• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌トラブルを防止!顔の角質ケア方法を見直して柔らかモチ肌に

Date:2015.06.13

shutterstock_254980600

顔のくすみ解消、手触りを柔らかくするためにと、日常的に角質除去を行っている女性はたくさんいます。

乱れたターンオーバーを正常化するために不可欠なピーリングケアですが、正しく実践しないと乾燥肌の悪化、肌トラブルを招くことをご存知でしょうか。

ここでは、顔の角質ケアを行う前に知っておきたい基礎知識と正しいピーリングの方法を紹介します。知識を持たないままに、自己流ケアで角質除去を行っているとしたら非常に危険。正しい方法を復習してトラブルのない肌を目指しましょう。

正しい顔のケアは落とすべき角質と必要な角質の理解から

まず理解してほしいのは、角質全てが悪というわけではないこと。角質層は、汚れや雑菌が体内に入るのを防ぐとともに、水分保持の役目を果たしています。

角質を全て落としてしまうと、皮膚が無防備な状態になって危険。紫外線や細菌の侵入を防ぐことができなくて、炎症・赤みの原因にもなります。

では落とさない方がいいのかというと、そう単純ではありません。

一言で言うと、角質はアカ。古くなったアカをいつまでも皮膚の表面に置いておくと、身体の汚れが蓄積しニキビや肌荒れを招きます。

お肌は、自然なターンオーバーのリズムに従って常に古いものから新しいものへと生まれ変わりを続けているもの。ターンオーバーが正常に働いている限り、ピーリングは不要です。

ところが、下記のような理由でターンオーバー能力は衰えていきます。

  • 加齢
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
ターンオーバー能力が衰えると「肌のくすみ」や「硬化現象」が起きるので、意識的にピーリングケアを行って、生まれ変わりを助ける必要がでてきます。

過剰なピーリングケアはNG!頻度は週に1~2回

ピーリングケアは、自発的にできなかったターンオーバーを助けるもの。落ちるはずだった角質だけを落とし、まだ寿命を迎えていない角質は残すのが正解です。

過剰なケアは、必要な角質まで落としてしまいます。

ピーリングの頻度は、週に1〜2回。神経質になりすぎて、必要な角質まで落としてしまうことがないように気をつけましょう。

正しい手順で透明肌に!自宅で行う顔の角質の取り方2つ

shutterstock_255699166
角質除去のために毎回エステに行くのは大変ですよね。自宅でお手入れしたい方におすすめなのは、以下いずれかの方法です。

  • ピーリング石鹸で洗い流す
  • 顔の産毛のお手入れをする

それぞれ、どんなところに注意して角質除去をすればいいのか。肌トラブルを防止しつつ、顔のトーンアップを目指す方法と注意点を見ていきます。

洗うだけで手軽!ピーリング石鹸を使用した顔の角質除去

ピーリング石鹸とは、フルーツ酸など角質除去成分が入っている石鹸のこと。エステのケミカルピーリングと同じ原理で古くなった角質を柔らかくしてターンオーバーを促します。

石鹸を使ったケアは、顔を洗うだけで角質除去ができる最も一般的なセルフピーリングの手段。商品によって細かな違いはあるものの、基本的なケア方法を一例として紹介します。

■ピーリング石鹸を使ったケア手順

  1. 顔全体をぬるま湯で濡らします。
  2. 洗顔ネットを使い泡立てたピーリング石鹸を、顔の表面に塗っていきます。
  3. 泡で軽くマッサージした後に、しっかりとぬるま湯で洗い流します。

ポイントは2点あります。

  • 皮膚が丈夫な部分からケアすること
  • すすぎ残しがないようにすること

泡を乗せる順番は、顎やおでこ、トラブルが起きにくい部分から。目元や口元は最後にします。アカスリのようなゴシゴシ洗いは逆効果なので、軽く優しくこすってください。

顔の産毛処理をすればワントーン明るい肌に

お化粧乗りを良くするための顔剃りですが、角質除去にもなってワントーン明るい肌に変わります。T字カミソリもしくは女性の顔用シェーバーを使って、1週間に一度の頻度で処理しましょう。

肌にダメージを残さないためには、乳液もしくは保湿クリームを薄く塗った後毛流れに沿って歯をあてて古くなった角質層とムダ毛をそり落としてあげましょう。

産毛がそれほど気にならない女性でも、目に見えないくらい細かな毛が生えているもの。定期的にケアすることで、くすみが解消され透明感ある肌に変わります。

生理中や体調が優れない日は、肌トラブルを起こしやすいのでケアをお休み。ニキビ・吹き出物があるときも刺激を受けやすいので気をつけましょう。

正しい方法で角質ケアを行えば、汚れがごっそり取れてつるつる・もちもちのたまご肌がでてきます。慢性的な肌トラブルがある方は、ピーリング方法を見直して肌質を改善しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント