• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

インド美人直伝!美肌になれる顔のシンプルな洗い方

Date:2014.06.03

透明感があり、なめらかな美肌は多くの女性のほしいもの。そんな美しい肌を作るのは日々のお手入れです。しかし・・・。いったいどれくらいの女性が、正しい洗顔法を行っているでしょうか。

ちゃちゃっと顔を濡らし、洗顔料を塗って数秒間こすって洗い流す・・・なんていうのは洗顔にはなりませんよ。あなたのお肌だって、輝くためにはきちんとしたお手入れを必要としているのです。

正しい洗顔をきちんと行うことで、あなたの肌にどんな変化が起こるのか。それは本当に驚くような結果になると思います。あなたが今悩んでいる毛穴の汚れやニキビ、テカリなども、もしかしたらその大慌ての洗顔の影響なのかもしれません。

この記事で洗顔方法を見直し、日々のお手入れから美肌になれるような生活を始めてみませんか?

1.まずは手をキレイに

急いでいるからと言って、手を洗わずに直接洗顔料を泡立てて顔に塗りつけていませんか?いろいろなものに触る手は、雑菌でいっぱい。きちんと手を洗ってから洗顔しないと、手の雑菌があなたの顔に移っておしまい、ということになりかねません。

2.メイクをとって

洗顔料を使って顔を洗う前に、メイクをきちんと落としましょう。メイク落としやココナッツオイルなどの植物オイルを手に取り、肌を優しくマッサージ。その後濡らしたコットンで顔を拭って汚れを取り去ります。

3.ぬるま湯で顔を濡らす

メイクの取れた顔を、ぬるま湯で濡らしましょう。熱いお湯は使わずに。お肌の潤いを奪ってしまいます。ぬるま湯はあなたの毛穴を開かせつつ、肌の潤いはキープしてくれます。

4.洗顔

石鹸成分の入っていないPHバランスの整った洗顔料を使うのが理想的。クリームタイプの洗顔料は乾燥肌さんに、ジェルタイプならオイリー肌さんにおすすめ。ノーマル肌さんなら泡立つタイプのクリーミーなもの、敏感肌さんなら成分がマイルドなものを。

肌を乾燥させるような強力なものはオイリー肌さんにもおすすめしません。肌から必要な油脂をとってしまいます。

5.洗顔も優しく

適量の洗顔料を手に取り、よく泡立ててから顔にのせます。優しいタッチでくるくるとマッサージしながら顔を洗っていきましょう。鼻やおでこ、あごには皮脂が溜まりやすくなっているので念入りに。

45秒から1分は、最低でも洗顔にかけましょう。目の周りは顔を洗い流す直前に特に優しく洗い、首も丁寧に洗います。

6.オプションで布洗顔

肌に残った汚れをすべて落としたいのなら、この後にモスリンの柔らかい布でマッサージしましょう。清潔な布を軽く湿らせ、洗顔の泡の残った状態の肌をマッサージしていきます。

布で顔を洗うことでいらない皮膚などがさらにとれて、肌の質感がアップします。布はできれば一度きりの使い捨てにし、清潔さを保つようにしましょう。

7.お水で洗い流す

冷たすぎる水ではなく、適温のお水で顔を洗い流します。洗顔料が顔に残らぬよう、丁寧に洗い流しましょう。

8.水分をとる

けっしてごしごしこすらず、ぱたぱたと軽くパッティングするように顔の水分をタオルなどでとります。

9.トーニングで完了

化粧水で肌を整えます。汚れが完全に取れた肌を潤いで満たしていきます。コットンなどで化粧水をつけるのなら、なるべく自然に近いものを選びましょう。

正しい洗顔方法は、必ずあなたの肌によい影響をもたらしてくれます。よりよいメイクさえも、美しい肌にのってこそ最大の効果を発揮するのです。正しい洗顔方法は時間はかかります。

しかしその1秒1秒こそがあなたの美肌への投資の時間になると思えば、決して無駄な時間ではないということがわかるでしょう。さあ、きちんとしたお手入れで、さらなる美しさを手に入れましょう!!

この記事をシェアする

関連記事