• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

さよなら、汚れて開いた顔の毛穴!引き締めケアで目指せ赤ちゃん肌

Date:2014.06.21

芸能人でもこの人赤ちゃんのような肌だな~と思う人は毛穴がまったく目立ちませんよね。そもそも、この芸能人に毛穴が最初から存在していたのだろうか?そんなありえない疑問までもってしまいます。

見た目年齢やパッと見のお肌を左右する毛穴。毛穴の原因や開いた毛穴を赤ちゃん肌へと導くためにはどんなことをしたらいいのかを検証してみましょう。

毛穴が気になる原因

毛穴が気になっている人は

①皮脂つまり

②黒ずみ・汚れ

③ぱっくりひらいた毛穴

などを理由にすることが多いです。これらの毛穴が気になる原因はお手入れにあります。毛穴の原因は洗顔方法に問題があり、お肌が乾燥している恐れがあります。

お肌が乾燥すると、お肌は自分で自分のお肌を守ろうと油分を過剰にだします。その過剰な油分が皮脂を詰まらせたり汚れてしまう原因を作り出します。

毛穴が目立つとメイクが決まらない

お肌が乾燥している状態でメイクがキレイに決まるわけがありませんよね。ぱっくり開いた毛穴の中にファンデをぬるとお肌がボコボコなのが目立つだけです。

自分でも汚いメイク仕上がりだなと思っているかもしれませんが、ほかの人はそれ以上にドン引きかもしれません。毛穴が目立つとメイクの仕上がりも美肌からも遠ざかりモテるチカラさえも失う・・・それくらい怖いことなのです。

頬の毛穴がぱっくりと開いている時はお肌が乾燥しているサインです。みかん肌と呼ばれる現象ですが、あまり嬉しくないネーミングですよね。みかん肌バージョンの毛穴には保湿用の美容液を朝・夜・メイク直しの時にも使い、乾燥からお別れをしましょう。

いちご鼻の原因も毛穴

小鼻の周りの黒ずみお肌はいちご肌と呼ばれます。毛穴汚れがいちごのぶつぶつのように見えるからです。これもかなり嬉しくないネーミングですが、いちご肌に悩んでいる女性はとても多いのです。

毛穴パック等で毛穴汚れを掃除して、そのあとに毛穴がキュッと引き締まる収れん作用のあるローションをぬってあげましょう。ローションをぬらずに放っておくと開いた毛穴に汚れがまたたまり、毛穴汚れが改善しなくなってしまうことも。

汚れをしっかりととったらしっかり保湿を忘れないようにしましょう。そうすることで毛穴はいつまでもきれいな状態を保つことができます。

毛穴は一度開くと元に戻らない?

一度開いた毛穴はもう二度と元の状態には戻らないのでしょうか?決してそんなことはありません。これからのケア次第では赤ちゃんの様なお肌へと近づいていきます。そのために必要なケアは

①汚れをしっかりと取り除いてあげるケアをする。メイクや皮脂などお肌に必要のない汚れがいつまでもお肌に残らないように洗顔をすることが第一条件です。

②汚れを取り除いたお肌にうるおいをしっかりと与えて毛穴を引き締めるケアをする。汚れを取り除いたばかりの毛穴は開きっぱなしです。そのまま放っておけば汚れはたまり放題です。

収れん作用のあるローション、ビタミンCが配合されている化粧水・乳液等で毛穴を引き締めることが大切です。

ケアの仕方次第で簡単に赤ちゃん肌を誰でも手にすることができます。

この記事をシェアする

関連記事