• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋に仕事に全てに勝ちたい!完璧・成果主義のメリットとデメリット

Date:2014.11.11

常に最新ファッショントレンドのチェックをし、オシャレに余念がなく、一目惚れしてしまった男性へのアプローチのチャンスを正確に見つけ、職場での昇進を狙う為の資格獲得への努力を怠らない。

しかも、学生時代から既に簿記に社会保険労務士などの資格を取り続けていて、クラスでもいつも‘優等生’の1人だったなど、これらの事柄が1つ以上当てはまる貴女は“完璧・成果主義者”かもしれません。

完璧主義、成果主義というのは褒め言葉でもあり、貴女がいかにこれまでの人生を有効に過ごし、そして“勝ち続けてきた”という証拠でもあるので、大多数の人に羨ましがられる存在であることに間違いはないのです。

…が、そんな完璧・成果主義の貴女にも思わぬ落とし穴に陥る可能性も否定はできません。 そこで、完璧・成果主義の長所と短所を見極めることで、陥りやすいリスクを遠ざけ“勝ち組人生”を進んで行きません?

成果や結果が第一

長 所

どんな人でも、目に見える結果や成果があると達成感や満足感を得られ悪い気分になる人はいません。この感覚が忘れられず、クセになってしまっているのが成果主義の女性達。

度重なる悲運にもめげずに、俳優の向井 理似の彼をゲットしたり、涙ぐましい努力の末、減量10キロ達成するなど、自分の人生をより素晴らしいものにしようとする強い意志と情熱…「勝ち組」には無くてはならない素質です。

短 所

 
でも、時にその強い意志と情熱が貴女の周りにいる人達には迷惑になったり、思わぬ波紋を起こす事にもなるのです。

例えば、一目で違う男性に恋してしまい、今付き合っているカレをまるで使い捨てカイロを捨てるようにフッてしまう…。あるいは気の合う友達とのパーティや職場での大事な会食でも「今、ダイエット中ですから!」と問答無用で断るなど、周りの空気を読めなくなる事もあるのです。

常に高い目標を持つ

長 所

常に高い目標を持ち、「現状維持」なんて‘ぬるま湯に浸かっている’状態は好まないのが成果・完璧主義の女性達。より美しくなる為のメイク法やヘアスタイルを模索し、人前に出る時はいつも最高の自分を演出する事を怠りません。

現に、海外の研究でも完璧でいて派手すぎないメイクをする女性というのは社会的にもキャリア的にも「成功者が多い」という結果が出ているのですから、誰に彼女達をとめる権利があるのでしょう?

短 所

 
但し、そんな常に自分の最高を求める女性というのは、自分に厳し過ぎてどんな時でも自分に満足をしていない傾向が強いのです。

要するに自尊心が低い、自己満足度が低い女性が、自分で自分のハードルを上げ続けてしまい、その目標を達成できないと自分を責め、自己嫌悪に陥り精神の不安を引き起こしかねないのです。 

逆に、その高い目標を周りの人にも求めるというケースもあるので、カレや友達そして同僚や上司に平気で痛烈な批判や意見をしてしまい、社会的に孤立してしまうリスクもあります。

努力を惜しまない

長 所

常に結果を出し続ける女性というのは、徹夜で試験勉強する事も毎晩の残業をも苦にする事が少なく、自分が‘良い成果を出す’という目標に突き進む事の出来る人。

努力なしで良い結果を得ても“達成感”が得られないので、その努力の過程さえも楽しんでいる人も多いはずです。 

短 所

この惜しみない努力というのは裏返すと、自分の見た目や能力への不安や劣等感の表れでもあるのです。

もしその努力の過程を楽しむのではなく、「この資格に合格しなかったらもうクビになるわ…」、「この子が有名幼稚園に合格しなかったらママ友のいい笑い者だわ!」などと窮地に自分を追い込むような心境だとしたら、心身ともに疲れ切って病気にさえなってしまいかねません。

常に先の事を考える

長 所

結果や成果を考えて事を始めるという事は、常に未来の事を視野に入れて行動をしているので計画的でシッカリと自己管理が出来ているという事。

実際、完璧・成果主義の人のデスクや部屋というのはチリ一つ落ちていない様な整然としていることが多いそうです。特に女性は自分や家族の未来や将来の為にと‘先手必勝’の傾向が強いのです。

短 所

 
ただ、目先の事ばかり追っているとその日やその瞬間を楽しめないのも事実なのです。目標の為に大切なカレや子供との約束をやぶり、過度に残業し、無理して仕事を引き受けてしまう等もその例です。

得る物が大きい時は犠牲が有るのも頷けますが、目先の事にばかり囚われるとその犠牲の大きさを計り間違え、結果より多くの物を失うリスクもあるのです。 

自分の仕事や恋愛の成功に向かい一心不乱も良いですが、その目標が自分を本当に幸せにするのか、その努力の日々を楽しんでいるか、周りの人を不幸にしていないかなど「人生における成果」も視野に入れるのが真の完璧・成果主義なのかもしれませんね?

この記事をシェアする

関連記事