• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

家事の時短テク!忙しくても家をきれいにする時短術

Date:2012.10.15

この記事のタイトルとURLをコピーする
家事の時短テク!忙しくても家をきれいにする時短術|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/kajijitan92873/

仕事などで忙しいと家事がおろそかになりがちです。朝から晩まで仕事をして、家に帰ったら食事の支度をして、旦那さんや子どもたちの世話を焼くだけでいっぱいいっぱい。ていねいに家の中のことをやる気力も体力も、時間もないわ、という人、少なくないですよね。

でも、家の中が汚いといやですね。洗濯物だってためたくないし、ホコリやゴミが落ちていたら衛生面においてもよくないです。花粉症やアレルギーだったらなおさら困ります。

どんなに忙しくても手抜き、と思われない、時間をかけずに家事ができたらどんなに助かるでしょう。そんな家事における時短テクニックを紹介しましょう。

掃除機をかける回数を減らすテクニック

皆さんは週に何回掃除機をかけているでしょう?毎日?1日おき?そんなにかけるのは大変ですね。掃除機をかけるのは主にホコリや細かいゴミが出てくるからですよね。それをできないようにすれば、掃除機をかける回数を減らすことができますね。

では、ホコリができる原因は何でしょう?一つは物が多いことです。物が多いととその「物」の周りにホコリが吸い寄せられるように溜まります。物が多ければその一つひとつの物の周りにホコリが溜まるのです。それが床に置いてあると、床にホコリが溜まりやすくなるのです。

できるだけ物を置かないようにする、床にじかに置かないようにする、これだけでもホコリの量は減ってきますし、掃除機をかけるのも楽になりますよ。ホコリの量が少なければ、クイックルワイパーのような床掃除だけでもきれいになります。これで掃除機は週に2回程度で十分になりますよ。

毎日少しのお手入れでキレイなトイレ

掃除や片付けは溜めてしまうから大変になってしまうのですよね。汚れは放置しておくと落ちにくくなりますが、すぐに掃除をすれば簡単にきれいになるもの。

いつもキレイでいたいのがトイレ。トイレ掃除を怠るとにおいつくし、汚いトイレにはげんなりしてしまいます。そこで毎日少しの掃除でトイレがキレイになるコツを紹介しましょう。

コツといっても、毎朝、汚れている部分だけを濡れティッシュやトイレットペーパーで拭き取るだけ。トイレットペーパーを使う場合は、霧吹きの容器に水を入れておいておきます。

毎朝、その水を便座やその下の部分に拭きかけ、トイレットペーパーで拭くだけ。毎日掃除をしていれば、汚れがこびりつくこともないので、簡単にお掃除ができますよ

加工食品を利用する

コンビニエンスストアにもたくさんの加工食品が売られていますね。調理の時短のコツとしてはそれらを利用するのもオススメ。

例えばミネストローネ。コンビニに売られているミネストローネを鍋にうつし、さらに野菜を増やして少々味付けをすれば、おいしいミネストローネができあがります。

基本の味付けはしてあるので、あとは味見をしながら足りないものだけ増やしていけばいいのです。時間がない夜はこのような加工食品の使い方で乗り切りましょう。

家族の協力も大切

何もお母さんや奥さんだけが家事をする必要はありませんね。家族の協力も大切です。トイレも汚れたら自分で拭き取る、掃除をするように言っておきましょう。汚れはすぐに落とした方が簡単に落ちますしね。

家事を分担できれば楽ですが、それができなくても、自分でちょっとできることがやってもらう、これも時短テクニックの一つです。

家事の時短テクニックのコツとは?

掃除や片付けは溜めないことが大切です。そのためには毎日ちょっとずつでもできることをする、ついでにできることはついでにする、ということが基本。

お風呂に入ったら、タイルだけ掃除をする、などついでに簡単にできることはそのときにやってしまう、というのが大切。朝の忙しい時間でもできること、そんな簡単にできるちょっとだけの掃除、を見つけて続けてみましょう。

足りない部分やもっとていねいに掃除をしたいところは週末など時間のあるときに。それも今までよりも楽に、そしてキレイに掃除ができますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
家事の時短テク!忙しくても家をきれいにする時短術|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/kajijitan92873/

この記事をシェアする

関連記事

コメント