• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男が思わず「彼女欲しい!」と思っちゃう7の瞬間

Date:2013.04.01

1.「ごめん、今日、嫁(彼女)と待ち合わせしてて」

「今年は友だちが3人結婚しました。結婚式に参列しているときに『彼女欲しいな』とちらっと思います。もっと強く思うときは、友だちを飲みに誘ったときに『ごめん、今日、嫁と待ち合わせしてて』と言われるときです。

もうなんとも言えず、強烈に『彼女欲しい~』ってなります。未婚で彼女とデートだから・・・と断る友だちを見てもそう思いますよね」(28歳・通信)

2.ひとりで居酒屋に飲みに行ったとき

「僕はときどきひとりで近所の居酒屋に行きます。行きつけの居酒屋なので、近所のおっちゃんとかおばちゃんがいるのですが、どういうわけか、おばちゃんと話をしていると、ものすごく『彼女、欲しい!』と思います」(32歳・IT) 

3.別れた恋人をfacebookで見つけたとき

「別れた彼女を(正確には)facebookで検索して探したときですね。理由は忘れましたが、なにか些細なことで喧嘩をして別れたのですが、別れなかったらよかったな、と思っています。すごく家庭的ないい女性でしたね」(28歳・広告)

4.電車の中でカップルがイチャついているのを見たとき

「なんだかんだ言って、イチャついているカップルを見るといいなあと思います。電車の中でイチャつくのはマナー違反だと言う世論があるのは知っていますが、彼女がいないと、そもそも、イチャつくことすらできないのです。

こういう“そもそも論”を考えるようになったのも、彼女と別れてからです。なんだか、世の中をすごく客観的に眺めるクセがついてしまいました。自分ひとりが、浮いている存在のように思えてきます」(34歳・公務員)

5.夏の終わりの台風をひとりでぼんやり眺めているとき

「夏の終わりの、そうですね、ちょうどお盆開けくらいにやってくる台風を、自分の部屋の窓からぼんやりと眺めていると、無性に彼女が欲しくなります。淋しいという感覚でもないんですよね。生きるって、ひとりでは無理だなと思います」(33歳・商社)

6.カレーが3日続いたとき

「ときどき、自炊をするのですが、カレーって大きな鍋でたくさんつくります。よって、カレーをつくると3日くらいカレーが夕飯になるのですが。さすがに3日目になると彼女がいたらいいのにな、と思います。

彼女がいたら一緒にカレーを食べてもせいぜい2日でなくなるでしょうし、そもそも、カレーをつかってカレーライス以外のメニューが出てきそうですよね」(27歳・銀行)

7.真っ暗な部屋にひとりで帰ってきたとき

「彼氏がいない女性も、きっと同じなんだと思いますが、真っ暗な部屋に帰ってきたとき、無性に彼女が欲しくなります。彼女がいたら『いま帰ったよ』という電話なりメールなりができて、多少、寂しさをまぎらわせることもできますよね?

男友だちに『いま帰ったよ』なんてメールはできませんよ。やっぱり彼女がいないと、なにかと気持ちのうえで不便です」(33歳・食品卸)

いかがでしたか?もしも気になる男性がいて、その人がシングルであれば、彼がおうちに帰ったころを見計らってメールや電話をしてみると、もしかしたら、晴れて付き合えるようになるかもしれません。なんだかんだ言って、男は寂しがり屋ですし、根本的に男女ともひとりで生きていけないものなんです。

この記事をシェアする

関連記事