• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

皮膚の専門家が教える乾燥肌の対策ボディケア

Date:2013.01.18

先日手の甲に小さなあかぎれのようなものをいくつか発見しました。ああ、またカサカサに悩む季節がやってきました。洗い物もお湯を使うため油分が落ちて、余計乾燥がひどくなってしまうんですね。

しかもカサカサし出すのが年々早くなってきている気がするんです。やっぱり歳のせいで代謝が落ちていることもあるんですかね。肌のあちこちが乾燥しやすいこの季節、やみくもにクリームを塗ればよいというわけではなく、乾燥のタイプに合ったものを選び正しい使い方をすることで、その効果が断然変わるのだそうです。

そこで今回は乾燥を防ぐために日常生活で気をつけることから保湿剤を使ったケア方法まで、皮膚科の専門医の意見を交えてお伝えしたいと思います。

肌のカサカサには冬の空気以外にも原因が!

冬になると肌が乾燥しかゆみを感じたり、粉を吹いたように白くなってしまうことありますよね?それには皮膚の一番外側にある皮脂膜という薄い膜が関係していたのです。皮脂膜は汗と皮脂などの水分が混じり合ってできているのですが、水分が蒸発しないように保護するという役割があります。

それが寒くなると汗をかかなくなるため、皮脂分も減ってしまいます。そうなると皮脂膜がきちんと働かなくなってしまうことで、肌表面の水分が蒸発しやすくなってしまうのです。また、皮脂膜の下には角質層という角質細胞があってその中にあるモイスチャー成分が加齢と共に減ってしまい乾燥を招くのだそうです。

乾燥には汗をかかなくなること、加齢が大きな原因となっているようです。さらに、寒さや冷えにより血行不良が起こると新陳代謝が低下して古い角質がパサパサな状態になってしまいます。そうなると皮膚のバリア機能が弱まって外からのちょっとした刺激にも敏感になりかゆみとなって感じるというわけです。

そこで皮膚のバリア機能を正常な状態に戻して、さらにそれを維持していくことが乾燥、そしてかゆみを防ぐためには大切だということになります。そのためにはどうすればよいか?日常生活で気をつけたいポイントをまとめてみました。

温度と湿度の保ち方

冬場の皮膚にとってよいは温度が18~22度、湿度は50~60度程度なのだそう。部屋に温度計、湿度計を置いて今自分がいる部屋の温度や湿度がどのくらいなのかチェックできるといいですね。

エアコンの使い方

冬の暖房としてエアコンを使用している家庭もあるかと思います。その場合、乾燥対策として大切なポイントは「換気」と「加湿」です。換気は2~3時間に1度、5分程度窓を開けて行ってください。一度室内の空気を入れ替えるだけで乾燥しにくい環境を作ることができるのだそうです。

加湿は、加湿器を使う、濡れタオルを部屋にぶら下げるなどといった対策を行うことでだいぶ違うそうです。

ホットカーペットの使い方

冬場にどうしても必要となるのが暖房器具。足元から温めてくれるホットカーペットはとても便利ですが、実はこれ、熱したフライパンに水を入れると蒸発するのと同じ現象が起きているので、素足でホットカーペットに触れていると肌水分が蒸発してしまうのだそう。

そこでホットカーペットを使用する際は、靴下やスリッパを履いた方が乾燥を防ぐためにはよいようです。そして長時間使用する場合はどうしても空気が乾燥してしまいますので、加湿器などを使って上手に対策をしてください。

電気毛布の利用法

寒い日の夜、手足が冷えるとどうしても寝つきが悪くなりますよね。そこで電気毛布を使用している人もいるのでは?しかし熱で体が温まるとどうしても水分が蒸発してしまいます。

ですので、理想的な電気毛布の使い方としては寝る前に電気を入れてしっかり温めておいて、自分が布団に入ったらスイッチを切るようにした方が肌のためにはよいようです。

次に保湿剤についてです。

保湿剤の選び方

市販されている保湿剤は大きく分けて4つあります。

① 保湿系(保湿成分が入っているもの)
② ビタミン系(ビタミンCやEが配合されているもの)
③ 尿素系(角質を柔らかくして肌をみずみずしくする作用がある尿素が配合されたもの)
④ かゆみ止め系

お店でいざクリームなどの保湿剤を買おうと思っても種類もたくさんあるためどれを選んだらよいのか迷うことありますよね?そこでまずポイントとしては、かゆみがあるかないか。

かゆみがある場合は、かゆみ止め系の保湿剤を選ぶ。かゆみ止め効果のある保湿剤を使うことで皮膚表面のかゆみが鎮静されるため楽になると思われます。3日~1週間程度使ってかゆみが止まればいいのですが、それでも治まらない場合は他の皮膚疾患が隠れている可能性がありますので、皮膚科を受診した方がよいようです。

そしてかゆみがない場合やかゆみ系の保湿剤を使ってかゆみが治まった場合は保湿系のものに切り替えてOK。

そしてビタミン系の保湿剤ですが、こちらには肌を整える効果があります。特にビタミンEには血行をよくする働きがあるため、ひびやあかぎれで悩んでいる人にはオススメなのだそうです。

また、角質が気になるという人にオススメしたいのが尿素系の保湿剤。尿素には角質を溶かす成分が入っているため硬くなっているかかとやひじ、ひざなどに使うとよいそうです。

逆に皮膚が薄い場所や傷のある箇所に使ってしまうとしみたり刺激になったりしてよくないので、使う場所には気をつけた方がよい保湿剤と言えそうです。

保湿剤の塗り方

塗り方や回数によってその効果を高めることができる保湿剤。例えば手の場合。とにかくまめに塗ることが大切なのだそう。2回保湿すれば4倍の効果が、3回保湿すれば10倍の効果が得られると言われています。家事で手荒れの気になる主婦は是非まめにケアしたいですね。

そして夜寝る前には保湿剤を手やかかとなど乾燥がひどくなりがちな箇所に多めに塗って綿の手袋や靴下をつけて寝ると効果がアップします。

もう一つ保湿材を付ける際のポイントがあります。それは2週間きちんとつけるということ。2週間で新しい角質に生まれ変わるため、2週間しっかりとケアをすること、特に初めの3日間は集中的にケアをするとだいぶ効果が上がるそうです。

保湿剤をつけながらマッサージ

手の先、足の先などの末端をマッサージをすることによって全身の血行がよくなり、保湿剤の浸透性が上がります。そして量に関してもあまりケチらないことがポイント。1フィンガーユニットといって、人差指の先から第一関節までの量の保湿剤で手の平2枚分の面積を塗るくらい、少し多めでいいとのこと。

実際指に出してみるとちょっと多いような気もしますが、この量を手にとってまず手の甲に塗り両手の甲をこすり合わせるようにしながら広げます。それから手の平に広げ指1本1本をマッサージするようにつけるといいそうです。

足のカサカサに対する保湿剤の塗り方

保湿剤を手の平にとったらふくらはぎを中心に下から上に向かって伸ばします。そして特にカサカサが気になる膝は、手の平で包み込むようにして塗ります。最後に両手の親指で膝の裏側を刺激して血流を促します。

かかとも手の平全体で包み込むようにして塗り、そのまま足の裏全体をマッサージします。

この記事をシェアする

関連記事