• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大人にだって必要です!隠れ家のヒントはカフェにあるかも?

Date:2014.11.11

ストレス社会と言われる現代。仕事や人間関係にため息をついたり、疲れてしまったり…あ~癒されたい!と声に出してしまいたいときもあるはず。それになんといってもストレスは美容の大敵!

ストレスの解消法はひとそれぞれ、多種多様。そのなかにもう一つ、レパートリーを増やしてみませんか?大切なのは、「ひとりで、ゆっくりくつろげる」こと。友だちにも彼にも内緒で、パワーチャージできる隠れ家…ぜひ探してみて下さいね。

お気に入りの隠れ家は…目的別で探してみよう!

雑誌の特集や口コミで話題のカフェやバー。行ってみたいけれど、たくさんありすぎて…どうやって選べばいいのだろう?と思ったことはありませんか?なんとなく入ったカフェが自分の求めている空間ではなくて、ちょっとガッカリ。なんて経験もきっとあるはず。

「自分にとって居心地のいい場所」は、自分だけにしかわかりません。さあ、探しに行ってみましょう♪

いつ、どこで

まずは『いつ、どこで』がキーワード。

たとえば、仕事がある日はわざわざ家と逆方向にある場所だと足が重くなってしまいますよね。逆に、時間がゆっくり取れる休日は、散歩がてらに行ける距離なら歩いたり、自転車で出かけるのもリフレッシュできて一石二鳥の効果が期待できるかも!

仕事帰りにちょっと寄り道して、リラックスしたいなあ~というきは『通勤途中のルートにある場所』がポイントに。

天気のいい休日などは徒歩や自転車、少し足を伸ばして電車を使って行けるような『遠すぎず、近すぎずのほどよい距離』がポイント。

何をするか

次は『何を』するのかがキーワード。紅茶やコーヒー、それともお酒を飲みに行く?読書を楽しむ?

今やカフェと一口に言っても、形態は様々。紅茶、コーヒー、日本茶、パンケーキ、フレンチトースト…一つのジャンルに特化した専門店も沢山。カワイイ猫や犬、少し変わった所ではフクロウなどの動物と触れ合える場所も多くなりました。皆さんのこだわりポイントをぜひ追求してみて下さいね。

私の場合は紅茶が好きで、カフェなどに行くと読書することがもっぱらなので、「紅茶の種類が豊富で美味しい」ことと「読書がしやすい雰囲気」が大切。自然と大通りからちょっと外れた、静かな路地や地下にひっそり…という場所に落ち着きます。

お店の雰囲気

そして、音楽やお店のインテリアも大切な要素のひとつではないでしょうか。お店の雰囲気と相性が合わないと、なんとなくソワソワしてしまってどうも落ち着かない…なんてことになってしまいがち。

そういえば、この前ふらっと入ったカフェは音楽もインテリアもオールドアメリカンな雰囲気で、なんとなくその時の自分の気分と合わず、結局飲み物を飲んですぐに帰ってしまったなあ…。

あなただけの隠れ家でリフレッシュを

「リフレッシュできる場所」があるというのは、とても大切。基本的には、それがカフェではなくても、家でもバーでも自分が心地よく思えれば、どこでもOKなのですが。

音楽、素敵なインテリア、美味しい紅茶やケーキ…全部自分で揃えるのは大変ですし、手軽に行けて、色んな種類もある「カフェ」は自分のお気に入りの場所が見つかりやすいのではないでしょうか?

忙しない日常を少しの間でも忘れさせてくれる自分だけの隠れ家。いつも通り過ぎてしまう細い路地を曲がれば、そこに素敵な出会いが待っているかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事