• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

換気扇の油汚れの落とし方は意外に簡単!お湯で浮かせるだけで良い!

Date:2013.12.22

油汚れは大掃除で一番厄介な作業とも言われていますよね。中には旦那様にまかせっきりという家庭もあるようです。けれども、今年からは簡単な作業で油が良く落ちる事を実感してみて下さい。ポイントは熱湯を利用するという事です。

熱湯を利用する際には火傷に十分注意して周りに子供がいない事を確認してください。では手順を説明しましょう。

新聞紙等で埃や油をぬぐう

まずはたっぷりついた汚れを新聞紙等でぬぐいます。これは必ず行いましょう。最初から洗剤を使って洗ってもほとんど汚れは落ちて行きません。その理由はこびりついた油なのです。ぼろきれ等を利用するのも良いでしょう。

ヤカンに沸かしたお湯を利用

丸洗いできる器具であるかの確認をした上で、その器具にお湯を掛けましょう。沸騰していますので、安全に注意を図りながら行ってください。もし、沸騰したお湯が怖いという事でしたら熱めのお風呂位の温度でも大丈夫です。

そのお湯を器具に万遍なくかけると油が浮いて汚れが落としやすくなります。お湯につける人もいますが、お湯が冷めてしまうと油がまた固まってしまい、意味が無くなってしまいますので、漬けるのではなくて、お湯をかけるのが良いでしょう。

普段使っている台所用洗剤で洗い上げる

特別な洗剤も必要ありません。それらを使わずしても十分に油汚れを落とすことが出来ます。油をお湯で流した後ですので通常の食器を洗う様な感覚にもなるでしょう。無理せず良く泡立てた洗剤で洗って下さい。

ごしごし洗うのは洗剤の力を使っているのでは無くて手の力だけで汚れを削いでいるだけです。本来の洗剤の力を利用したいのであれば、泡の力を使わなくてはなりません。フワフワの泡で油を浮かせて汚れを取りましょう。

苦手な換気扇掃除も手順を間違わなければ簡単に汚れを取れるのです。このやり方ならば、一か月に一回くらい掃除しても手間にはならないのでは無いでしょうか。是非一度試してみて下さい。

この記事をシェアする

関連記事