• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

4人に3人が経験?不快なカンジダを食事で予防・改善しよう

Date:2014.10.29

女性の4人に3人もの人が経験するという膣カンジダ病。これは女性にとってとても身近な病気で、且つ再発もしやすい厄介なものです。

原因は様々で、性交渉と思われがちですが、そればかりではなく、多くはストレスや疲労などによる免疫力の低下、妊娠、そして昨今はウォシュレットのビデ機能での感染などがあります。

感染してしまうと、陰部や膣部分がかゆくなったり、カッテージチーズ状のおりものが出てきたりし、とても不快なものです。

そんな辛いカンジダ病ですが、食べるものを注意することで、自分である程度予防や改善をすることが可能です。ここではそんな不快なカンジダ病の予防や改善のために、避けたい食事と摂取したい食事をご紹介していきます。

精製された砂糖や炭水化物、単純糖質を避ける

白砂糖などの精製された砂糖、蜂蜜や黒砂糖などの単純糖質、そして白米や白いパンなどの精製された炭水化物は全てカンジダのエサとなります。

そのため、砂糖の代わりにステビアを使い、精製された炭水化物の代わりに玄米やそばなどのグルテンが入っていない全粒穀物を摂るようにしましょう

酵母菌やカビ類が含まれた食品を避ける

カンジダ菌は、酵母菌やカビと似たような性質を持っています。そのため、カビ類に属するキノコ類、ドライフルーツは避けるようにし、醤油や味噌のようなコウジカビを使った発酵食品は適度に抑えた方が良いのです。

ベータカロチンの多い食品を摂る

アメリカで行われた研究では、ベータカロチンの多い食べ物はカンジダに感染するのを予防してくれるということが分かっています。是非モロヘイヤ、ニンジン、カボチャなどを積極的に摂るようにしましょう

抗生物質を使わないように免疫力を上げる

風邪を引いたり怪我をした時などに抗生物質が処方され、服用されることもあるかと思います。でも、実は抗生物質は、悪玉菌だけでなく、善玉菌をも殺してしまうのです。そのため、カンジダにかかりやすくなってしまいます。

そこで、免疫力を上げるためには善玉菌を増やす必要があります。その一番の味方が乳酸菌です。腸まで届く乳酸菌が含まれた、無糖タイプのヨーグルトなどがお勧めです。また、ニンニクもカンジダの再発を減らしてくれる食べ物です。

そして和食を中心とした食生活をし、食物繊維が豊富な野菜などを多く摂るようにしましょう

何よりも日ごろから免疫力を上げておくことがカンジダの予防につながり、かかってしまっても早く回復することが出来るのです。

身体に合わないようであれば牛乳や乳製品は避ける

牛乳はアレルギー反応が出やすく、それがカンジダの原因となりうるため、避けた方が無難です。

また、ヨーグルトの乳酸菌が良いと上でご紹介しましたが、万一ヨーグルトが体質に合わないようであれば、摂らないようにし、他の物で乳酸菌を摂るようにしましょう。

症状によっては医療機関で相談を

いかがですか?色々と避けた方が良いもの、摂った方が良いものなどをご紹介してきましたが、避けるのが難しいものも多くあるかと思います。

これらを全部神経質に避けてしまうと、逆にストレスが溜まってしまい、逆効果になりかねません。あまり深く考え過ぎず、なんでも良く食べる健康的な食生活を送ることを心掛けてみましょう。

また、必要とあれば自己判断に留めず、医者に相談して、適切な治療を受けるようにされてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事