• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分の顔に合わせて個性を引き出すメイクをするコツ

Date:2013.05.24

お嬢様っぽく見せたいならこんなメイク、仕事ができるクールな女性に見せたいならこんなメイク、などメイクの方法やコツは雑誌やネットなどでいろいろ紹介されていますね。

でも、その通りにメイクをしても、なんか変、とかイメージと違う、などと感じることがありませんか?それは自分の顔に合っていないからです。

○○風メイク、を目指して無理にそうするよりも、自分の顔のパーツを意識したメイクの方が、よりインパクトがあり美しく見えるのではないでしょうか?みんなと同じメイクをしていても、個性がなくなってしまうだけです。

また、メイクがマンネリ化していませんか?女性の顔は年齢とともに変わるもの。それに合わせたメイクをして、自分の美しさを追求しましょう。

自分の顔を鏡で見る

まずは自分の顔を鏡で見てみましょう。いつも見ているとは思いますが、一つひとつ検証しながら見ていきます。

眉毛の形、眉毛と目の間の距離、目の大きさ、目の形、目の位置、まつ毛の長さ、下まつ毛の長さ、鼻の形、鼻の高さ、唇のカタチ・大きさ、下唇と上唇の厚さ、顎の形、頬のふくらみ、シミ、シワ、そばかす、など肌の調子、耳の位置、首の長さなどを確認してみます。

その中で気になった部分があると思います。このパーツはいやだ、直したい、こうしたい、という部分とこのパーツは好き、という部分があるでしょう。その好きなパーツを見つけましょう。

好きなパーツが見つからない?

いくら見ても好きなところなんか見つけられない、なんてことはないはずです。目は大きくなくてもカタチがキレイ、とか下唇がぷっくりしているとか、唇の色がいい、顎のラインはまあまあ、肌にトラブルはない、など何かしらあるはずです。

または、今まで誰かに褒められたパーツはありませんか?そんなことを思い出してみましょう。大切なのは自分の顔のパーツを好きになることです。

そのパーツをより強調する

例えば目に特徴があったり、自分のお気に入りのパーツであればそれをより魅力的に見せるメイクを心がけます。大きな目ならさらに大きく見えるように、切れ長の目ならよりシャープでクールに見えるメイクを。

唇のぽってり感が色っぽいなら、さらに色っぽく。肌がキレイなら、さらに美しく見せるベースメイクを。それらがチャームポイントとなり、インパクトのある顔になりますよ。

自分に似合うカラー

それぞれの特徴をより魅力的に見せるためには、カラーを使うことも必要です。

切れ長の瞳ならそれがよりクールに見せる色のアイシャドウを使います。涼しげな目元を強調したい場合は、寒色系の色がおススメですが、同じブルーでもいろいろなブルーがありますね。どのようなブルーが似合うのかは、つけてみて確認します。

強調したい部分に色を乗せたら弱くなった、という場合はその色は似合っていない色、ということになります。一番強調される色を探しましょう。

唇に関しても同じです。ぷっくりした唇を強調したい場合は、どんな色が一番ぷっくり見えるか、という点から唇の色を探しましょう。

魅力的に見える見せ方を知る

メイクをした顔をどのように見せれば、より魅力的に見えるか、ということを研究することも大事です。

正面、横、斜め、上、とさまざまな方向から自分の顔を見て、どう見えるか、と知りましょう。正面はよく見ているかもしれませんが、横顔や斜めからの顔はどうなっているのか、よく見たことがないのでは?

でも、他人はさまざまな角度からあなたの顔を見ています。様々な角度から見たときの自分の顔、それぞれのパーツを見て、キレイに見えるかを確認しましょう。

魅力的なパーツは一つだけ?

自分の顔の中で好きなパーツが一つとは限りませんね。いくつもあれば、それらすべてにおいて、研究してより魅力的に仕上げていきましょう。自分ではどうしても見つからない、好きなパーツがない、という場合は友達などに聞いてみるといいでしょう。

自分では嫌いだと思っていた部分も、他人から見たらチャームポイントとなっていることもあるものです。きっと素敵な部分が見つかりますよ。

この記事をシェアする

関連記事