• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シワをとる乾燥機さえあればもう面倒なアイロンがけをしなくてもOK

Date:2014.03.23

もし、次に買う家電を食器洗浄乾燥機か、掃除機か、オーブントースターか、乾燥機か、テレビかと迷っていらっしゃるのであれば、乾燥機を購入されることをお勧めします。

乾燥機のメリット

ではなぜ乾燥機がお勧めなのかメリットでみていきましょう。

乾燥機があればアイロンいらず

毎日のアイロンがけ、ハンカチ、シャツ、Tシャツ、スカートと大変ですよね。ですが、乾燥機があれば毎日のアイロンがけもしなくてよくなるんです。洗濯物を外に干して、お昼過ぎに取り入れたあと、乾燥機にかけます。

そして熱くなったら、取り出します。このとき、素早くたたむと、洗濯ものの風合いがよくなるだけでなく、洗濯物のシワがとれているんです。多分、まだ蒸発しきれていない水分が蒸発したときに、シワが伸びると考えられます。

乾燥機に入れるのはタオルと小物、衣類だけと2つに分ける

全部乾燥機に一気に入れてしまうと、ダマになってシワが余計によります。ポイントは洗濯物が回転して自分でシワをのばしているという感じです。ですから、あまりにも量が多い時はいくつかに分けて乾燥機にかけましょう。

干すときにシワを伸ばせる

脱水した洗濯物はダマになっています。これを、乾燥機に入れて5分くらいまわして、熱いおしぼりくらいになってから、取り出して干しましょう。

そうすることで、ほとんどのシワがとれた状態で干すことができます。これをしないと、シワがよったまま乾燥してしまうことになりますから、要注意です。

さらに、あまりに短い時間で脱水後の乾燥機のかける時間を設定してしまうと、ぬるい洗濯物ができてきて、シワが伸びなくなります。ここがポイントです。さらに乾燥機を有効活用する方法があります。

タンスに眠っている一張羅を日干しする必要がない

毎年タンスに保管している一張羅ですが、毎年、天日干しをして、脱臭や防虫をする必要がありました。

ですが、乾燥機にしてからというもの、毎年、一張羅を乾燥機に「少量ずつ」いれて、10分くらいくるくるまわすだけで、脱臭と防虫とシワとりができるようになりました

先ほどの洗濯物と同じで、1年間眠っていたことによってついて、湿気が蒸発するときに、匂いもシワも伸びているということになるのでしょう。

また、ダウンコートなどのコートやマフラーやストールも、寒い日は乾燥機にかけてから着るとフカフカになっていますし、毛布や布団にも応用できます。

大きなスカーフなんかも、出かける直前に乾燥機にいれて回してから着るとシワが伸びて風合いが良くなっています。雨の日に濡れたコートなんかも乾燥とともに、シワが伸びます。

いかがでしょうか?乾燥機、とってもお勧めです。

この記事をシェアする

関連記事