• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性だからこそ深刻な問題!髪が薄いと悩む前に出来る対策は?

Date:2014.08.23

自分でも鏡を覗くと一目瞭然で確認できる、目じりのシワ、シミにほうれい線と顔に出るエイジングのサインを1番に気にかけ、毎晩アンチエイジングクリームでお手入れをしている女性も多いですよね?

でも、意外に人の目線を集める髪のエイジングのサインを見逃してはいませんか?切れ毛・枝毛が増え、抜け毛が増えた、地肌が透けて見え始めたなども明らかなエイジングのサインなのです。

そこで、抜け始めた、薄くなり始めた髪を軽減あるいは、抜け始める前に出来るヘアケアや薄毛予防対策をここでご紹介します。

シャンプーの仕方で髪の老化を防止

暑い季節にこそ、熱めのシャワーやお風呂で汗を流し毛穴も地肌もサッパリ!…は髪には危険信号です。髪も肌と同じで熱いお湯で洗われると乾燥しやすくなります。

そして、夏だからといって、クーラーの効いたオフィスに1日いてほとんど汗はかかないのに毎日ゴシゴシと髪を洗っていませんか?

夏の暑い紫外線を浴び、地肌は意外にも乾燥していてその上、洗いすぎていると自然な皮脂で地肌を保護できないばかりか、皮脂が分泌されると洗い流してしまう事になり、毛穴は皮脂を分泌するのに疲労困憊、逆に皮脂の分泌が促されて脂っぽくなったり、あるいは湿度が高い夏なのにフケがでて地肌の乾燥が目立つようになります。地肌が脂っぽい、あるいは乾燥していたら、健康な髪は生まれません。

ただ「洗いすぎは美髪には大敵!」…とはいえ、汗をかいているのにドライシャンプーで3日以上ガマン…というのは良くありません。余分な皮脂、汚れ、スタイリング剤などがまみれてタムシの様な菌の繁殖を起こしかねませんよ。

シャンプーは、よほど汗をかいていないのでしたら、2日に1回にしておくのが髪の為には良いようです。そして、シャンプー中やシャンプー後は、オーガニックオイルなどを使い地肌をマッサージすると育毛を促進できます。

また、洗った後の髪をタオルでゴシゴシ拭くのも摩擦を起こして髪を傷めるので、タオルで優しく包んで押しながら水分を取り除きましょう。

髪のエイジングを食い止めるヘアケアの方法

薄くなる髪もそうですが、白髪もエイジングとは切っても切り離せません。

でも、白髪が気になるからと頻繁にカラーリングをするのは、枝毛・切れ毛また、髪が痩せてしまう最大の原因でもあるので、最高でも月に1度、しかも根本のタッチアップを中心に行い、ハイライトや全体を染めるのは2、3ヶ月に1回ぐらいにしておきましょう。

ただでさえ高温多湿の夏の季節は強い紫外線を浴び髪は弱っているのに、ドライヤー、ホットカーラーやヘアアイロンを毎日使用すると、髪は益々弱く、痩せてしまいます。ヒートプロテクション効果のあるヘアケア製品を使い、ドライヤーの温度も低く設定して短時間で済ませましょう。 

また、ヘアスタイルをキープする効果の高いヘアスプレーや髪を固めるスタイリング剤のほとんどはアルコール成分が高く、髪を乾燥させる元…、しかも固まった髪は切れ毛や枝毛の原因にもなります。

今年はナチュラルウェーブがトレンドなので、ホールド力は低いけれども保湿効果の高いスタイリング剤を選びましょう。

更に、暑いからと毎日ポニーテールや髪をキツク束ねたり、巻き髪にしていたら、偶にはおろしてヘアバンドなどを利用して顔にかからない様に工夫しましょう。というのも、髪の毛を毎日、しかも長い期間引っ張り続けると毛穴にも負担が掛かり、酷い場合には傷をつけて一生その毛穴から髪の毛が育たなくなる事もあるそうです。

髪は貴女の健康レベルのバロメーター

女性の中には、出産後、手術後、そして強いストレスを受けた後などに髪が大量に抜け落ちた経験をした方も少なくないかもしれませんが、これを休止期脱毛と呼び、治療薬や避妊ピルの副作用や女性ホルモンのバランスで起こる薄毛の原因です。この事からも、抜け毛は正に私達女性の健康のバロメーター。

その他、甲状腺機能低下や免疫の低下などでも、円形脱毛症や抜け毛が増える可能性も考えられます。

髪の毛が抜ける原因がハッキリしている場合は、直ぐに専門医に相談し、治療薬の種類、量や強さを変えてもらう、避妊薬の使用を一時停止するなどの対応が必要になります。

ヘルシーなライフスタイルがヘルシーな髪を作る

そうなると、美しい豊かな髪もやはり健康な体でないと得られないという事になるのです。まず、ストレスを減らし、エクササイズで汗を流し、ヨガや瞑想で精神の安定を図りましょう。

抜け毛や薄毛が気になっている時には無理な食事制限をしてダイエットをするのも控え、髪の毛の主成分はたんぱく質なので、良質のたんぱく質である、鶏肉や魚を始め、鉄分、亜鉛、ビタミン12等をバランス良く取り健康な髪を育てましょう。

そして、勿論8時間睡眠を基本にして、規則正しいヘルシーな生活習慣こそが美しい髪を作るコツでもあるのです。

この記事をシェアする

関連記事