楽しい会話も、話がかみ合わないとただのストレスになり、会話の内容もきちんと相手に伝わりません。

会話上手になると、話を聞いてしっかりと的を得た回答をするので、話をしている相手もストレスをほとんど感じないため「会話をしていても苦痛に感じない」と好印象を与えます。

話が面白ければいいってワケじゃない!会話上手になるための5つのポイント

shutterstock_333955814
楽しく、そして面白く話せるからといって会話上手に繋がるわけではありません。楽しい会話も大事ですが、話し方や話す時の表情なども相手に好印象を与えるものに繋がります。

  • 会話が苦手
  • 相手にいい印象を与える話し方になりたい

そういう人も次の5つのポイントを押さえることで、相手に好印象を与える会話上手になります。

ポイント1.マイナスイメージに繋がるネガティブな言葉は避ける

会話をする時、ネガティブな言葉やキーワードが組み込まれていると、せっかくの楽しい会話も台無しになってしまいます。

自分ではネガティブに感じていなくても、相手からすると「どうしてそんなにマイナスな言葉ばかり使うのか」と悪い印象を与えてしまいます。

つい使ってしまう言葉も、ポジティブに聞こえるように変換して使うと相手にマイナスイメージを与えることもなくなります。
  • 無表情、反応がない→クール
  • 無難、特徴がない→ソツなくこなす
  • 優柔不断→物事をじっくりと考える、思慮深い
  • 諦めやすい→切り替えが早い
  • 応用力がない→基本を忠実にこなす

このようにネガティブな言葉をかみ砕いて考えると、ポジティブな言葉に言い換えることができます。

自分が言われて「イメージ悪いな」と感じる言葉は、ポジティブな言葉に言い換えるように心がけましょう。

その他、何気なく使っている言葉の中にも聞いた相手がネガティブに感じる言葉もあります。

  • なんで?
  • でも
  • 本当に?
  • どうして?

こういった疑問形な言葉はつい使ってしまいますが、会話をしている相手には「そんなに私の会話には疑問がたくさんあるのか」と不安や不愉快さを与えてしまいます。

ポイント2.相手の話を受け入れ自分の意見も述べる

会話をする時、相手の話をしっかりと受け入れることが大事です。よく「聞き上手」と言いますが、話を最後まで聞いてくれる人には安心して、話をしたくなるという人も多いようです。

もちろん話を聞くことも大事ですが、聞くだけでは会話上手とは言えません。相手の話を聞いた後、その話に対して自分の意見をしっかりと述べることも大事です。

「自分の意見を述べないと、本当に話を聞いてくれたのか不安になる」という人もいるようです。

話を聞いた後に「そうだね」と同意する返事をする人もいますが、これだけでは本音を語っていないと反対に相手に良い印象を与えません。あまり相手に合わせすぎると、自主性がないというイメージダウンに繋がりかねません。

話を聞いた後は少しでもいいので、自分の思ったことや感じたこと、アドバイスなどを話すだけでも相手は「自分の話を真剣に聞いてくれた」と好印象を持つようになります。

質問をする時も、まずは相手の話を受け入れることが大事です。相手の話の途中に「じゃ、○○だったらどうするの?」と話を切って質問をする人がいますが、これでは会話上手からは程遠くなってしまいます。

会話の途中で気になることがあった時も、もしかすると最後まで聞けば自分なりに解決できるものもあるので、必ず最後まで聞くよう心がけましょう。

ポイント3.会話のリズムの姿勢で相手に心地良い印象を与える

会話をする時の会話のリズムや姿勢で、相手が会話上手と感じることもあります。せっかく会話が上手でも、その時のリズムや姿勢が悪いと相手にあまりいい印象を与えず、「あの人と話すとストレスを感じる」ということもあります。

  • 話を聞く時は椅子などにもたれず、前傾姿勢で聞く
  • 目を合わせて会話をするため、なるべく目の高さは同じ高さに合わせる
  • 会話のスピードは相手に合わせ、会話の途中で「私もそう思う」などといった話を奪うようなことはしない

この3つは意外に気づいていない人が多いので、まずはここから始めてみるのもいいかもしれません。相槌やうなずきといったものも、会話のリズムになります。

会話の途中、相槌やうなずきが頻繁に入るとわざとらしさを感じ、真剣に話を聞いているように感じられないことがあります。相槌やうなずきは話を聞いて、適度な部分で入れてあげることで相手に好印象を与えます。

姿勢と同じくらい大事なのが「笑顔」です。

無愛想な顔で話を聞かれても、気持ちいいものではありませんし、「本当に真剣に聞いてくれているのか?」と相手が不安になります。

ポイント4.会話をする前に頭で話を組み立てる

会話をする時、相手が聞きやすい会話をすることが大事です。そのために大事なのが、会話の組み立てです。

  • 自分が今、何について話をしたいのか
  • 相手はどういうことを聞きたいのか
  • 相手は何を求めているのか

こういったことを考え、簡単に頭の中でまとめてから話すようにしましょう。その後に「いつ」「どこで」「誰が」「どうしたい」と起承転結をつけて会話をすると、さらに聞きやすい会話に近づきます。

起承転結はすぐに組み立てるのが難しいので、話の間に会話について考えるブレイクタイムを作ることでお互いの話したいこともまとまって、さらに意思疎通を取ることができます。

ポイント5.同情と共感を間違えないような会話をする

恋愛体験や職場での愚痴を話す時、「あなたが悪いわけではない」と同情の言葉をかける人がいます。

仲の良い相手の場合は同情の言葉をかけても大丈夫ですが、中には同情されると「自分は人に同情されるほど、かわいそうな人間だと思われているのか」とあまり快く感じない人もいます。

会話をしている相手がその話に対して同情して欲しいのか、それとも共感して欲しいのかを会話や表情から汲み取らなくてはいけません。

会話によっては同情も共感も難しいものがあります。

そういう時は、安易に同情や共感をするのではなく「そうなんだね」と話を聞いてあげるだけでも相手は安心します。

デートをする時も会話上手が役に立つ!会話上手でモテる!

デートを成功させるために会話は大事です。男性と話す時、自分のことばかり話すのではなく、相手の話を聞いたり、その状況に応じた会話ができないといけません。

実際に、デートの時に女性が自分の話ばかりしていると「デート面白くないのかな」と感じるという男性も多く、自分ではそういう意識がなくても会話が下手だと相手に不安を与えてしまいます。

これまで述べてきた5つのポイントに十分気をつけて、デートで会話上手をアピールしましょう!

話す内容でも相手に与える印象が変わるで要注意!

会話が上手でも話す内容によって相手に良い印象を与えず、良好な人間関係が築けなくなってしまうこともあります。

  • 自慢話
  • 恋愛話、のろけ話
  • 人の悪口

こういった話をされると、どう対応したらいいか分からないという人も多いようです。「友達だから大丈夫」と思い、上記のような話をする人もいるようですが、もしかすると良い印象を持っていないかもしれません。

何気ない雑談や会話でも、話す内容によっては相手に良くない印象を与えることになるので注意しましょう。

容姿だけでなく、会話力を磨いて魅力的な女性に!

shutterstock_241557190
会話は美容と同じで、毎日気を付けるだけで会話上手に繋がります。人と話をしていて「自分は話をするのが下手かもしれない」と感じた時は、思ったことをすぐに口にするのではなく頭の中で文章を整理するようにしましょう。

その他、会話をする時になるべくネガティブな言葉を使わないだけでも会話は上手になっていきます。

「上手に話せないから」と諦めるのではなく、毎日続けることで徐々に会話上手に近づきます。

会話は毎日行うもの、だからこそ相手に好印象を与えるような力を身に付けて会話上手で魅力的な女性になるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事