• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

若い女性にも増えている髪の悩み。帽子が原因で薄毛になるって本当?

Date:2014.06.02

薄毛といえば男性特有の悩み。実は女性にも薄毛で悩む方が増えているのです。しかもそれは年配の女性に限った話ではありません。20代の若い女性にもそれがみられるようになってきているのです。

事実、美容院のメニューにも薄毛やつむじ隠しといった女性の薄毛対策メニューを提供するところが増えているのです。

なぜ若いのに薄毛に?と思いますよね。その原因は様々あります。そして意外かもしれませんが、帽子もまた薄毛になる原因をつくっているのです。若い女性に多い薄毛の原因と対処法を紹介していきます。

生活習慣で薄毛に!

なぜ若くても薄毛となってしまうのでしょうか。若い時の薄毛は生活習慣と大きく関係しているのです。

ひとつは栄養不足です。若い女性は、自分の体型を過度に気にしますよね。モデルや女優のような体型になりたいと憧れますよね。そのために無理なダイエットしていませんか?

食事制限を伴うダイエットをすると、体が必要な栄養が取れなくなります。わずかでも摂取された栄養は、まず臓器を動かすために使われるのです。それは生命活動を維持するためです。

そのため、末端部分の爪や髪の毛は最後に栄養が行きつくところです。それが続くとどんどん髪の毛がやせ細り、生え変わりのサイクルも狂います。その結果髪の毛が生えてこなくなり薄毛になるのです。

過度な染髪も薄毛の原因です。若い女性はカラーリングをするのが常識です。人によってはかなり頻繁に染めているのではないでしょうか。

染毛は髪と頭皮に多大なダメージをあたえます。それが続けば髪の毛が生えてくる毛根も弱まり、健康な髪の毛が生えてこなくなり、薄毛になるのです。

間違ったヘアケアも原因です。一日に何度もシャンプーをする、ヘアケア剤を塗りすぎる、シャンプーしてもきちんと汚れが落ちていないなど、正しいヘアケアを行なっていない女性も目立ちます。

それが頭皮と髪の毛にダメージとなり、薄毛の原因となるのです。これらの原因が思い当たる方、今は大丈夫かもしれませんが今後薄毛になる可能性が大です。

なぜ帽子で薄毛に?

オシャレとして、夏の紫外線対策として、冬は防寒として帽子をかぶりますよね。女性で帽子が好きな方は何十、何百とコレクションしていることと思います。

意外かもしれませんが、帽子も薄毛を作る原因となっているのです。紫外線は頭皮や髪の毛にもダメージを与えますよね。それを防ぐために帽子は有効だと思うのですが、何がいけないのでしょうか?

帽子で薄毛になる原因はズバリ””蒸れ””なのです。帽子をかぶっていると帽子の生地と頭皮や髪の毛が密着し保温性、保湿性が高くなります。そして頭皮が汗をかき、それが帽子の中でこもってしまうのです。

適度な温度と湿り気により雑菌が繁殖しやすくなるのです。それが頭皮の毛穴に詰まってしまい、健康な髪の毛の育成を阻害します。

帽子をかぶる機会が多い方、これを聞いてちょっとショックだと思います。だからといって帽子をかぶるのをやめる必要はありません。ちょっとしたことに注意すれば薄毛を防止できます。

薄毛にならない帽子のかぶり方

帽子の薄毛の最大の原因は蒸れです。これを適度に開放してあげましょう。長時間ずっと帽子をかぶっていた方は、最低でも1時間に1回は帽子をとって頭皮の風通しを良くして上げましょう。その時にブラッシングをしてあげると風の通りがいっそうよくなりますよ。

夏の汗をかきやすい時期は、余計に蒸れがちになります。普段以上に小まめに帽子をとって通気性をよくしましょう。

頭皮ケアを行いましょう。頭皮の成長を妨げているのは頭皮内に入り込んでいる雑菌やばい菌です。これらをシャンプーできれいにします。

毛穴クレンジングの効果が高いシャンプーを選んで使うのもおすすめです。また美容院や自分でヘッドスパをすると頭皮の汚れがすっきりとしますよ。

適切にケアをすれば薄毛の原因を予防できます。女性なら何歳になっても美しい豊かな髪を保ちたいですよね。

この記事をシェアする

関連記事