• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼にすっぴんだと思わせる簡単お泊りメイク術

Date:2013.04.27

彼と初めての外泊。うれしい反面、恥ずかしい思いもありますね。特にスッピンを見られたくない、という思いはどの年代の女性にも多かれ少なかれあるものですよね。

特に、ファンデーションを厚めに塗っている、ナチュラルに見えてはいるがけっこうなメイクをしている、メイクを落とすと顔が大分違う、といった場合、できればメイクは落としたくないもの。

でも、シャワーを浴びてからもバッチリメイクでいるのはちょっと不自然。不自然でない程度に、すっぴんに近い、でも隠すところは隠すメイクの方法はないものでしょうか?

素肌感を表すメイク術

いかにもファンデーションを塗ってます、という肌はすっぴんには程遠いです。素肌がキレイにこしたことはないのですが、素肌に自信がない場合は、素肌に見えるファンデーションの塗り方をマスターしましょう。

素肌に見えて、それがなおかつ美しい方がいいですよね。そういった素肌をつくるには、肌が乾燥していないことが大事。肌をみずみずしく見せるには、乳液か下地クリームとリキッドファンデーションを混ぜて塗りましょう。

あまりファンデーションの量が多いと、“塗った感”が出てしまうので量の調節に注意して。また、シミなど気になる部分はコンシーラーを使って部分的に塗りましょう。できるだけ薄めに、がポイント。

マスカラは透明のものを

マスカラがばっちり塗られているのはどう見ても不自然ですね。マスカラは落としたいアイテムですが、すべて落としてしまうのは目が小さくなって不安、という場合は透明のマスカラを塗りましょう。

しっかりカールをさせて透明のマスカラを塗れば、カールをキープすることもできますし、目を大きく見せることもできますよ。

アイシャドウは控えめに

まぶたにアイシャドウを入れてしまうと、すっぴんには見えませんね。まぶたのくすみが気になる場合は、ファンデーションを塗りましょう。

また、アイラインを入れるのもすっぴんには見えなくなるので、アイラインは基本的には入れない方がいいでしょう。どうしても入れたい場合は、黒ではなくてブラウン系の色を使いましょう。

すっぴんに見える眉毛の描き方

眉毛をペンシルで描くと、いかにも化粧をしています、という感じに見えますね。眉毛が濃い人はブラシでとかすだけでいいのですが、薄い人は、パウダーかアイシャドウを使いましょう。

ペンシルで描いた場合はブラシでぼかすようにしましょう。最後に、綿棒でカタチを整えるとキレイになりますよ。

チークは頬全体に

すっぴんに見せるためのチークは、薄く、頬全体に伸ばしましょう。ファンデーションを落とすと顔色が悪く見えてしまう人は、ピンクのチークをうすく伸ばすと健康的な顔色に見えますよ。

リップクリームを使って健康的な唇

ツヤ感を出したいかからグロスを、と思いがちですがグロスはすっぴんメイクには見えません。

ほんのり赤くて健康的な唇に見せたいときには、赤い口紅をほんの少しつけて、そのうえのリップクリームを塗ると、自然な赤味が出ますよ。赤い口紅はちょっとつけただけでも真っ赤になりやすいので、少なめに。

普段からお肌のケアを

大切なのは素肌がキレイなことです。ファンデーションを塗らなくてもみずみずしい肌でいるには、日ごろのお手入れが大切。クレンジングや保湿ケアをしっかりすること、規則正しい生活を心がけて、キレイな素肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事