• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

振られても嫌われてなければ終わりじゃない!彼を射止める方法とは?

Date:2013.12.03

「振られても嫌われなければ終わりじゃない!」これは、振られたけれど諦めずにアタックした結果、彼を射止めたある女性の言葉です。告白して断られたら諦めることを当たり前とせずに、追い求めて彼を振り向かせた女性は意外と多いようです。

今回は、振られても男性を射止めた女性たちのサクセスストーリーをご紹介します。一度で諦めずに追いかけたほうが成功率は高くなるかも?!

振られても距離を保ったIさん(26歳)の話

バイト先で知り合った彼に恋をしたIさんは、振られた後どのようにして彼を射止めたのでしょうか。

「お互い大卒のフリーターで話が合うし、お互いに恋人が居なかったので休日に遊ぶことも多かった。だから告白は絶対うまくいくと思っていました。でも、『友達にしか見えない』と断られちゃったんです。

友達として今まで通り付き合おうと自分を納得させましたけど、バイト先で会うとやっぱり好きだと実感しちゃうんですよね。だから、バイトを辞めて彼とはメールや電話で友達的な付き合いを続けました。

私がバイトを辞めてから『つまんなくなった』とか『新しい子が入ったけどノリが合わない』とかバイトの愚痴を聞かされることが多くなって、ある時『やっぱIって友達じゃないんだって気付いた』って言われたんです。

意味がわからなくて『友達じゃないなら私って何?』って聞いたら『多分彼女とかそういう感じなんだよ。付き合ってみる?』と言われたんです。好きとは言われてないんですけど、その日から恋人みたいな関係なので多分それが告白だったんだと思います。

バイト先は彼と離れたけれど辞めたから付き合えたので変化も必要だったんでしょうね」

Iさんのように電話やメールで距離を保ちつつも会うことは控えるという方法によって、彼にとって気になる存在になるかもしれません。

振られても相談相手になったTさんの話

恋人が居る相手に告白したTさんは、振られた後どんな方法で彼を射止めたのでしょうか。

「彼とは大学時代からの友達で、その時から付き合っている彼女との関係についての相談を受けることが多かった。だから、異性としてというよりは友達として見ていました。

単なる男友達の一人だったんですけど、浮気を繰り返す彼女の話を聞かされていたらだんだんイライラしちゃって、3回目か4回目の浮気された話を聞いた時に『そんな女と別れたほうがいい!』って彼を怒鳴ったんです。

後で別に怒る必要は無かったのにどうして怒ったんだろうと冷静考えたら、彼に好意を抱いていると気づいたんです。彼は優しいし一緒に居てすごく楽しい、そんな相手どこにも居ないって・・・。

それで彼女との関係が終わりかけているから、伝えるならチャンスかもと告白しました。けど振られちゃいました。

『気まずくなるのは嫌だからこれまで通り友達でいようね』と彼に言われるまま友達関係が続きましたけど、相変わらず彼女とは上手くいっていない話しを彼から聞かされて『こうなったら彼にとって一番の理解者になろう』と決めたんです。

それから数カ月位、色々親身になって相談に乗っていたら『お前いい奴だよな。俺はどうして彼女じゃなきゃ駄目なのか最近わからなくなった』と言われたんです。

これはもしかしてイケるんじゃないの?って期待していたら『俺に必要なのはどっちかわかった。ちょっと待っていてくれ』と彼は彼女と別れる決心をしてくれたんです。きっぱり縁を切るまで色々ありましたけど、今は恋人として友達としてお互いに支え合っています」

告白しても友達として彼を支え続けた結果、彼が振り向いてくれたと嬉しそうに語るTさん。理解者になると決意してから辛いこともあったでしょうが、Tさんは常に前向きに考えることに徹していたそうです。

告白して振られた後は、落ち込んでマイナス思考に陥りがちですが、Tさんのように彼を支える役に徹することで前向きになり、失恋から立ち直り、最終的に彼を射止めることが出来るのかもしれませんね。

振られても想いを伝え続けたEさんの話

ご紹介した2人は、告白して断られてからは相手に想いを伝えることはなかったようですが、Eさんの場合は想いを伝え続けたそうです。一体どんな風に伝えて彼を振り向かせたのでしょうか。

「彼に最初に告白したのは、会社の飲み会の帰りでした。同じ課の仲間として働くうちに彼のことばかり見ていて、いつのまにか恋愛感情を抱いたと伝えたような気がします。

酔っていたのではっきり覚えてないんですけど、気持ちを伝えて付き合いたいと言ったら『無理』と断られました。酔った勢いだったから冗談だと思われたのかなと思って、素面の時も告白してみたんですけど、『仕事仲間とは付き合えない』とやっぱり断られました。

それでも彼のことが好きだったので、タバコ吸っている彼に『かっこいいね』とか仕事で二人きりになった時に『なんかデートみたいな感じじゃない』とか好意があることを伝え続けました。

彼がフリーだったことを知っていたので、いつか私に振り向いてくれないかなぁと期待していたんですけど、全く駄目で『最後の手段は仕事を辞めることだけど、辞めても付き合ってもらえなかったら全て失くすなぁ』なんて思っていたら彼の転勤が決まったんです。

もう会えなくなると悲しむ私に彼はやっと想いを伝えてくれました。『お前って流行好きなのに俺には心変わりせず一途だったな。もう職場が違うわけだから付き合おうか』って言われて、今は遠距離恋愛中ですが隣の県同士なので週に一度はデートしています」

Eさんのように、気持ちを封印せずに伝え続けることで成功することもあるかもしれません。恋は、意外と些細なことがきっかけになるかもしれませんので、一度振られても諦めずに彼を追いかけてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事