• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

オーディオブックで家事をしながら偉大な作家の文学を楽しむ方法

Date:2013.04.24

OLは忙しい?主婦は忙しい?はい、全般的に女は忙しいのです。腰を据えてじっくりと文学の世界へ…と思う反面、本を読む時間がなかなかとれないというのが現状でしょう!?

そんな世相に反映してかアメリカでは、オーディオブックが数年前よりブームになっています。書籍店や公立図書館にはオーディオブックコーナーがあるほどです。

また、iPodやiPhoneなどの普及とともに、ネットで手軽にダウンロードができるようになりましたので、人気に拍車がかかっています。

また、日本でもオーディオブックが話題になりつつありますよね。アクティビティーなあなた、オーディオブックで文学などの世界を楽しむ…そんな彩りを日常でしてみませんか?

オーディオブックって一体、何?

1
アメリカの書店で買ったオーディオブック、これは世界の歴史上の人物のスピーチ集です。

2
アメリカの公立図書館内、この棚、一面すべてオーディオブック

3
図書館の中のオーディオブック。スティーブン・キング著の「回想のヴイック8」「アトランティスのこころ」等

簡単にご説明すれば本の内容(ストーリーなど)を音声で聴けるというものですね。最近のオーディオブックは凝っていて、プロの声優さんや俳優さんが朗読し、ラジオドラマ仕立てに仕上げているものもあります。これは聴きだしたらクセになるかもしれません。

アメリカでは1970年代頃に図書館などに置かれていたオーディオブックは、カセットテープ型のものが主流でした。

今ではCDが圧倒的に多いですが、mp3など直接、モバイルやPCなどにダウンロードできるようになりましたので、ネット上でオーディオブックを購入あるいは無料で聴くこともできます。

どんな人がオーディオブックを聴いているの?

アメリカでは一般的になっているオーディオブックは、どんな人が聴いているのでしょうか?目の不自由な方、お年を召した方はもちろんですが、車社会のアメリカではよく車を運転する人が聴いています。また、車にかかわらず通勤時の電車やバスの中でも聴いています。

自宅に居る時は家事をしながら、また犬の散歩、ジョギング、トレッキングをしながら聴く、エクササイズのワークアウトをしながら聴くといった感じで、本好きの「ながら族」にとっては非常に便利なツールとなっています。

生活のこんなシーンに使える?オーディオブックのメリット

☆掃除が嫌いな人へ:

iPodなどに、読みたかった本のオーディオブックを入れておいて、掃除のときに聴きながらやりましょう。嫌いな掃除に集中するのが半減して、ストーリーの面白さを感じながらすると、あっという間に掃除が終わっていると思います。

☆ダイエットを決めたあなたへ:

とかく挫折しがちなエクササイズです。普段使わない筋肉を使うので「アイタター!」と悲鳴を上げながらやっている人多いのでは…?そんなあなたへ、ラジオドラマ仕立てのオーディオブックはいかがでしょうか?

あなたの身体は辛い、エクササイズよりもお話の進展に心を奪われていることでしょう。またモチベーションアップに効果てきめんです。

☆ジョギングをはじめたあなたへ:

30分間のジョギングが、ふたを開けてみれば1時間も走っていたということになると思います。どうしてかというとオーディオブックを聴きながら走ると、途中でストーリーを中断するのをためらうことが多くなるからです。ジョギング力がついてきますね。

☆夜なかなか寝られないあなたへ:

ベッドサイドのテーブルランプの明かりだけで、本を読むのがしんどくなってきたあなた、でも本を読まないと眠れない体質のあなたは、オーディオブックは強い味方となってくれます。あなたをいつの間にか眠りの世界へいざなってくれるからです。

☆英語を学んでいるあなたへ:

オーディオブックは強い味方です!ネイティブの声優さんが朗読してくれるのですから、発音のチェックや話しのリズムの取り方などに役立ちますね。英語のヒアリングの勉強のための宝庫です!

日本のオーディオブックはどこでゲットする?

オーディオブックに俄然興味が出てきたあなたの次の疑問は、「どこでオーディオブックはゲットするの?」になりますね!日本国内で注目のオーディオブックサイト、FeBe(フィービー)はダウンロード購入する前にどんな内容か試聴でチェックすることができます。

現在、毎月980円を支払うとプレミアム会員となり、月に1本、お好きなオーディオブックをダウンロードできます。

書籍を紙媒体、つまり本屋さんなどで本を買うよりもオーディオブックは少々割高ですが、新刊書などを980円でダウンロードできるのはちょっとお得感があるかもしれません。 
FeBe(フィービー)http://www.febe.jp/

また、スマートフォンのアプリやアマゾン、iTunesなどのストアにもありますのでチェックしてみるといいでしょう。

この記事をシェアする

関連記事