• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ああ、勘違い。思い込みでのめりこみ易い間違い恋愛10タイプ

Date:2014.11.24

真実の愛。これは本当に実在するのもなのでしょうか?

人々の中ではこれはもはや存在しないという寂しい見解があったりもして。

愛にさまざまな形のものがあることはみなさんご存知でしょうが、厄介なことに、他の感情も愛と混同されてしまうこともしばしばあります。

「私の今の思いは、愛なのかな?それとも別のなにかなのかしら」こんな風に悩んでいるとしたら、この記事が役に立つかもしれません。

同じ経験を共有した関係

とっても喜ばしいことにせよ、つらい経験にせよ、何か強い感情を呼び起こすような経験を共有した相手とは精神的な結びつきが強固に作られます。

これが愛と混同されることがあるようです。

私たちは一緒にいろいろなことを乗り越えてきた」という理由で一緒にいる、これは愛ではないと気づく必要がありそうです。

元カレとの再会

別れた彼と、久しぶりに会ったら気持ちが再燃した・・・。これって結構あることかもしれません。

自分が別れるときにどんなことがあったか、どんな嫌なことがあって別れを決意したかなんていうことはもうすっかり忘れて、楽しかったころの思い出だけが残っている状態での再会も、愛と勘違いされやすいポイント。

最初はお互いに思いやって幸せな時を過ごせるかもしれませんが、すぐに別れた頃の気持ちを思い出し、気持ちが覚める可能性大です。

肉体的な相性

愛は、愛。セックスは、セックス。別に考えるべきことなのに、これを一緒にしてしまうのも女性には多いですね。

肉体的な相性がばっちりでも、心までそうかというと、必ずしもそうではないのですよね。

最初のころの方は愛されているという勘違いをしていても、そのうちに心の寂しさにふと気が付いてものすごくがっかりすることが多いでしょう。

ひと夏の恋

休暇中、旅先などでの出会い。「まあ、なんてパーフェクトなの!」と思う人と出会うときがありますよね。

夏の日差しに、海に、笑顔に・・・。すべてがロマンティックに輝いて見えます。

しかしながら休暇が終わって現実に戻ると、「あれ、こんなはずじゃなかったのに・・・」と白けてしまうもの・・・。

この人なら、助けてくれる・・・?

仕事や人生の辛い時期を経験しているときに、ぱっと現れる男性。

たくましくて、精神的に安定していて、あなたに手を差し伸べてくれる・・・。

こんな風に辛いときに頼りたくなる心、これも愛と混同されやすいもの。

自分はこの人を頼りたいだけなのか?それとも本当に愛しているのか?よく考える必要がありますよ。

手ごろな相手

信頼できて、いい人で・・・。なんとなくいいなと思う人。

その人を恋の相手に選ぶのは、何より相手が近くにいるから、ではないですか?

理想からしたらそこそこだけど、ずっと一緒にいて心地いいし、楽だし。

これはあなたにとって真実の愛ではなく、ただ単に楽な道を選んでいるだけです。

王子様からのアプローチ

誰から見ても完璧と思える男性から好意を寄せられたら、誰だって悪い気はしないはず。

優しくて、ハンサムで、仕事もできて、人望も厚い・・・こんな人からの誘いにはほいほい乗っちゃうのでは?

でもこれは本当の愛なのか。見栄だったり、かっこいい人と付き合いたいという欲だったりしませんか?

恋に恋する

これは10代から20代前半の若者に多い現象かもしれません。

誰かを恋する自分に恋する。男性を偶像化する。けれど愛ってそんなふわふわしたものじゃなくて、いいこともあれば悪いこともある。

すべてをひっくるめても彼のことを愛せるか?そこのところを自分の心に聞いてみてください。

感情を揺るがせる相手

この人、大嫌い!と思うほどひどいことをされた後に、がらっといい気分にさせてくれる男性。

こうやって極端な行動をとる相手に対してもなぜか、人は好意を抱いてしまうもの。

いい気分にさせてくれた時のことばかり思い出して彼を愛している幻想に浸りがちですが、気を付けて。

あなたのことをひどい気分にさせるのもまた、この人なのですよ。

禁断の恋、不倫

相手のいる男性との恋は危険でエキサイティング。綱渡りのドキドキ感は愛と勘違いされやすいものです。

あなたは彼のことを本当に愛していると思っているかもしれませんが、その愛よりも秘密や苦労が多いのも事実。

何より、これからの人生を誰かを裏切っている男性を過ごしたいと思いますか?

いかがでしたか?読んでいてぐさっと来るポイントがあった方もいるのでは。

これらの勘違いがもしかしたら真実の愛に転じることもままありますが、まずは自分の気持ちが大切。

よこしまな気持ちや、依存心、その他の感情を愛と混同していないか自問してみてください。

この記事をシェアする

関連記事