• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マンネリを阻止!雰囲気を変えてかっこいいラッピングにする方法

Date:2015.02.05

shutterstock_232105300_
ラッピングって言ったらほら、あれでしょ。リボンで。キラキラで。女子デス感満載の。
私もそんなラッピング、してます。
今までにもいくつかご紹介してきました。
こんなのhttp://josei-bigaku.jp/diy-josibu/rappingu47895/とか、あんなのhttp://josei-bigaku.jp/diy-josibu/rappinguhou60254/とかね。
女子度は低くとも、リボンにキラキラ大好き。
でも、たまには違うラッピングもしたい。
ちょっとカッコイイラッピングもいいじゃない?
そんなわけで今回のラッピングのテーマは「大人カッコイイ」です。

丁度先日「誰よりも目立っちゃおう!好きなパーツで手作りイヤーカフ」で作った、某宝塚男役さんへのプレゼントもあることですし!
…まあ、正直いいますと、そもそも「このイヤーカフのラッピングはピンクでリボンじゃないよな~」と思ったからなんですが。

まあ理由はともあれ。やってみたらとっても簡単。モチーフづくりも含めて所要時間は30分!なかなか素敵な時間でしょ?
【準備するもの】
・空き箱
・ストライプリボン
・針金:曲げやすいもの。強度はいりません
・ビーズ:1つ。大きめのもの。
・割鋲
・グルーガン
・ペンチ
・はさみ
・カッター
・消せるボールペン
【十字架モチーフを作ろう】
別に十字架モチーフ好きなわけではないんですよ。
なんとなく件のタカラジェンヌさんが公演中の演目に因んでみただけ。
まずは箱。
1画像1
ご覧のとおり、Agnes b.さんでパスケースか何かを購入した際に入ってきた箱。
10㎝×15cm程度の大きさです。
そして
1画像2

ビーズ、割鋲、針金…
1画像3
割鋲とはこんなもの。突き刺して、先を開くと動かなくなる、という代物。
その昔、銀座の伊東屋さんの、ラッピング用品ばかりあった館で買ったわけですが、今は悲しいかな閉館中。早々の開館を望む…って話がズレましたが、ラッピング用品としてどこにでもあると思います。
更にフリクションボール、カッターは必ず必要。
1画像4
カッターはできれば刃先が30度のものを。
まずは針金を、箱の大きさに入るように折り曲げます。

1画像5
だいたい同じ長さになるように、行ったり来たり。
1画像6
2回ほど往復したら、中心より少々端寄りにグルっと回します。
1画像7

先ほどと同じように、行ったり来たり。
長さはお好みですが、十字架に見えるように…あんまり長くすると十字架に見えないから…!
1画像8
同じく2往復したら、30㎝ほど残して針金をカットしましょう。
そしてビーズを通し、中心に来るようにしつつ、
1画像9
もう半往復。
1画像10
そして、ビーズの横から端に向かってグルグル…
1画像11
端まで来たら、更にグルグル。
数えてないけど(数えといてよ私~!)10回程度。たぶん。みなさま良きに計らって!
1画像12
思う存分グルグルしたら、また中心に戻って今度は反対側をグルグル。
あ、今更ですがご覧のとおり巻き方はテキトウですからね~?ほら、こういう飾りものって、ちょっと不揃いな方が「芸術的!」とか褒められるみたいなとこ、あるじゃないですか。だから、ね。(…嘘ですごめんなさい)。
そんなたわごとはともかく。残った針金はもったいないので適当にグルグル巻いちゃいましょう。
1画像13
最後の端っこは、このままでは危ないので
ビーズの中に入れ込みます。
1画像14

新たに50cmほど針金を切って、十字架の縦部分にも同様にグルグル。

1画像15
途中が多少ボコっとしたって、キニシナイ。芸術(!?)は自由だ!
残った部分はこんな風にビーズの周りを囲いましょう
1画像16

1画像17
同様に全方向に巻きつけます。
そうしたら…ほら!
1画像18
ビーズの周りに巻きつけるだけで、ホンモノ感マシマシ。
【箱に鋲を】
さて、ちょっと満足したところですが、次いきましょ、次。
1画像19

箱の蓋、端から1.5㎝の所に、2㎝ほどの間隔(お好みで)で、印をつけます。両側に。
1画像20

もちろん、消せるボールペン、商品名フリクションボール。これなしでは私のDIYは成り立ちません。そろそろCMの依頼くるんじゃないかな。
1画像21
線の上をカッターで切ります。割鋲が入ればいいので、あまり大きく切らないようにご注意ください。切るというより穴を空ける感じ。
全てに空けたら、印は消しましょう。
1画像22

1つずつ消すのが面倒だという方はドライヤーでどうぞ。私はドライヤーを取りに行く方が面倒なので、消します!
穴に割鋲を挿して
1画像23
しっかり奥まで押し込みましょう。
1画像24

色のバランスをみつつ(もちろん一色でも)、全てに割鋲を押し込みます。
1画像25
これでOK!と決まったら、裏返して
1画像26
開きましょう!手で簡単にできます。
1画像27

【貼り付けて完了!】
…そうだった、忘れてたよグルーガン。
1画像28

ごめんねグルーガン、ここからはあなたが主役。
1画像29
まずは中心のライン上にグルーを塗り、冷めないうちにリボンを接着!
蓋を巻き込むように。
1画像30
更にリボンの上にグルーをのせて、
1画像31

最初に作った十字架を付ければ、できあがり!
1画像32

ストライプと十字架、ちょっと素敵でしょ?
中にイヤーカフを入れたら、完了~~!
1画像33
いかがでしょう?いい味出してる?出しちゃってる?
大人カッコイイ、実現できたかな。
リボンやピンクやキラキラも大好きだけど、たまにはこんなのもいいかもね!と思いまして。またご紹介できるように、頑張ります♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事をシェアする

関連記事