• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

過去の恋愛について話していいこと、いけないこと

Date:2013.07.05

貴方の新しい恋人が過去の恋人について尋ねる時がきます。過去の恋愛は恋人達にとって、とても慎重を要する問題で、知りすぎることが良いことではないにもかかわらず、何故か前の彼氏や彼女のことを知りたいと思いはじめます。

そして、その表現のしかたによっては、二人の関係に影を落としたり、持たなくてもいいような重荷を背負ってしまうこともあるようです。

恋人に話していいこと、いけないことを知ることによって、回避できる問題があるということを理解しておきましょう。

告白していいこといけないこと

誰にでも過去というのはあります。貴方の目の前にいる彼と、今、一緒にいるのも、過去の恋愛や交際があったからで、自分の過去の恋愛を決して残念だと考える必要はありません。

ただ、特に今付き合っている彼が、あまり色々な女性と付き合った経験がなかった場合や、厳しい道徳観念をもっている場合、貴方が過去の恋愛経験を赤裸々に告白することには、本当に気をつけなければなりません。

露骨な表現をしなくても、恋人に真実を話すことができるということを覚えていて下さい。

過去の恋愛の告白

今の恋人と真剣に付き合い初めているとき、最初の問題は過去の恋人のことかも知れません。貴方の彼は、きっと貴方の過去の恋愛がどれほどのものであったのかを、知っておきたいと思いはじめるでしょう。

しかし、貴方が告白したことを彼は忘れず、それによって二人の関係が変わってしまうこともあるわけです。

貴方には昔つきあっていた恋人や、もしかすると一夜限りの関係をもった人もいるかも知れません。また、貴方にとっては自然なことでも、彼の倫理観に問題を提議してしまうようなことがあるかも知れません。

まず、貴方の過去の恋人との性的な関係を話すのを避けるべきです。しかし、彼がしつこく聞いてくるようであれば、できるだけ少ない人数を報告することをおすすめします。

決して、正直にすべての数を教える必要はありません。貴方が、今の恋愛を大切にしたいと思っているのであれば、注意をしなければなりません。

詳細について話すこと

たとえ貴方の彼が、過去の恋人達のことを詳しく知りたいと頼んでも、正直に話すのを避けたほうがいいでしょう。特にベッドの中でのことは避けるべきでしょう。

いくら、どんな話を聞いても大丈夫だと言ってくれた彼だとしても、それが後々、問題を引き起こすことがあるのです。

一夜限りの関係をもった相手のことだとか、見知らぬ人との関係があったことなんかは、絶対に告白してはいけません。

今の貴方が、彼にとって最高の女性であったとしても、過去のそんな経験は彼にとって良い評価につながることはありません。

比較をすること

過去の恋愛の話をするとき、必ずと言っていいほど、『比べる…』という反応がかえってくる筈です。貴方の恋人は、『誰が一番大きかったか?』とか『誰が一番良かったか?』とか質問してきたならば、即答をして下さい。

『もちろん、貴方が一番よ』と…。

多少の嘘は、貴方だけでなく彼のことも救うことができます。前の彼がどれほど素敵であったとしても、口にだして言ってはいけません。あまりに、正直に考えて答える時間さえ、彼を不安に陥れて不快にさせてしまうのです。

彼の気持ちを安定させて、気分を良くしてあげるためにも、気をつけなければならないところです。

セックスについて話すこと

今の貴方の部屋や、貴方が運転している車の後部座席でセックスしたと言うことなんかは、全く話す必要はありません。むしろ、話すべきではありません。

貴方と彼の関係を何か改善したいとか、問題を提議したいのであれば、理解をしていて話すことはありかもしれません。

でも、それを話しはじめたとたんに、弁解をしなければならない空気になってしまうことも必ずあります。彼の目が泳ぎはじめたり、唇が震えだしたり、爪をいじりだしたりしたら…後悔することになるでしょう。

秘密を保持すること

過去の恋愛についての秘密をすべて明らかにすることによって、彼との絆が深くなると思っているとしたらそれは少し違っています。告白した方にとっては、秘密がなくなり気が軽くなるかもしれません。

また、告白された彼からすれば、その行為自体に対しては貴方が自分にとって特別な人間だと感じるかもしれませんが、一度、聞いてしまった内容は忘れることができません。

もし、少しでも、お互いに無傷でいられないと思うのであれば、過去のドアに鍵をかけて、キーを放り投げることをおすすめします。

彼に過去の恋愛経験を話すことは、二人の関係を深くする一つの方法かもしれませんが、
そこに、ハッピーエンドがどれだけあるでしょう。貴方と彼の幸せな現在の関係を続けるためにも、やはり慎重に考えるべきことではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事