• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お金の管理は人生の管理です!お金のたまらない男を見わける方法

Date:2013.03.17

恋した男性がお金にだらしない人だったら…あなたはどうしますか?そこであっさり別れられればいいものの、惚れた弱みでずるずるとつき合い結局共倒れ、なんていうことも考えられます。そうならないためには、最初からお金の管理ができる人を選ぶべきです。

お金の貯まる人

一昔前ならば、お金の貯まる人とはケチを意味しました。しかし、今やそうではありません。

お金を貯めながらも趣味やプライベートを充実させる「生活上手」な男性がたくさんいます。しかしその一方で、普通に働いているのに、お金が貯まらず精神的にも余裕のない男性もいます。

お金にだらしない人は人生の管理もできない人、つまり未来図をきちんと描けない人です。そんな人に恋してしまわなように、お金の貯まらない男性の特徴を知っておきましょう。

身につけているものは意外に安い

お金が貯まらない=ブランド好きは昔の話です。この時代、本当にお金のある人しか高級ブランドはそうそう身につけません。

お金のない男性はまず「何に使ったかわからない」というのが代表的な症状です。コンビニ通い、つまらない1人外食、時間つぶしのパチンコ、そんなものに小銭がどんどん消えていくので、洋服や靴までお金がまわりません。身につけているのものは概して安いものが多いのが特徴です。

無趣味

趣味があってそこにお金をかけられるのは、むしろいいお金の使い方でしょう。お金のない男性は無趣味な傾向があります。「趣味に使う金なんかないよ」が口癖になっています。

貧乏な人はやる気もありません。お金のかかり過ぎる趣味のある男性も考えものですが、無趣味な男性も要注意です。

目標がない

少し話しをしてみて、この人には人生の目標や指針がないなと思えば、その男性はお金の貯まらない人です。お金という明確な数でわかることの管理もできないので、当然人生という大きな時間の管理ができるわけがありません。一緒にいると路頭に迷うかもしれません。

逆にお金を貯めることができる人は管理能力がある人ですし、時代の流れをつかんでいる人です。お金が貯まることで、モチベーションも上がりますし、人生の目標を立てることもできます。

転職が多い

転職歴が多すぎる人もお金が貯まらない人です。つまりは我慢ができない、あるいは人とトラブルを起こしやすい人なのです。自分の考えの間違いになかなか気づきません。世間が自分に合わせてくれると誤解をしています。

このタイプも当然お金が貯まりません。収入が安定しないのも事実ですし、飽きやすいのでつい要らない物を買い込む習慣もあります。

生活が不規則

仕事のせいでもないのに、生活が不規則な人も管理能力がないのでお金が貯まりません。同じ理由で肥満の男性も避けた方がいいでしょう。自己管理ができない人にお金が貯まるはずはありません。

彼の生活が忙しいわけでもないのに不規則で、しかも夜中にコンビニ通いをするようならば、間違いなくお金の貯まらない男性です。その恋はやめた方が自分のためです。

「愛はお金では測れない」それは確かです。しかし最低限の幸せにお金は絶対に必要です。それすら得られない男性とはよほどの覚悟がない限り一緒にいない方が正解です。

この記事をシェアする

関連記事