• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の髪の傷みは乾燥などが原因だけではなく、健康への赤信号!

Date:2015.07.04

shutterstock_221888029 - コピー

乾燥して広がる髪、枝毛に切れ毛、フケや薄毛などなど…美を追求する女性にとってこれらは出来れば避けたい髪のトラブルです。

これらの髪の問題をより早く改善するあるいは未然に防ぐ為に保湿効果の高いコンディショナーやフケ髪専用シャンプーを使ったり、ヘアサロンへ駆け込み髪を切るなどの対応をするのが一般的ですよね?

確かにこれらの方法で髪の問題が少しは良くなる事も多いのですが、暫くするとまた同じ髪の問題に悩まされる事が多いと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、それらの髪のダメージは髪その物の問題もさることながら健康の問題かもしれないのです。

そこで、髪や地肌に起こりやすい問題別に原因そして対処法を紹介します。

乾燥してよじれたり縮れている髪

季節によって髪が乾燥する方も多いですが、髪の乾燥は実はあなたの食べている物によって大きく左右され、栄養が足りないと乾燥しまとまりにくい、よじれた髪や縮れて広がる髪になり易くなるのです。

最近、外食やジャンクフードばかり食べて栄養が偏っていませんか?

あるいはダイエットをして野菜・果物中心の食生活でたんぱく質不足になっていませんか?

艶やかで健康的な髪をつくる上でたんぱく質は絶対に欠かせない栄養素…。しかも、たんぱく質や鉄分を多く含む肉や魚を取らないでいると、女性には多い貧血もしくは虫歯などの辛い症状も現れるので要注意です。

また、乾燥した体は乾燥した髪をつくるので水分補給を充分にする事も髪の保湿に繋がります。

枝毛・切れ毛で頭のてっぺんは短い髪がツンツン

枝毛に切れ毛は「傷んだ髪」の代名詞ですよね?

枝毛に切れ毛も、乾燥した髪の症状なので、上に書いた通りたんぱく質不足の可能性が高いのです。

枝毛や切れ毛が増え頭の上部にツンツンと短い髪が立ち始めたら、その髪が無事に他の髪の長さに到達するまで、過度のスタイリングやブラッシングは止めておきましょう。

更に、スウィーツや白米や精製された白い小麦粉食品などの糖分の高い食べ物を食べ過ぎるとたんぱく質が体内に吸収されにくくなるので砂糖も控えるようにしておくのが無難ですよ。

黒い服が恐ろしい!フケやかゆみ

重要なクライアント先でのプレゼンや冠婚葬祭などビシッとヘアスタイルもメイクも決めた時に着る事が多い黒いジャケットやドレス…、でも知らない内に肩や背中にフケが落ちていたらせっかくのオシャレも台無し。

フケや地肌のかゆみを起こす原因には様々な説があり、下に書いた項目が主な原因だと考えられています。

  • 空気の乾燥
  • アレルギーなどの皮膚炎
  • 皮膚につくカビ
  • 過度の皮脂の分泌
  • ストレス
  • 風邪などの体調不良

ただ、専門医いわくフケや地肌のかゆみは一般的に起こる症状なので、然程心配する必要はないそうです。

でも、余りにも長期に渡ってフケが出る、フケやかゆみの症状が酷い場合には皮膚医に相談するか、市販のフケ対策専用シャンプー等を使うのもよいでしょう。

但し、症状が治まってきたのにフケ対策として毎日フケ対策シャンプーを使うのはおススメしません。

というものこれらのシャンプーには硫黄を始めとするカビ防止物質や皮脂をこそぎ取ってしまう化学物質が多く含まれているので髪や頭皮のダメージが心配されるのです。

多くても週に2回程度に抑えて、それ以外の日は保湿効果が高くオーガニックなシャンプーを地肌を優しくマッサージする様にして使いましょう。

まだ若いのに抜け毛や薄毛

更年期障害を心配する年齢でもないのに最近家のアチコチに自分の髪の毛が落ちているし、ブラシに着く髪の量も多過ぎるみたい…と心配されている女性も多いのです。

抜け毛や薄毛も、上に書いたたんぱく質や鉄分以外に下記の栄養不足が影響する事も多いのです。

  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンB

そして特にダイエットをしている女性が陥りやすいのが低脂肪食中心にしている為に、オメガ酸の様な良い脂肪が欠乏し、抜け毛が増える事です。

また、若い世代でも避妊ピルやホルモン治療をしている女性には抜け毛や薄毛の悩みは案外多いのです。

更に、極度なストレス状態や完璧主義者な女性達はとかく苛々しがちでそのはけ口が髪に向かう事が多く、“髪を抜く”、“引っ張る”、“やたらと髪を触る”これらのしぐさが長期に続けば続くほど髪は抜けると同時にストレス性脱毛なども引き起こしかねません。

抜け毛や薄毛が気になったらこれらの食材を食生活に取り込みましょう。

  • アボカド
  • オリーブオイル
  • ナッツ類

そして、直接抜け毛・薄毛予防になるとは言えませんが、ヨガに瞑想、頭皮マッサージなどを受けるとストレス解消に役立つのでお勧めです。

苦労の証?若白髪

苦労やストレスが多いと白髪が増えると言われていますが、確かにストレスは髪の健康にも必要不可欠な体内のビタミンB群を消費してしまうのです。

ただし、ほとんどの若白髪の原因は遺伝的な問題です。ご両親どちらかが早い内から白髪になっていませんか?

遺伝的な白髪は染毛剤などで染めない限り解決は出来ませんが、頻繁に髪を染めるのも髪のダメージを悪化させ色素が失われる事もあるので要注意です。

抜け毛薄毛対策と同様にストレスを溜めない様に心がけ、栄養バランスの良い食事をする様にしましょう。

あなたの髪はSOSサインを送ってる

鏡の前で「スタイリングが決まらない!」、「髪がまとまらない…」と嘆いてスタイリング剤や美容院に駆け込んでお終いという女性がほとんどですよね?

ですが、髪のダメージは実は体のSOSサイン…、これらをタダの美容の問題だけと片付けてしまうと後で思わぬ病気や心の病を引き起こしかねません。

ヘアケアと共に体のケアにも気を遣う事で、美しいツヤの有る髪が生まれ出てきてくれるのです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント