• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

簡単でもキレイに見せるメイクテクニックを身につけよう

Date:2013.03.24

女性は誰しも綺麗になりたいと思ってお化粧に気合いを入れて、ついついメイクに時間をかけてしまいます。

テレビなどを見ていても「メイクに2時間かかりました」と笑いながら話しているタレントさんなどもいますが、実はメイク時間が長くなればなる程、ブス顔に近づいているのです。

メイクが長い人ほど、元々のかわいい顔がブス顔になっている…というのを知らない人が多いようです。どうしてメイクが長くなるとブス顔になるといわれるのでしょうか。

見た目だけではない!メイク時間が長い=ブス顔と結びつけられる

男性からするとメイク時間が長いというだけで「えっ、そんなに隠すところがあるの?」と思ってしまいます。丹念にするとどうしても時間がかかってしまうメイクですが、手を抜くとこは抜くという技を身につけて、メイク時間を短縮することでブス顔にならずにすみます。

時間をかけてキレイにメイクをするのではなく、時短メイクで美人顔を手に入れるコツを身につけることが大切です。

長時間かけてのメイクはもう古い!今や短時間メイクが主流

短時間メイクといってもすべて手を抜くわけではありません。

まずは基礎のファンデーションから。普通のメイクは「下地を塗る→コンシーラーなどでシミなどを隠す→ファンデーションを塗る→パウダーをつける」といった工程をしている人が多いと思います。

ここで1つ短縮できるところがあります。それはコンシーラーの部分です。ファンデーションをクリームタイプやリキッドタイプにすると大半のシミは薄くなります。その上からパウダーをつけるとほとんど見えなくなります。ここで1つの作業が短縮できるのです。

次にアイライン。本当はきちんと入れた方が目力のアップになるのですが、アイシャドウの濃い色を目の際に入れることでアイライン効果ができます。ここでまた1つ短縮ができます。

口紅は塗った後にグロスをつける人もいますが、今はグロスとリップが一緒になったものがあるので、これを使えばまた短縮です。

こういった短縮できるものは短縮するだけでメイク時間はかなり減り、メイクもナチュラルになり美人顔を手に入れることができます。

長くなればなるほど「アレ」をしてしまってブス顔に近づく

メイクが長い人の大半はまつげなどのアイメイクと毛穴隠しに時間を費やしているようです。毛穴レスの肌は陶器やお人形のようで女性の憧れですが、毛穴を隠そうと必死にいろんなものを塗ることで時間がかかるうえに厚塗りになっていく一方です。

化粧で毛穴をなかったようにすることは正直困難です。相当の塗り重ねをしなければいけません。

そしてマスカラなどのアイメイクです。長さ用・ボリューム用などを重ね塗りすることで目力アップを目指す人も多いですが、塗れば塗るほどまつげがひじきのように固まっている女性を多く見ます。

しかし目力は女性にとって大切なので、どうしても気合い入れて時間をかけてしまうのは仕方ありません。

長時間メイクをするのであれば「アレ」に時間をかけよう

長時間メイクを回避するために日頃のスキンケアに時間をかけるようにしましょう。まずは毛穴のお手入れです。化粧品で隠すより毎日のスキンケアで毛穴レスを目指す方が効果的です。

毛穴を収縮する化粧水を使うのもいいですが、常に肌に水分を補給するためにミストの化粧水を持ち歩いたり洗顔後のお手入れで化粧水を肌へ浸透させることで毛穴は少しずつですが小さくなっていきます。

次にまつげです。マスカラの重ね塗りやつけまつげをいくつもつけると、実は自まつげやまぶたに負担がかかりたるみなどに原因になったりまつげが抜けやすくなったりします。

そのために自まつげを強くするためのまつげ美容液を使うだけでかなりまつげも伸びますし太さもしっかりしてきます。

メイクに時間をかけるより、このようなスキンケアなどに時間をかけることがブス顔メイクからの脱却になるのです。

「女性はメイクで変わる」と言いますが、変わるにしても時短メイクで綺麗に変身することが大切です。長時間メイクは忘れて時短メイクで美人顔を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事