• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マタニティライフの楽しみ方、パッと明るく心ほっこりお勧め感動映画

Date:2014.06.26

赤ちゃんが生まれたら「のんびり映画」なんてことも当分はおあずけです。じっくりと映画を観られるのも妊娠中の今のうちです!

どうせ映画を観るのでしたら胎教にもよく、心が温かくなるもの、感動するもの、そして控えている出産のことや生まれてくる赤ちゃんの生活がイメージできるような映画はいかがでしょうか?ここで4つのステキな映画をピックアップしてみました。

【実録】映画「ゴッドファーザー」で破水事件

「妊娠中にしておきたかったことは何?」と先輩ママさんたちに聞くといろいろな答えが返ってくる中に「映画を見ること」というのがありました。私も映画好きなので妊娠中でも映画館によく観に行くものでした。

ところが 妊娠中の最後の映画のチョイスを間違えたのです!お腹の出っ張り度がましてきた臨月の夜、自宅で「ゴッドファーザー」(DVD)を観ていました。

この作品は映画史に残るような名作なのですがマフィア映画なので動悸が激しくなるような怖いシーンが沢山あります。案の定、機関銃でバババッ!というシーンで見事に破水してしまったのです。

すぐに病院へ行き無事に出産ができましたが今思い返せば、胎教に悪い映画だったかなあとちょっと反省です!お腹の中の子もビックリしたのだと思います。

妊娠中はほっこり映画をおすすめ

このような私の妊娠中の映画経験は今ではお笑いぐさとなっていますが、やはり映画は1時間半から2時間、場合によっては3時間以上など、まとまった自分の時間を提供するのですから、やはり胎教になるような映画、感動して心が温かくなるような、ほっこり映画を観ることをお勧めしたいです。

そこで今回、下記の4つの映画を選んでみました。DVDでお楽しみくださいね。

選出映画:

  • 「ベイビーズ~いのちのちから」
  • 「恋愛だけじゃダメかしら?」
  • 「理想の出産」
  • 「プルミエール 私たちの出産」

★「ベイビーズ~いのちのちから」

原題 ”Babies”(2010年製作・フランス映画・79分)

2009年に生まれた赤ちゃん4人の1年を追ったドキュメンタリー作品です。この4人のエンジェルたちはアメリカ・アフリカ・モンゴル・日本からです。

先進国からはアメリカと日本の都市部サンフランシスコ近郊と東京の赤ちゃん、発展途上国からはモンゴルのバヤンチャンドマニとナンビア北西部オプウォの赤ちゃん、家庭環境、文化がまったく違うこの4つの国の赤ちゃんたちのファーストステップまでの日常をカメラが捉えます。

このいとおしきエンジェル達の姿をご覧になれば、赤ちゃんを持つ素晴らしさがひしひしと感じられると思います。

「ベイビーズ~いのちのちから」公式HP
http://babies-movie.net/

★「恋愛だけじゃダメかしら?」

原題 ”What to Expect When You’re Expecting”
(2012年製作・アメリカ映画・110分)

タイトルだけみるとラブコメ?と思われがちですがレッキとした妊娠、出産を描いた作品です。

原題のタイトルは「あなたが妊娠しているとき何を予想するべきですか」実はこのタイトルは妊娠したら読む有名な妊娠・出産マニュアルの本のタイトルでもあるのです。

この本が原作というだけあって妊娠中の心理状況などが男女共によく描かれています。5組の状況の違うカップルの話を描いたハートウォーミングコメディーです。

「恋愛だけじゃダメかしら?」公式HP 
http://renai-dakeja.jp/index.html

★「理想の出産」

原題 “UN HEUREUX EVENEMENT/A HAPPY EVENT”
(2011年製作・フランス映画・107分)

初めての妊娠、出産は女性にとって人生がひっくりかえってしまうほどの大仕事。この映画の原作となったのが自分の妊娠出産経験をもとに書いたものなので凄く共感できる部分が沢山あります。

恋愛、妊娠、出産、育児を夢見がちのHAPPY物語としてだけではなく描いている部分は女性の本音と悩みです。現在のあなたの心境に寄り添ってくれるようなそんな作品になるのでは?と思います。

「理想の出産」公式HP
http://www.earthstar.jp/movie/risou.html

★「プルミエール 私たちの出産」

原題 “Le Premier Cri” (2006年製作・フランス映画・98分)

10カ国に住む女性たちの妊娠、出産を見つめたドキュメンタリーです。国によってはマイナス50度の中でのひとりぼっちの出産など、想像を絶するような厳しい環境の中で出産をする女性たちがいます。

彼女たちの出産のしかたを見るとこちらまで勇気と感動をもらえます。10カ国の国の中に日本もあるので興味深いです。

アメリカ、タンザニア、日本、ベトナム、フランス、ロシア(シベリア)、メキシコ、ブラジル、ニジェール、インドにて撮影。

「プルミエール 私たちの出産」 公式HP
http://www.disney.fr/FilmsDisney/lepremiercri/
(フランス語)

この記事をシェアする

関連記事