• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おしゃれで快適な部屋にするには観葉植物!そのお手入れ方法!

Date:2012.12.18

お部屋に観葉植物が置いてあるのって何だか素敵ですよね。インテリアとしての見た目だけではなく、実際に植物のパワーで元気がもらえますし。お部屋の空気がきれいになるのも魅力的。

お部屋に置きたい観葉植物。「上手く育てられない」という人にも安心な5つのルールがあります。ぜひとも参考に、今日からお部屋に観葉植物を取り入れてみませんか?

買った植物をまずは植木鉢に移しましょう

最近はかわいい植木鉢のままで売られているものもありますが、よく見かけるのは、黒くて薄っぺらな、その場しのぎのポットに入れられていたりしますよね。そのままにしておくのはあまりにも植物に申し訳がありません。雑すぎ(笑)。

それひとつで、今までお部屋掃除をキレイにしようと頑張ってきた事が、すべて台無しになってしまいます。せっかくなのでかわいい植木鉢を選びましょう。

最も適した植物の置き場所とは?

日当たりの良い部屋だったら、窓際に置くのが理想なのですが、それでは日当たりが悪い部屋だったらどうすれば良いでしょうか?そんな時は工夫して、光を作り出してみましょう。

①天井にトラックライト(絵画を照らす為の照明)を取り付ける。実はこの明かり、花をつける植物に適している光なのです。それと温度も大切です。日中の気温が18℃~24℃くらいの時期に、植物は最も成長すると言われています。
②中でも24℃を超える夏場は、水遣りの頻度を増やし、朝は葉に霧を吹きかけるようにしましょう。ただし、強すぎる日光から守るといっても、日光が全く必要ない訳ではありません。日当たりの良い場所に置いておくのをオススメします。

水をやり過ぎない事も大事

水をやる事が愛情表現だと思っていませんか?子供だってかわいいからと言って甘やかしすぎたらとんでもない子に育ちますよね。まさに植物にも同じ事が言えます。

実は必要以上の水をやって水浸しにすると、根腐れしてしまいます。土を手で触ってみる事が大事です。土が乾いていてヒビが割れていたら水やりが必要なレベルです。

指に土を差し込んで、2、3センチくらいの深さまでかすかに湿っていれば、ベストな状態と言えます。ところで植物は生ぬるいくらいの水を好みます。急に冷たい水をかけてビックリさせないようにしてあげてくださいね。

葉の手入れはどうすればいいの?

定期的に茶色くなった葉をハサミで取り除き、土の表面が固まってしまわないように時々手でほぐしてあげます。その時に鉢から出てきたすべての残骸を取り除きます。古いものはどんどん排出して、新しいものを取り込みましょう。

それは人間と同様に、植物にも同じ事が言えるという訳です。そうする事でより大きく健康的な植物に成長するのです。

丈夫で元気に育った観葉植物によって、アナタもとてもリラックスした気持ちになれるのです!お部屋に是非と観葉植物を取り入れてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事