• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ボサボサな髪ほどゲンナリ~手入れのいき届きたヘアは女を上げる

Date:2012.11.05

髪のお手入れ、手を抜いていませんか?メイクやファッションについついとらわれがちですが、その人の印象を大きく作用するのが髪。

ボサボサで手入れのされてない状態は、あなたを年齢以上に老けさせてしまうだけでなく、異性からの印象も確実にダウンしてしまいます。逆に、きちんとお手入れされた美しい髪は、それだけでポイントUPです。

印象を左右させる髪形と髪の質

印象を大きく作用するのは髪形と、髪のお手入れ度。この二つがかみ合った状態こそ、女性の美しさに磨きをかけ、あなたを素敵に見せてくれます。髪形のキープやケアのためには、まず美容院。定期的にカットすることで、毛先のお手入れをしましょう。

そして、美容院で作った髪形をよりキレイに毎日のスタイルとして定着させるのが、きちんとお手入れされた髪。毎日のスタイルキープのには、普段のヘアケアが何よりも大切です。

作りこんだ感じはしないのに何となくキマっている、風になびいた髪が色っぽい・・・などの印象が残せたら素敵ですよね。これにはやっぱり髪がキレイであることが条件。ボサボサの髪では、オバサン度が一気にUPし、色気も素敵さも醸し出すことなど到底出来ないのです!

まずはシャンプーの見直しから

ツヤのある美しい髪、特に毛先のために重要なのが頭皮ケア。毎日のシャンプーなどで頭皮を清潔にする、そして健やかに保つことが効果的です。ここ数年はスカルプケア商品も多く出回っていますが、オススメなのがオーガニックなもの。

地肌の汚れはその日のうちに、しっかりと落としましょう。まず、シャンプー前にはブラシで髪をとかします。スタイリング剤などの使用で櫛通りが悪い方は、シャワーのお湯で地肌と髪をゆっくりとすすいで。

その後、髪に付着したスタイリング剤を落とすように髪の毛だけを軽く泡シャンプーします。スタイリング剤が落ちたら、2度目のシャンプーで地肌と髪全体を。この時は地肌をマッサージするようにしっかりと。

生え際やうなじの周辺は、ついつい汚れや泡の残りを見逃しがちなので、シャンプーもすすぎもしっかりと丁寧に、を心掛けましょう。時間があれば、その後ゆっくりとトリートメントを。ラップやタオルなどで頭を巻き、15分くらい放置します。柔らかな髪のためには魔法の15分間です。

やってはイケない!長時間の半乾き

シャンプー後、濡れた髪のまま放置したり、寝てしまったりしていませんか?髪は濡れた状態のまま放置しておくと痛みやすい上に、雑菌やニオイの原因に。ボサボサ頭の一番の原因でもある、濡れたままの睡眠はとにかく厳禁。

ブラッシングをしながら、頭皮をいたわるように必ずドライヤーで乾かしましょう。ブラッシングは頭皮の血行を良くするので、美しい髪のためには重要なポイントです。朝、髪形がキマらないのも長時間の半乾きが原因であることが大きいと言えます。

健康的な食生活と規則正しい生活サイクル

美しい髪のためには、良質なたんぱく質を取り入れた食事や、睡眠も重要。太るからといって油抜き、タンパク質抜きの食事や寝不足続きの生活では、パサついた不健康な髪になってしまいます。

髪もお肌と同様、生活習慣でキレイがキープできるのですから、やはり健康的な生活は美髪のためにも重要なのです。逆にバランスのとれた食生活や規則正しい生活を習慣づけてしまえば、髪だけでなくお肌にも良いのですから、まさに一石二鳥。髪美人、肌美人は健康的な生活から作られていくのです。

カラーリングやパーマは、やっぱり痛む・・・

様々なカラーで楽しめるヘアカラー。美容院に行ったらカットよりカラー、という人が増えてきているほど定着しているカラーリングですが、やはり頭皮や髪を傷めてしまうことには変わりがありません。そこでオススメなのが、髪も頭皮も傷めないヘナカラー。

カラーリングをヘナに変えてから、髪質が安定して状態が良くなった、との声も多数あがっています。また、クセ毛だからといって縮毛矯正のようなストレートパーマも髪への負担が大きく、ダメージの原因に。このような方の場合は、パーマよりも美容院でのスペシャルトリートメントがオススメです。

縮毛矯正は、新しく生えてきた髪との差がハッキリと出てしまいますし、矯正で無理矢理真っ直ぐに伸ばすため、今っぽい“ゆるふわ”な雰囲気も、かなりの長期間作ることが出来なくなってしまいます。

艶やかで健康的な髪を維持して、クセ毛を生かしたヘアスタイルを選択するほうが、あなたを素敵に見せてくれるはず。ないものねだりをするより、あるものを良く見せる&生かすようマインドもシフトチェンジしてしまいましょう!

正しいドライヤーの使い方

美しい髪を保つために重要な、ヘアドライ。正しいブロー&ドライで、艶やかな髪を手に入れましょう。

1. シャンプー後、なるべくきっちりとタオルドライをする。この時、髪をこすり合わせないよう優しく丁寧に。
2. ドライヤーの前には、トリートメント剤を。ドライヤーの熱から髪を守ります。
3. ドライヤーの熱はまず地肌と顔まわりから。髪をかき上げるようにして、地肌を乾かしていくイメージで。
4. 地肌が乾いたら、ブラシを使って髪を伸ばしながらドライヤーの熱を当てます。ドライヤーを近づけ過ぎるとか、髪が傷むので適度な距離感を保ちましょう。
5. 前髪、サイド、後頭部など、4と同じ方法でやさしく伸ばしながらドライ。パーマヘアの方は伸ばさず髪そのものを乾かすようにして下さい。
6. (朝のお出かけ前の場合)最後に、スタイリング剤で髪形を整えて終了です。

さぁ、美しい髪でセットがキマれば、テンションUP間違いなし!毎日のケアで「キレイな髪の人」へとあなたを格上げさせましょう!

この記事をシェアする

関連記事