• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

髪の日焼け対策とケア方法!紫外線ダメージから髪を守ろう

Date:2017.08.12

紫外線が強い季節の必需品と言えば…そう、日焼け止め!「紫外線はお肌の大敵」と毎日顔にも体にもしっかり日焼け止めを塗っているという女性も多いですよね。

では、髪の紫外線対策はどうでしょうか?

頭は体の中でもっとも太陽に近いので、髪の毛はダイレクトに紫外線を浴びています。同時に、髪は女性らしさの象徴であり、手抜き感や年齢も出やすいパーツです。

夏の強い紫外線をノーガード、ノーケアで浴び続けてしまうと、秋に入る頃には髪がボロボロに…なんてことになりかねません。

そこで今回は髪の日焼けを防ぐ方法や日焼けした際のケア方法を紹介していきます。出来ることから取り入れて、美しい髪を紫外線から守りましょう!


髪のUVケア!知っておきたい髪の紫外線対策あれこれ

髪や頭皮が浴びる紫外線量はなんと顔の2倍から3倍と言われているのはご存知でしょうか?

髪が日焼けを起こしてしまうと、

  • 枝毛
  • 切れ毛
  • 裂け毛

などのダメージヘアにつながるほか、髪が赤茶色に退色してしまう「光老化」という現象が起きます。

潤いやツヤのないパサついた髪はそれだけでも人に老けた印象を与えてしまうので、夏の紫外線対策は怠らずにしっかりやっておきたいところ!

髪を紫外線ダメージから守るには、

  1. 髪の日焼けを未然に防ぐための対策
  2. 日焼けしてしまった際のヘアケア

の2つが主なポイントになってきます。

まずは日焼けから髪を守るための対策からみていきましょう。

UVカットスプレーを使う

顔や体に日焼け止めを塗るように、やはり頭皮や髪にも日焼け止めを使うのは大切な紫外線対策のひとつです。

髪の日焼け止めとしておすすめなのが近頃多く登場しているスプレータイプの日焼け止めです。

塗るタイプの日焼け止めのようなベタベタ感がないうえに、顔や体にもそのまま使えるものが多いので、ひとつあるととても便利です。15センチほど離してシューッと吹きかけるだけで良いので、自宅にいるときやちょっとした外出の際などにもさっとUV対策が出来ちゃいますね。

また、中にはローズやジャスミン、オレンジフラワーなど、フレグランス効果のあるUVカットスプレーもあります。香りの良い日焼け止めスプレーなら使うのも楽しくなりますよね。

ただし、スプレータイプの日焼け止めは手軽な使い心地が嬉しい反面、

  • 効果が長時間持続しにくい
  • 汗や皮脂で日焼け止めが落ちやすい

といったデメリットもあります。一日中外出するようなときは、2~3時間おきに付け直すようにしましょう

※真夏の車内にスプレー缶を放置すると危険な場合があるので取扱には注意してください。

帽子や日傘を使う

紫外線対策の定番とも言えるのが

  • 帽子
  • 日傘

を使って髪を紫外線からガードする方法です。

まずはUVカット効果が高い帽子から紹介していきます。

黒などの色が濃いもの
色の中でもっとも紫外線の透過率が低いのが黒、対して透過率が高いのが白です。つまり色が濃ければ濃いほど紫外線のカット率が上がるので色で選ぶなら濃い色が良いでしょう。

いくら濃い色が良いとは言っても、「黒は熱がこもって暑い!」「真夏に真っ黒は暗い」など気になるポイントもありますよね。

やはり明るいカラーの帽子を選びたいのなら、色ではなく、以下のような素材やデザインなどで紫外線対策が出来る帽子を選んでみてはいかがでしょうか?

UVカット加工されたもの
UVカット加工には2種類あり、1つは紫外線吸収剤を使ったもので、もう1つがUVカット素材(セラミック)を使って作られたものです。紫外線吸収剤は洗濯するとだんだん落ちてしまうので、最初からUVカット素材で作られた帽子を選ぶようにしましょう。
ツバが全方位にあり7~10センチあるもの
キャップやキャスケットのような前にしかツバがないものでは髪がガード出来ないので、ハットのように前後左右にしっかりツバがあるタイプの帽子を選びましょう。ツバが7~10センチのものであれば顔への紫外線カット効果も期待出来ますよ。
隙間がないもの
ストローハットなどは縫い目が粗く風通しが良いのがメリットですが、それだけ紫外線も通してしまうということです。どうしてもストローハットを被りたいときは隙間のないしっかりとした縫い目のものを選んでくださいね。
ただし、帽子は蒸れやすいので時々外すなど被りっぱなしにならないようにしましょう。

そんな帽子の蒸れが気になる人やヘアアレンジなどで帽子が被れない時などは日傘を使って紫外線をブロックするのも効果的です。

遮光傘
光を遮る率が99%以上のものが遮光傘と呼ばれているようです。遮光率が高ければ高いほど太陽から降り注ぐ紫外線や赤外線をカット出来ます。同時に厚みが増し金額も高くなります。
遮熱加工されているもの
太陽からの紫外線、赤外線を浴びていると日傘をしていても熱がこもってしまいます。遮熱加工された生地を使った日傘なら涼しく感じられるのでおすすめです。

日傘をさすだけで紫外線対策+夏の暑さ対策が出来るので、お気に入りのものを一本用意しておくと良いですよ。

分け目を変えたりヘアアレンジをする

髪の分け目が常に同じだと決まった部分だけが紫外線を浴びることになってしまいます。

一部分だけに紫外線ダメージが集中することで頭皮がダメージを受けます。すると新しく生える髪の毛へ栄養が行き渡らなくなり、分け目の部分から薄毛につながることがあるのです。また、分け目部分だけが紫外線によって炎症を起こすこともあります。

時には分け目を変えることで頭皮ケア、ヘアケアをしてあげましょう!

このように髪を濡らすことで分け目を変えることが出来ます。

【手順】

  1. 髪全体を濡らします。(または分け目周辺の髪の毛の根元をしっかりと濡らします)
  2. 分け目から数センチ右側の髪の毛を左側に立ちあげるようにしながらドライヤーを当てます。
  3. 続いて逆側です。今度は分け目から数センチ左側の髪の毛を右側に起こすようにして乾かしましょう。
  4. この(2)(3)の手順を交互に繰り返します。くっきりついていた分け目があいまいになってきますよ。
  5. 最後に分けたい方向に髪を整えてドライヤーを当て乾かしきります。

また、髪を完全におろしたダウンヘアは髪の毛全体に紫外線を浴びてしまいます

時にはこのようなまとめ髪にヘアアレンジしてみてはどうでしょうか。

  • お団子ヘア
  • シニヨン

きっちりまとめ過ぎない、ゆるっとした雰囲気のヘアアレンジがトレンドなので、「ヘアアレンジが苦手」という人もぜひやってみましょう!

紫外線対策、暑さ対策、オシャレの3拍子揃って一石三鳥です。

アウトバストリートメントや保湿力の高いシャンプーを使う

強い紫外線が降り注ぐ中、すっぴん状態の髪の毛で外出してしまってはダメージを受けるのは必至。

ヘアオイルやヘアミルクなどのアウトバストリートメントを使って必ず髪をコーティングしてあげましょう

紫外線対策としてだけでなく、

  • 乾燥
  • 空気中のホコリ
  • 髪の毛同士の摩擦

など髪の毛は常に外的刺激にさらされていますから、普段からアウトバストリートメントやオイルを使うことをおすすめします。

オイルであれば人の皮脂の成分、「オレイン酸」を多く含むホホバオイルや椿油が良いでしょう。酸化しにくく、髪以外に使うことも出来ます。

また、毎日使うシャンプーとトリートメントを保湿力の高いものに変えるというのも良い方法です。

髪の毛一本一本の潤い補給することで髪全体の潤いと皮脂のバランスが整います。すると髪そのもののバリア機能が高まるので、紫外線ダメージを受けにくい髪の毛を育てることが出来ます

紫外線が強い時間帯の外出を控える

一日の中でもっとも紫外線が強い時間帯はいつだと思いますか?

「気温が一番高いから14時くらいかな?」なんて想像してしまいますが、実はそれよりももっと前!

なんと10時~14時の間が特に紫外線が強いと言われており、11時~12時の1時間の紫外線量がもっとも多いというデータが出ています。

仕事や用事などで外出しなければならない時は除いて、例えば

  • 予定のない休日
  • スケジュールに余裕がある日

などはいっそのこと紫外線が強い時間帯は外出しないと決めてしまうのもひとつの手段ですね。

紫外線を浴びた髪をレスキュー!日焼け後のアフターケア方法

レジャーやイベントの多い季節、うっかり髪が日焼けしてしまうこともありますよね。

大切なのは紫外線を浴びてパサつきがひどくなった髪を放置せず、速やかに徹底したヘアケアをして栄養補給をしてあげることです。

ここからは日焼してしまった髪のアフターケア方法を紹介します。

ヘアパックをする

紫外線ダメージを受けた髪の毛はキューティクルが破壊されています。栄養分が失われて弱ってしまっているので、とにかく早い段階で栄養分を補給してあげましょう。

ここではトリートメントを使った方法とオイルを使った方法を紹介します。

まずは髪を優しくブラッシングしてから行ってください。

【トリートメントでヘアパック】

  1. シャンプーとコンディショナーで洗髪します。
  2. 髪にトリートメントをつけます。
  3. 蒸しタオルで髪全体を包み、さらにシャワーキャップをかぶります。
  4. 湯船に浸かるなどして10分ほど放置しましょう。
  5. 時間が経ったらしっかり洗い流してください。

【オイルでヘアパック】

  1. ホホバオイル、椿油などのオイルを髪の毛に馴染ませます。
  2. 蒸しタオルで髪全体を包み、さらにシャワーキャップをかぶります。
  3. 15~20分ほど時間をおいてください。
  4. 時間が経ったらシャンプーで2度洗いします。
  5. コンディショナーかトリートメントをして完了です。

特に日焼けしてしまった日の洗髪方法

海や山でのレジャー、イベントも多い夏!どんなにUVケアをしていても一日中強い紫外線の下にさらされていれば、髪の毛のダメージは深刻です。

そんな日は特に入念にヘアケアをしてあげましょう。

1.シャンプー
特にプールに入った日や海水浴を楽しんだ場合は不純物や塩分がついているので、まずはきちんと汚れを落としましょう。髪全体をしっかりと濡らしたらシャンプーを泡立てて指の腹で揉みこむようにして洗髪します。
2.タオルドライ
シャンプーを洗い流したら、一度タオルドライします。髪全体の水分を拭き取ることで、その後のトリートメント成分がより髪の内部にまで浸透させることが出来ますよ。
3.トリートメント
水分を拭き取った髪の毛にトリートメントを塗布したら短くても5~10分待ちましょう。優しくコーミングをしたり、蒸しタオルやシャワーキャップを被るのも良いでしょう。よりトリートメントで補修したい場合は、さらにもう一度トリートメントを繰り返すのもおすすめです。

時間が経ったらトリートメントを洗い流します。頭皮に残ってしまうと頭皮のダメージにつながることがあるので、しっかりと洗い流してください。

4.洗い流さないトリートメント
タオルで水分を拭き取ったら、洗い流さないトリートメントで補修します。髪の毛の中間から毛先にかけてたっぷりと馴染ませましょう。

濡れた髪の毛は放置せずにドライヤーを適切に使ってしっかりと乾かしてくださいね。

低刺激のシャンプー・コンディショナーを使う

ドラッグストアなどで安価で販売されているシャンプー・コンディショナーの中には「界面活性剤」という化学成分を含んだものが多く、そうした洗髪料は髪についた汚れだけでなく、本来髪や頭皮に残すべき潤い成分や栄養分まで奪ってしまうことがあります。

ただでさえ栄養不足で弱っている髪に洗浄力が強すぎる洗髪剤はNG!

健康な状態のときはトラブルが起きなくても、日焼けした状態では髪のダメージや頭皮の炎症を悪化させてしまう恐れがあります。

紫外線をたくさん浴びた日などは以下のような低刺激のシャンプー・コンディショナーを使いましょう

  • 敏感肌用
  • ダメージヘア専用
  • アミノ酸系

春夏などの紫外線が強い季節、アウトドアの予定がいくつもあるようなら、事前に低刺激のシャンプー・コンディショナーを用意しておくと必要な時に慌てずに済みますね。

カラーリングやブリーチは控える

日焼けしてダメージを受けた状態の髪の毛に、

  • カラーリング
  • ブリーチ

などを行うのはダメージの進行に拍車をかけてしまうので控えましょう

とは言っても、紫外線のダメージで褪色してしまった髪の毛は見栄えも良くないので気になるもの…。

どうしても気になる時は美容室でプロに相談してみてくださいね。美容室でこそ受けられるスペシャルケアやダメージの抑えたカラーリングなど、適切に対処してくれるでしょう。

バリア機能をアップ!食事やサプリでインナーケアも忘れずに

髪を日焼けから守る方法、日焼けしたときの対処方法について紹介してきましたが、忘れてはならないのはインナーケアです。

紫外線を浴びると体内の活性酸素が増えます。活性酸素の増殖は内臓機能を低下やシミやしわなどの肌老化を招くこともありますから、普段から抗酸化物質を多く含む食事を心がけて体内のバリア機能を高めましょう!

また、最近登場している「飲む日焼け止め」を利用するのもおすすめです。サプリメントを飲むだけでは十分とは言えませんが、プラスαのUV対策としては効率的な方法です。

「女の命」とも言われる髪の毛。中からも外からも紫外線対策をして、潤いとツヤに満ちた美髪で素敵な夏を過ごしてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント