• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

オシャレな女性は髪色にもこだわる!秋冬おすすめのヘアカラー

Date:2015.01.29

shutterstock_111899231_

髪の美しさは女性の美人度を決める要因ですよね。たとえ顔の造りがそれほどきれいではなくても、髪がきれいでつやつやとしていると美人に見えるのです。髪がしっかりとお手入れされている女性は清潔感も感じられますよね。

ただし毎回同じヘアスタイルばかりではつまらないですね。オシャレな女性はヘアの流行にも敏感。長さやカラーを変えてトレンドを取り入れるのです。長さを変えたくない方はカラーでオシャレを楽しみましょう。

秋冬は落ちついた色が人気

春夏の強い日差しから秋冬になると日も短くなりますね。空気も乾燥して冷たい季節になってきます。そんな時期にぴったりなのが暗めのカラーです。

夏には外国人並みの髪色に明るく染めていた方でも、秋冬になると日本人本来の髪色に近い暗い色に染め直す方が増えるのです。毎年秋冬には暗めのカラーが流行色として紹介されています。

カッパーとアッシュって?

ヘアカラーの色といえばブラックやブラウンを使って表現するだけではないのです。単なるブラウンやブラックでは複雑な色合いは出せません。

そこでもっと色を細かく表現するために色同士を組み合わせてオリジナリティの高いカラーを作りだすのです。

今年のヘアカラーの流行色を表すキーワードはカッパーとアッシュです。まずはそれがどんな色なのかについて理解しましょう。

  • アッシュ系とは
  • よく美容室のサイトなどでカラー紹介のページにてアッシュ系という言葉が聞かれますが、それが何色を意味しているのかわかりますか?アッシュとは英語でash(灰)のこと、つまり灰色を意味します。

    もちろんヘアカラーをするときに灰色をオーダーする女性はほとんどいらっしゃいません。主にアッシュ系ブラウンといったように、おおもとの色にプラスして別の色合いをを出す時に使われるのです。

  • カッパーって何?
  • 今年の流行色としてもう一つ注目なのがカッパー。これは英語で銅の事を意味します。ヘアカラーにするとブラウンやちょっとオレンジ色が入ったブラウンをイメージして頂けるとわかりやすいです。

  • なぜ人気?
  • このカッパーとアッシュ系が秋冬のトレンドカラーなのですが、その人気の理由とは何でしょうか。それは日本人の本来の髪色や肌色にぴったりとマッチしているからです。

    日本人で白人並みに明るく髪色を変えている方を見かけますが、はっきりいって似合っているとは言い難いですよね。日本人の肌の色、顔の雰囲気とはどうも合わないのです。せっかくの顔立ちが髪色で台無しになっているケースも見られます。

    その点カッパーやアッシュ系の色は日本人の肌や髪色にとてもよく似合うので、誰が挑戦しても似合いやすいのです。おまけに肌もきれいに見せてくれる色ですから美人度もアップしますよ。

ヘアスタイルはふんわり系が人気

ヘアカラーと合わせてヘアスタイルも少し変えてみましょう。人気のシルエットはふんわり系です。

  • 女性らしさ満点
  • ふんわりとしたヘアスタイルは女性らしさを醸し出してくれます。そして優しい色合いのヘアカラーがさらにそれを引き立ててくれます。

  • 小顔効果も
  • 髪がふんわりしていると顔の大きさが目立たなくなります。顔が小さく引き締まって見えますよ。

  • パーマをかけよう
  • 髪にボリュームがない、ハリやコシがなくてすぐにぺしゃんこになる方は、パーマをかけてみましょう。ゆるいボディパーマをかけると、くせ毛っぽい雰囲気や自然なボリューム、ふんわり感が出せます。

    普通や固い髪の方にもパーマはおすすめ。自然なウェーブやボリュームがキープできるので、スタイリングがとっても楽になりますよ。

    また秋冬は北風が強くて冷たい季節ですね。パーマをかけておくと強風のときでもヘアスタイルが崩れにくくなります。

カラーをキープするには

せっかくきれいに染めたヘアの色。長い時間染めたての色をキープしたいですよね。

ヘアカラー前の注意点

ヘアカラーするなら自分で染めるか、もしくは美容院にて染めてもらうことでしょう。染める前の注意点としては、その当日もしくは前日のシャンプー、リンス、トリートメントの使用を極力避けることです。

その理由はシリコンにあります。シャンプーやトリートメントには髪に艶を持たせるためにシリコンが配合されているのです。このシリコンが髪をコーティングしてしまうため、ヘアカラーの色が入りにくくなってしまうのです。

近頃はこのシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーがブームですよね。髪の汚れがひどい時はそれを使いましょう。一般に生活している程度で付着する髪の毛の汚れやごみは、お湯で洗い流すだけで十分に落ちますよ。

カラー直後の注意点

美容院でやってもらっても自分で染めてもヘアカラーは頭皮と髪に大きなダメージを与えます。できるだけ早くそのダメージから回復できるようなケアが必要となります。

カラー直後は髪や頭皮にできるだけ刺激を与えないようにすること、トリートメントで髪に栄養を与えることに重点にお手入れをします。

内側からのケアだけでなく、栄養バランスの整った食事をとり、睡眠を十分とることでダメージからの回復が早まります。

普段のお手入れ

日ごろのお手入れにも注意する点があります。シャンプーですがカラーが落ちにくい処方のシャンプーを選ぶのがおすすめです。一般のシャンプーを使うよりも色持ちがよくなります。

カラーは艶が命

美しい髪は艶が命です。カラーをした後でもそれが映えるのは艶があるからです。カラーの後は髪がぱさつきがちになりますので、しっかりとケアして艶髪を目指しましょう。

  • 保湿重視
  • ヘアカラーをすると髪と頭皮がダメージを受けています。それが髪のパサつきの原因になってしまうのです。

    夜シャンプーの後はトリートメントをして栄養補給を、朝起きてからは洗い流さないタイプのトリートメントを使って髪の乾燥対策をしましょう。

    秋冬は湿度も低く乾燥していますし、夏ほどではないですが紫外線も降り注いでいます。それからのダメージを避けるためにも、髪全体をUV効果のあるスタイリング剤でコーティングするとさらに効果的ですよ。

  • シャンプーの回数を減らす
  • 秋冬でも寝ている間に汗をかきます。またスタイリング剤やほこりやごみで汚れた頭皮をきれいにしようと、秋冬でも毎日シャンプーしている女性がきっと多くいらっしゃいますよね。

    秋冬ならシャンプーの回数を一日おき程度に減らしても問題ありません。春夏ほど汗をかきませんし、シャンプーするだけで頭皮や髪がパサついてダメージを受けるからです。

    お湯で洗い流すだけで汚れは落ちますし、頭皮もそれほど臭わないはずです。シャンプーの香りを保ちたいなら代わりにヘアコロンを使えばよいだけのことです。

  • ドライヤーに注意
  • 髪は洗ってからしっかりとドライヤーで乾かしますし、朝起きて寝癖直しのためにドライヤーやコテを使うことがありますよね。ドライヤーの熱でも髪はダメージを受けてしまいます。

    髪を乾かすだけの目的ならドライヤーと髪の距離を少し保って、高い熱が髪に伝わらないようにしましょう。コテの場合は直接髪に熱が伝わりますので、事前に熱から保護する効果のあるスタイリング剤を塗っておくと髪のダメージを軽減できます。

この秋のモテ髪の条件は艶のあるトレンドカラーです。乾燥する季節だからこそ艶のある美しい髪をキープしてオシャレな美髪を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事