• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏のキレイはアイスカモミールティにおまかせ!

Date:2013.10.11

夏の水分補給の代表といえば麦茶。カフェイン、カロリーフリーでゴクゴク飲める!と思いがちですが、実は麦茶は漢方的には陰性の飲み物、つまり体を冷やす作用があります。

現在のように冷房がガンガン効いている環境で、大量に飲んでしまうと夏冷えの原因にもなってしまうので注意。替わりにおすすめなのが、体を温める作用のあるカモミールティ。カモミールティは温め以外にも、女性にうれしい効果がいっぱいなのです。

夏の肌にやさしいカモミール

カモミールは4000年以上前のバビロニアで、すでに薬草として用いられていたといわれるほど、薬効に優れたハーブ。

その代表的な作用のひとつが安眠。夜に飲むためのブレンドハーブティでも、その多くにカモミールが使われています。

体はほのかに温めるとリラックス神経が働き、眠くなるので温かいカモミールティがおすすめですが、夏の暑い時期では余計に体がほてって眠れなくなることもあるので、軽く冷やして飲んでもよいでしょう。

夏は暑さからどうしても眠りが浅くなり、新陳代謝も低下しやすくなりますから、カモミールティでぐっすり眠ることもキレイを保つ秘訣です。

また、夏は紫外線で肌もダメージを受けやすくなりますが、抗酸化成分も含んでいるので肌リペアにも役立ちます。さらにメラニンの過剰な働きを抑制する働きがあるので、美白効果も。

カモミールでアンチエイジング

さらに、最近ではカモミールがアンチエイジングに大きく役立つことがわかってきています。理由は、カモミールに含まれるカマメロサイドといポリフェノールの一種が、糖化の一部を予防してくれるからです。

酸化はだいぶ浸透しましたが、糖化はまだ耳なじみのない言葉かもしれません。糖化というのは食事で取り入れた糖が、体の中のタンパク質と結びつき、蓄積してしまうこと。

人の体の60~70%程度は水ですから、水以外の部分は30~40%。そのうちの半分程度である15%程度を占めるので、タンパク質は体にとってとても重要な成分。肌はもちろん、臓器や血液など、あらゆるものがタンパク質でできています。

糖化をするとタンパク質は劣化するため、しわ、たるみなど美容面でのダメージはもちろん、動脈硬化などさまざまな健康トラブルも起こってきます。

恐ろしいことに、タンパク質と糖が結びついて生まれる、AGEsという物質は、1度作られてしまうと分解されることがありません。ですから糖化の予防効果のあるカモミールティを飲んで、少しでも予防することが大切。

糖化は体の中に糖が余っている状態、つまり高血糖な状態で進みやすくなるので、甘いものや炭水化物をとり過ぎない、急激に血糖値を上昇させないということも大切です。

食事は繊維質の多い野菜や海草類から食べ始めると、血糖値の上昇もゆるやかになります。食事面でも抗糖化を意識してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事