• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏はビールだ!飲みすぎ注意!足の簡単ストレッチで肝臓ケアを

Date:2014.05.16

夏になると、テレビや街の中にビールの広告が増え、そこここにビアガーデンがオープンし、「さあ、どうぞ。さあ、どうぞ」とビールのお誘いがやってきますね。

ビールが苦手な人も、同僚や彼氏の誘いに酎ハイやカクテルでお付き合いしたりして、アルコールを飲む機会が増えるのではないでしょうか。

仲間たち大勢で飲みに行ったり、にぎやかな場所で飲んだりすると、ついつい飲む量も増えてしまいます。その場は楽しく飲むことができて良いですが、アルコール分解作業に追われる体は大変です。

そこで、肝臓を酷使するこれからの季節にあった、簡単な足のストレッチを紹介します。

経絡を刺激して肝臓に働きかけるストレッチ

東洋医学において、気の流れる道筋と考えられている「経絡」。肝臓の経絡は足の親指から始まり、脚の内側のラインに沿ってあります。

脚の外側には胆嚢の経絡がありますが、肝臓の経絡と胆嚢の経絡は表裏一体と考えられているので、その両方を刺激するストレッチを紹介します。

1. 左脚を伸ばして座ります。

2. 左足を外側に倒し、左足の甲の上に右足を乗せます。右足で左足を地面に向かって圧し、左足はそれに対して足を起こすように抵抗します。

3. 深くゆったりした呼吸で三呼吸分キープしたら、ゆっくりと足を戻します。

4. 左足を内側に倒し、左足の甲の上に右足を乗せます。右足で左足を地面に向かって圧し、左足はそれに対して足を起こすように抵抗します。

5. 深くゆったりした呼吸で三呼吸分キープしたら、ゆっくりと足を戻します。

6. 足を変えて、同様にします。

抵抗を加えることで、脚の内側・外側のラインが刺激されるのがわかるでしょうか。抵抗する際、あまり足の指先だけに力が入らないように、足全体を使って抵抗してみてください。

開脚斜め前屈体操も効果あり

紹介したストレッチでは、肝臓の経絡、胆嚢の経絡と順番に刺激しましたが、一度に両方の経絡を刺激するストレッチもあります。「開脚斜め前屈」です。みなさん柔軟体操などで、一度はされたことがあるのではないでしょうか。

開脚して座り、左右の脚に向かってそれぞれ体を倒す前屈体操です。脚の筋を伸ばし、内側・外側の経絡に同時に働きかけます。前屈する際、息を吐きながら行うのを忘れないようにしてください。

でも、お酒もほどほどに…

肝臓に効くストレッチを紹介しましたが、今日やって明日の飲み会に速攻で効くというものではもちろんありません。テレビを見ながらでもできる簡単ストレッチですので、日常の中に取り入れて、継続して行うことをお勧めします。

お酒もほどほどに…。飲んだお酒と同じくらいの水分を摂るようにしたり、二日酔いを防ぐ効果があると言われるあさりやしじみ、脂肪分を多く含むナッツ類や、オリーブオイルを使用したサラダなどを一緒に食べるようにしたり、飲食そのものにも気をつけてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事