• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今世界中で大人気!「カンケンバッグ」を知ってる?

Date:2014.02.08

特徴的な赤いキツネのロゴ、他に類を見ないスクエア型のボディ、カラフルなカラー展開…今、欧米を中心に大流行しているアウトドアバッグ、『カンケンバッグ』をあなたは知っていますか?

北欧発!大流行バックパック

スウェーデン発のアウトドアブランド・フェールラーベンが、既存のショルダーバッグによる腰痛に悩まされることのない、学校で使える丈夫なバッグパックを目指し、誕生したのがこの『カンケンバッグ』です

北欧センスが光る、バックパックにしては角のある独特の形は、電話帳をイメージしたとのこと。カラー展開は、2013年冬の時点で、なんと39色。サイズ展開も、通常タイプのほかミニとビッグ、マキシがあり、まさに老若男女使いこなすことができるのも人気の秘密です。

世界規模の流行のきっかけは?

背中の痛みを感じることのない両肩掛けバッグとして、カンケンバッグはスウェーデンであらゆる世代に広まりました。

そこから、カンケンバッグの高いデザイン性と機能性、それに同居しているシンプルさと素朴さが、現代のファッションに受け入れられ、海外の有名セレクトショップであるオープニングセレモニーやロンハーマンでも取り扱われるようになりました。

2010年のアメリカ映画、ソフィア・コッポラ監督の「SOMEWHERE」でも使用され、その知名度は北欧から欧米、アジアに広まっており、有名人の愛用者も多く見られています。

オシャレママが欲しがる機能性

日本でも急速に愛用者が増えているこのカンケンバッグですが、若い男性・女性はもちろんのこと、オシャレ感度の高いママ達に大いにうけているようです。小さな子どもがいるママ達はとっても大荷物ですよね。

大きなトートバッグに、おむつや飲み物、タオルに着替え…とぱんぱんに膨らむほど詰めているママもよく見かけます。しかし、たくさん入るトートバッグというのは、小さな子どもを抱っこする時になかなか邪魔になるもの。

そんな時に便利なのが、リュックタイプのバッグです。バックパックと言うとスポーティで男子っぽいものしかない、というイメージですが、カンケンバッグのカラーバリエーションやデザインのかわいさが、オシャレ心を忘れたくないママに受け入れられています

丈夫であることがエコである

カンケンバッグは、フェールラーベンが作るアウトドア用アイテムと同様、生地がとても丈夫にできています。ビニロンという、一見コットンに似た生地ですが、実際はコットン以上に破れづらく丈夫です。

長く使用すればするほど柔らかな風合いが増していき、しかも破れない、その長く使用し続けることこそがエコだという考えがあります。

また、ブランド名のフェールラーベンとは、スウェーデン語で北極ギツネのこと。フェールラーベンは北極ギツネの保護活動に協力しており、生き物の生態系を崩さない、環境に負荷をかけない取り組みを進めています。

この赤いキツネのロゴがどんと目立つバッグを、長く大切に使うことそのものも、エコな取り組みだと言えるのだと思います。

フェールラーベン カンケンバッグ http://shop.webleague.net/top/fjallraven/multiple_new.php?name=2013_kankenlineup02

この記事をシェアする

関連記事