• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

春の乾燥肌荒れ!万全な保湿対策は目元から。

Date:2014.02.24

肌の乾燥の悩みは世界の女性たちの悩みです。ヨーロッパの国々では日本の想像を超える乾燥があるため、しっかりクリームを塗ることは若い世代はもちろん高齢なマダム達も心がけています。

日本はまだましというものの、湿度の高さに肌が慣れているため乾燥に対してバリアができないのが実情なのです。湿度のある状態を保つため、保湿器が売れているのもうなずけます。ある美容家の方は寝室に必ず保湿器を置くように勧められます。

しかし保湿器だけのケアでは、もちろん乾燥を防げません。乾燥肌でも症状は様々ですが、洗顔後30分以上化粧水をつけているほどの方は極度の乾燥肌への道を進んでいます。

きちんとしたケアをしませんと…赤みや腫れ、かゆみに悩まされますからご用心ください。

乾燥肌さんに危険な時期にさせるのは花粉

乾燥が進むのは秋から春にかけて。と言っても春は特に危険な時期です。春特有の花粉が原因なのです。花粉症ではないという方の方が少なくなってきたので、すべての女性が気を付けてほしい時期です。

最近ではPM2,5など化学物質が飛散し、花粉と結合して肌に入りやすくなっていると皮膚科医も認めています。乾燥しやすい部分となるのが目の周り、口の周りです。

クリームなどの化粧品も目もとと口周りは避けるようにと書かれているように、いわゆるデリケートゾーン。乾燥ははじめかさかさしたり、少しかゆいなと思う程度です。しかも目もとのかゆみは目の周りにクリームを塗っても、治りません。

万全保湿にはホットタオル

ですから、乾燥による症状を皮膚科のステロイドで治す必要がでる前に!目もとの万全な保湿を行いましょう。朝晩の目元のホットタオルのパックがおススメです。

いつも使用されているクリームを塗ってホットタオルでパックをすれば、目もとだけでなく顔全体がしっとりして保湿が高まります。忙しい朝は難しいかもしれませんが、仕事などで外出が多い方ほどしっかり朝パックされると効果が違います。

夜の時間など時間のある時はクリームだけでなく美容オイルもおススメです。例えば「ホホバオイル」。このオイルは人の肌の成分とよく似た成分があるため吸収しやすく肌に刺激を与えません。

オイルの使い方として、手のひらに乗せオイルを少し温めたら顔全体に塗っていきます。出来ればサロンのエステシャンになったつもりで、あごあたりから頬へリフトアップさせながらマッサージをし目の周りのリンパを刺激しながら行います。

それからホットタオルでパックしてみてください。特に目のあたりを意識してみましょう。

もしかゆみが出てしまったら…

かゆみが出てしまった場合、目の周りの乾燥を眼科で診てもらう事が早道です。目の周りは目から出ている天然ワックスで守られています。その天然ワックスが出なくなるとかゆみや赤みが出てくるわけです。

ただ眼科も様々ですから、良い診察を受けられなくても諦めずに「よい眼科」探してください。漢方など内服薬も出して下さる眼科は地方でも必ずあります。皮膚科に相談するのは一番最後にしましょう。

この記事をシェアする

関連記事