• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気になるあの人との会話を盛り上げる魔法のことわざがいっぱい

Date:2013.11.25

海外ではスピーチや会話でユーモアやことわざを織り込むと、その人は機知に富んだ人だという評価をされる傾向が日本よりも強いそうです。そこで食にまつわることわざを集めてみました。とっさに面白いことわざが出れば魅力アップ間違い無しです。ではみていきましょう。

大根頭にごぼう尻

大根は頭部分がやわらかく、大根おろしに向いていると言われています。またごぼうは頭部分は固く、先部分が煮物に向いていると言われています。適材適所にかわる言葉として認識しておくと便利かもしれません。

秋茄子嫁にくわすな

これには2つの意味があるそうです。

①秋口のなすは美味しいから嫁には食わしたくないという姑の意地悪。
②秋のなすは体を冷やすから大事なお嫁さんには食べさせない方がいいという姑の優しさ。

さてどっちでしょうね。一般的には①の意味が多いそうです。ことわざを言った人に聞いてみるしかありませんね。

鴨葱(ねぎ)を背負ってやってくる

鴨が空を飛んでいる。その鴨の背中に葱が背負われていたら、その鴨を射止めてすぐにその後かも鍋ができる!ということでうまい話の例えということになります。

冬瓜(とうがん)のお化け

冬瓜は皮がうっすら白い粉を吹いているそうです。そこから、薄化粧をした女性への悪口ということになります。折角お化粧をばっちりしたのに何の反応もしてくれない旦那様に、冬瓜のお化けで悪うございましたねなんていうと、面白いかもしれませんね。

医食同源

命にとっては、医療も食事もどちらも同じくらい大事なことを表しています。

イワシ7度洗えばタイの味

イワシも脂身の部分を落とせば、十分にタイに勝るとも劣らない味に近づけるということを表しています。

海背川腹

海の魚は背中から焼き、川の魚は腹から焼くということを表しています。

沖のハマチ

ハマチは漁が難しく、いつも捕れるとは限らないということから、あてにならない例えについて使います。

サシスセソ

「さ」は砂糖を、「し」は塩を「ス」はお酢を「せ」は醤油を「そ」は味噌を表します。

へそで茶をわかす

おもしろすぎて大笑いすることの例えです。

甘いものにアリがつく

ありは甘いものに集まるということから、人はうまい話に集まるという例えだそうです。

玄関で茶づけ

玄関でお茶漬けしなければいけないほど大忙しの様子を例えたものです。

こんにゃくのうらおもて

こんにゃくはどちらが裏か表かわかりません。つまりどちらともはっきりしないという意味を表しているそうです。

砂糖食いの若死

美味しいものばかり食べていると体に悪いという意味だそうです。

秋刀魚がでるとあんまがひっこむ

晩秋は健康な季節で人は風邪をひきにくく、病人が少ない例えだそうです。

猫の手に餅

猫の手に餅がくっついたように、始末におえないほど、不器用な例えをあらわします。

夢に牡丹餅

思わぬ喜びが急にやってくることをあらわします。いかがですか?ことわざを織り交ぜてコミュニケーションをはかってみるのも楽しいですよね、きっと。

この記事をシェアする

関連記事