• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

髪の毛だって日焼けする!美しい髪の毛を守るための紫外線対策

Date:2014.06.10

日々美しい肌を保つためにも、顔や身体に日焼け止めを塗ったりして、皆さん頑張って日焼け対策をしていることでしょう。

でも、日焼けって実は肌だけではありません。紫外線の害は人の身体の中で太陽に一番近い位置にある、頭皮や髪の毛にも及ぶのです。

髪の毛が日焼けしてしまうと、髪の色があせてしまったり、ぱさぱさの乾燥した髪の毛になってしまったり、枝毛や切れ毛を引き起こしたり、または細くて弱い髪の毛になってしまったりするのです。

女性としては髪の毛だって肌同様美しく保ちたいですよね。ではどのように髪の毛の紫外線は防いでいったらよいのでしょうか?ぜひこちらを参考していただき、一刻も早い髪の毛の紫外線対策を実行しましょう!

1. 帽子をかぶる

髪の毛を有害な紫外線から守るには、太陽に髪の毛が無防備にさらされないようにすることが大切です。そこで、活躍するのが帽子です。つばが大きい帽子をかぶり、髪の毛が直射日光に当たらないように工夫してみましょう。

ただ、長い髪の人は、帽子の中に入れない限り、どうしても髪の毛の一部が太陽に当たってしまうはずです。そのような方は、帽子にプラスして他の方法も取り入れる、または日傘を利用するのもよいでしょう。

2. 紫外線予防のシャンプー

シャンプーやコンディショナーで紫外線カット効果があるものがあります。そのようなものを利用してもよいでしょう。

3. UVカット効果のヘアプロダクト

UVカット効果がある洗い流さないトリートメントはシャンプーやコンディショナーのように洗い流さない分、余計に効果が期待できます。更に、UVカットのヘアスプレーなどもあります。是非使ってみましょう。

4. 自分で日焼け止めを作ってみる

UVカットの製品を買うのもいいのですが、自分で作ることも可能です。SPF25程度の日焼け止めをティースプーン2杯に対し水をカップ一杯で薄め、スプレーボトルに入れて良く振って混ぜましょう。

スタイリング前の少し濡れた髪にそれをスプレーしてなじませましょう。これは外出時も持ち歩き、たまにスプレーしなおしてあげると更に効果的です。

その他気を付けたい髪のケア

これで髪の毛のUVカット対策はばっちり!でも、出かけるときの対策だけでなく、日の下に居るときでなくても気を付けたいヘアケアの注意点があります。

先述の対策にプラスして、更に髪の毛を美しく保っちゃいましょう!

1. クラリファイシャンプーを使う

UVカットのプレーなどを髪の毛にスプレーした後、週に1度はヘアプロダクトや汚れをしっかりと落としてくれるクラリファイシャンプーを使ってしっかりと髪の毛を洗浄しましょう。

SPFは普通にシャンプーで落としたつもりであっても、髪の毛や頭皮に残ってしまっている可能性があり、それが頭皮と髪の毛のトラブルの原因となりかねません。

2. 頭皮も忘れないで

露出されている頭皮には顔や身体に使っている日焼け止めを塗るようにしましょう。頭皮も日焼けして、皮がむけてしまうなんてこともあるのです。勿論ですが、一緒に耳にもつけてあげてくださいね。

3. 保湿をしよう

日の光は髪の毛のタンパク質を壊してしまい、髪の毛を傷めてしまいます。そこで、UV対策をして髪の毛を保護した上で、週に一度、タンパク質を補修するためにも集中ヘアパックをするようにしましょう。

これで髪の毛が受けてしまったダメージを最小限に抑え、更には回復させることもできるはずです。

4. ヘアプロダクトをしっかりと選ぼう

アルコールや過酸化水素、レモン汁などは髪の毛を明るくするのに使われたりしますが、髪の毛を乾燥させて太陽の光によるダメージのプロセスを早めてしまうため、極力避けるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事