• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

フルーツかき氷でヘルシーに涼をとる!簡単レシピも紹介します

Date:2014.07.11

暑い夏、ついつい冷たいものに手を伸ばしがちです。でも、美を意識する女性たちはカロリーも気になるところ。そこで、お勧めなのが低カロリーなかき氷です。

普通のかき氷でもクリーム系に比べれば十分カロリー控えめなのですが、さらにヘルシーなフルーツを丸ごと使った、フルーツのみでできたかき氷をお勧めします。

特にお勧めなのが、低カロリーでビタミンやミネラルなどもバランスよく含まれているスイカ。むくみの解消・デトックス効果、疲労回復、腎・肝機能の強化など、美容・健康にも良い優れもののスイカを使った、ふわふわかき氷を紹介します。

保存面でもお勧め!

90%以上が水分というスイカはかき氷にはぴったり。スイカは濃厚な味の果物ではないので、かき氷にするとさらにさっぱりした味ではありますが、甘すぎず清涼感のある大人デザートにはぴったりです。最近ではカットされたスイカがパックに入って少量で売ってはいますが、半玉や丸ごと一個買ったりもらったりすると、熟しすぎないうちに食べきるのも大変ですよね。

そういう意味でもお勧めしたいのがかき氷なのです。凍らせておけば長く保存もきくので、いつでも好きなときに食べられます。

スイカ丸ごとかき氷レシピ

1. 熟して甘いスイカを用意します。2. 皮・種を取り除き、適当な大きさにカットしたものをミキサーでジュース状にします。

3. かき氷機にセットできる大きさに凍らせます。

4. 十分に凍ったら、かき氷機で削ります。削り具合が調整できるかき氷機であれば、できるだけうす削りになるように刃をセットした方が、ふわふわでおいしいかき氷になります。

スイカは水分が多いので、食感は普通の氷のかき氷とそんなに変わらず、ほんのりスイカ味の楽しめるかき氷になります。スイカが熟し足りなかったり糖度が低かったりしてあっさりしすぎる場合は、スイカシロップを作ってかけても良いかと思います。

・スイカシロップの作り方ミキサーでジュース状にしたスイカを布巾や漉し器で漉し、できたスイカ汁を鍋に入れ、弱火でとろとろになるまでゆっくり煮詰める

スイカの汁を煮詰めたものは「スイカ糖」といって、スイカをそのまま食べるよりもむくみ解消などの効果も高いそうです。

喉が痛い時や痰が絡むときになめても効くそうなので、かき氷のシロップとしてだけでなく、むくみ解消や夏風邪をひいたときのために作っておくのも良いかもしれませんね。

まだまだいろいろあります!フルーツ丸ごとかき氷

パイナップルもスイカと同様の作り方で、スイカよりも甘くてしっかりした味のかき氷を楽しめます。ほかにも、メロン、桃、バナナ、いちじくなどもおいしいそうです。これらは皮や種などを取り除いて適当な大きさにカットしたものを、そのまま凍らせて削るだけで大丈夫です。果物の水分量、糖度などによって食感や濃厚さも異なり、いろんな味が楽しめます。

いろいろ凍らせて削って、自分好みの味を見つけてみてください。いくつかの果物を混ぜて削って、ミックスかき氷を作ってみるのもおいしいかも。おいしい組み合わせを見つけるのも楽しそうですね。

市販のアイスやシャーベットに比べれば手間はかかりますが、余計なものが入っていなくて体に優しいです。ヘルシーに涼をとって、むくみ、夏バテ知らずの涼しげ美人を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事