• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

無意識なのに!男性から「勘違いな女だな」と思われてしまう行動とは

Date:2014.04.08

誰だって男性の前では素敵な女性でいたいものです。少しでも自分をよく見せたくてとってしまう行動ってあると思います。でもそういうときって自分で十分意識しているから、そんなに大きな失敗ってないんです。

「見られている」ということをわかっていて行動しているわけですから、相手に対して変な印象を与える恐れもありません。一番怖いのが、無意識な状態でとってしまった行動を気になる男性に目撃されてしまったときです。

「勘違いな女性だな」と思われてしまったら、もう印象アップも手遅れになってしまいます。普段意識しない部分にこそ、女性の本質が出てしまうものです。気をつけようと思ってもなかなか気が回らないところこそ、男性はチェックしているのです。

「勘違いな人」というレッテルを貼られないように、ここでは気をつけるべき行動を挙げていきたいと思います。

自立していることがカッコいいと思い込んでいる

男性から「勘違いな女性だな」と敬遠されてしまう行動、言動とはいったいどんなものなのでしょうか。まず、男性の前で「自立していることがカッコいい」と思い込んでいる女性。

これはかなりの勘違いさん、と思われている可能性が高いです。もちろん、自立していることは悪いことではありません。むしろすばらしいことです。

でも、「いかにも自立して、仕事して、誰にも頼らず生きている女性のほうがいい女」と思い込んでいる女性は、男性から見るとプライドが高く、扱いづらい女性と思われてしまう恐れがあるのです。

とくに、専業主婦を見下した発言をしたり、親から仕送りをもらっている女子を見下したりする発言。これをする女性は確実に男性からだけでなく、女友達からも敬遠されてしまいます。

人にはそれぞれの生き方があります。それをむやみに否定し、あたかも自分だけが自立していてカッコいい、と思い込んでいる女性。これはかなり勘違いさんと思われてしまいます。

無駄に強気

強気な女性、いますよね。これもまた男性から勘違いさんだなと思われてしまう可能性があります。すぐに人と張り合う、勝負事になるとやたら燃える。そして無駄に強気。無意識だとしてもこれはかなり男性から敬遠されてしまう行動といえるでしょう。

女性の本質、本性は、負けたときにこそ現れるものです。たとえば何かで負けたとき、むきになるのではなく「あーあ、負けちゃった」と言って素直に笑える女性。こちらのほうがどう考えても男性からの人気は高いでしょう。

勝つことだけがすべてではありません。女性としてどう可愛い姿を見せるか、これが大切かもしれません。もちろん、仕事のシーンにおいては、女性であろうがなんだろうがビジネスとして勝たなければいけません。

でも、恋愛のシーンでは、決してむきにならず、強気な自分を封印しましょう。そうすることできっと男性からの評判は変わってきます。

写真を撮るとき、いつも可愛い角度で写る

男性から「勘違いさん」と思われる意外な要素があります。それは「自分が可愛いと思った顔で写真に写る」その姿。意外かもしれませんが、自分のきめ顔を持っている女性というのは男性からすると勘違いさんと思われてしまう確率が高くなるのです。

きめ顔、つまり、その角度、その表情が、その女性の中で一番可愛いと思っているということ。でも、そういのって、「この写り方が可愛い」と思っているのは本人だけだったりするんです。そしてそういうのって男性にも伝わってしまうもの。

「この子、写真だといつもこの写り方だな」と気づかれたら、他の写真を見るときも「あ、やっぱりこの顔。この角度が一番可愛いと思ってる角度なんだな」と思われて、恋愛対象から少しずつはずされていき、むしろネタのように扱われてしまう場合があります。気をつけましょう。

大人っぽい、子供っぽい、行動が極端

大人っぽい行動、子供っぽい行動が極端に現れるのも、男性から「勘違いだな」と思われる可能性を高くしてしまいます。大人っぽい、というのを勘違いしてブランドを大量に購入したり、高すぎる化粧品を買ってそれを使いこなしたり、という行動。

それを自然に行えるのならいいのですが、たいていが「この人無理していい女性を演じているんだな」と思われてしまいます。

また、若々しくありたいがために、わざと常識のないふりをしたり…。そういう作られた子供っぽさにも、やはり男性は「勘違い」のレッテルを貼っていきます。気をつけましょう。

女性の思い込みは残念な結果を生みかねない

 女性の思い込みはときに残念な結果を生みかねません。いい女性を演じようとして「怖い」と思われてしまったり、癒し系を演じようとしてただのお節介と思われてしまったり。

勘違いさんと思われないためにも男性の本当に求めているものは何なのかじっくり考えた上で、アピールするようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事