• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

捨てないで作ってみては?缶と箱をリメイクしておしゃれに変身!

Date:2015.03.30

shutterstock_8516593_普通なら捨ててしまう、紅茶やお菓子などが入っていた空き缶や空き箱。このように、使い終わった缶や箱をおしゃれにリメイクすることで、インテリアや便利グッズとして使えます。

特に工作やDIYが得意でない人でも、簡単に出来るリメイクの方法、またどんな缶や箱が使いやすいかを考えてみました。そして、きれいにリメイク出来たら、その後はどのように使っている人が多いのかを紹介します。

最も手軽な方法!紙や布を貼る!

空き缶、空き箱、ともに使える最も簡単なリメイクの方法は、基本的には形はそのままにしておいて、外側から紙や布を貼るといった方法です。

貼るものは、自分の好きなものを自由に使ってみましょう。市販されているキレイなラッピングペーパーや端布でも良いですし、写真などを引き伸ばして貼るのも良いですね。

これといって手頃なものが身近にない場合は、インターネットで無料素材を探してダウンロードし、プリントアウトして使うことも出来ます。最近は、アンティークやヴィンテージなどのキーワードで探してみると、女性好みのおしゃれな素材が出てきます。

英字新聞なども人気が高く、本物でも良いですし、これも素材として公開されているものをプリントしても良いでしょう。

両面テープやボンドを使用して

紙や布を貼り付ける際には、両面テープやボンドでOKです。ボンドは、水で溶いてハケなどで塗ると、より仕上がりがキレイになります。また、100円ショップなどには、あらかじめ両面テープが裏面についている便利なペーパーや布が販売されています。

初心者の方や、なるべく手間を少なくしたいという方は、こうしたものを利用することで、簡単でキレイな仕上がりが期待出来ます。

種類豊富なマスキングテープ

この頃、マスキングテープもリメイクによく利用されています。こういった需要を受けて、雑貨屋さんなどでも、安価で様々なデザインのマスキングテープが販売されています。いくつか買っておくと、ワンポイントにも使えそうです。

マスキングテープも、使い方は簡単で、箱や缶に好きなように貼り付けていくことが出来ます。ひとつのテープだけではなく、いくつかのデザインのテープを組み合わせて、コラージュ風にすることも出来ます。

アクリル絵の具で塗る

手軽に入手出来るアクリル絵の具を使って、箱や缶を塗っていくのもオシャレです。好きな色を作ることが出来るのも良いですね。デザインやイラストが得意な方は、自分でイラストを入れても楽しそうです。

ワンポイントにラベルを使う

箱や缶の全体を、何かを貼ったり塗ったりしただけでも、随分と見違えるようになったのではないでしょうか。このようにして外観を変えたら、そのままでも良いのですが、ワンポイントとしてラベルを貼ってみたりすると、オシャレ度がアップしそうです。

ラベルは、他の缶や瓶などについていたオシャレで気に入ったものがあれば、それを剥がして再利用する方法もあります。輸入物のお酒やコスメなどのラベルは、良い雰囲気のものも多いですね。

そしてラベルもまた、フリー素材としてインターネットで公開されていますから、探してみるとお気に入りが見つけられるかもしれません。

ステンシルで文字入れも

ステンシルなら、自分の入れたい文字をオシャレな感じで入れることが出来ます。自分で厚紙などで型紙を作っても良いですし、ステンシルシートを購入して使うのも便利です。

貼り付けやすい筒型の箱や缶

リメイクしやすい箱や缶の形として、筒型(円柱型)が挙げられます。くるっと周りに紙や布を貼り付けやすく、失敗が少なく出来ます。このような形の容器は、缶でも箱でも、お茶やお菓子など色んな商品に使われているので、手に入れやすいのもメリットです。

リメイクした後の使い道

上手にリメイク出来たら、インテリアとしてはもちろん、実用品として使えれば便利ですよね。アイデア次第で様々な用途に使えそうですが、多くの人は、以下のような使い方をしています。

ハイドロカルチャー、寄せ植えに

缶であれば、水に濡れてもOKなので、ガーデニングに利用できます。室内でも、インテリアとしてハイドロカルチャーや寄せ植えに使っている女性が多いようです。自分好みにリメイクした缶に、グリーンを飾れば、眺める度に嬉しくなりそうですね。

カトラリーケースなどキッチンに

こちらも、水濡れに強い缶が適しています。お箸やスプーン、フォークなどを入れてカトラリーケースに。おしゃれにリメイクした缶なら、そのまま食卓に置いておいてもOKです。

また、お玉やフライ返しなどのキッチンツールを入れておくのも便利ですよ。置くと倒れそうなら、ワイヤーなどをつけて吊るすという方法もあります。

救急箱や衛生用品に

こちらは、缶でも箱でもOKです。置き薬や包帯、バンドエイドなどを入れて、薬箱、救急箱として使うことも。

また、綿棒やコットン、爪切りや耳かき、ピンセットといった衛生用品を入れておくのも便利です。

メイクアイテム&道具の分類に

化粧品やメイク道具を、種類ごとに分類すれば、ドレッサー周りがスッキリきれいに片付きそうです。見た目も良くなり、使い勝手も良くなりますね。

小さな缶や箱なら、引き出しの中に入れて使っても便利です。

ソーイングセットに

針山、針、糸や糸切りバサミ、ボタンなどを入れてソーイングセットにするというのも、女性らしい使い方ですね。

万一、針が落ちたりしないように、しっかりと密閉出来る缶が良さそうです。また、缶の大きさによって、自宅用と携帯用とに使い分けることも出来ます。

ペン立て、ツール入れに

ペンや鉛筆などの筆記用具、またドライバーなどのツール入れとして使うのも良さそうです。筒型のものや、四角いもの、どちらも使えますね。

浅い箱なら、引き出しの中に入れて仕切りとして使っても便利です。

万能!小物入れに

他にも、リビングでリモコンを入れたり、デスクでクリップなどの小物を入れたり、キッチンで輪ゴムを入れたりと、使い方は無限です。缶や箱の大きさ、形によって、様々な場所で、様々な使い方が出来るでしょう。

生活に潤いを

このように、ちょっと手を加えるだけで、ゴミとして捨てるはずだったいらないものが大変身!これらは資源となりますから、資源ごみに出しても有効活用しているはずですが、収集の日が少なく、家に溜まりやすいという悩みを持つ女性も多いはずです。

そんな時、こうしてリメイクすることで、自宅でもリサイクルが手軽に出来ます。ごみの量が減れば、出すときもラクになりますよね。また、自分でリメイクしたということで、愛着が湧きますし、見る度にちょっと嬉しくなるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事