• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼には隠しておいた方がいい、アナタの過去

Date:2013.08.27

大好きな彼ができたら、自分のことはすべて知っておいて欲しいと思う人もいるでしょう。自分という人間を分かってもらうためにも、自分の恋愛観や経験談などを話しておきたい、と思うかもしれません。

しかし、特に恋愛関係においては、彼としては過去の恋愛の話を聞きたいとは思っていないでしょう。「知らぬが仏」という言葉があるように、知らない方が幸せなこともあるのです。

彼女の過去を知って、彼女を見る目が変わってしまうかもしれません。大人としていろいろな経験を積んできたことが、現在のアナタを作ってきたとしても、今の彼には内緒にしておいた方が彼を傷つけず、また、円満にお付き合いをしていくことができるというもの。

決して彼に言ってはいけない過去というのは、どのようなものでしょうか?

男性経験の人数

男性は常に自分が一番でいたいと思うものです。特に肉体関係においては、今までの彼よりも上でいたい、と思うもの。でも自分が持てない、という男性も多いのです。

そこで男性経験の人数が多いと、自分は彼女を満足させられないかもしれない、男として情けない、という思いと、そんなに男性経験は豊富な女性は、けがらわしいという思いを持ってしまうのです。男性は清楚な女性に憧れを抱いていますからね。

女性としては、男性経験が豊富だとそれだけモテるのよ、と言いたいでしょうけれど、それを言ったことで、現在の彼を落ち込ませてしまうことにもなりかねません。男性経験の数が多い人は、その人数はぼかしましょう。

浮気をした話

私、浮気性なの、と彼に言う女性はいないと思いますが、過去に浮気をしたことがある、という話はしない方がいいですよ。

当然、男性にとって浮気をする女性なんて信頼できないし、許せません。いくら過去でも、浮気の経験があるなら、今度もする可能性があるということです。そう考えてしまうので、浮気の経験があるという話はしないようにしましょう。

不倫体験の話

不倫の話も、イメージとして信頼性に欠けてしまいます。結婚している男性と関係があった、という話は、それだけその男性に本気になっていたのでは?と思われてしまいます。

もし、不倫関係でなかったら、その男性と結婚していたかもしれないのでは?なんて想像してしまい、自分の立場を失くしてしまうのです。

不倫というと、相手の男性は経済的にも援助できる大人の男性、という印象を持ちますから、自分と比較し、自信を失くしてしまう可能性もありますよ。

元彼の悪口

現在の彼をどれだけ好きか、どれだけイイ男か、ということを伝えたいと思っても、元彼の悪口は言ってはいけませんよ。いくら悪口でも、聞いている方はあまりいい気分ではありません。彼女との付き合っていたという過去の様子を知ることにもなるわけですしね。

また、自分も別れた後、こんな風に悪口を言われるのは嫌だな、と思うもの。現在の彼の前では、過去の彼の話はしないようにしましょう。

付き合った男性の自慢話

過去に交際をいていた男性の自慢話もタブーですよ。イケメンで、いつも友達からうらやましがられていた、とかお金持ちで食事はいつも高級レストランで、服やバッグなどもたくさん買ってもらった、などという自慢になる話はしないようにしましょう。

現在の彼の自信を喪失させるだけです。

未練のある恋についての話

現在お付き合いをしている人が、心のどこかで他の人を想っている、なんてことはイヤですよね。過去に大恋愛をして、まだその人のことが吹っ切れていないの、そんな私でもいい?なんて都合のいい話に対して、たいていの男性はイヤだと思うでしょう。

大人の男性なら包み込んでくれるかもしれませんが、内心はわだかまりになることが多いでしょう。若い男性ならなおのこと、いくらその女性が魅力的でも、自分が一番ではない恋愛は長続きはしないでしょう。

現在の彼といい関係を築くつもりなら、過去の大恋愛や心の中にいる男性のことは内緒にしておきましょう。

元彼と行ったデートスポット

現在の彼と行ったホテルが、元彼と行ったホテルだった、という時、「ここ前にも来たことがある」なんて言ってはいけませんよ。他のデートスポットについても同じです。

いい年なら、誰でも行くようなデートスポットなら来たことがあると分かっているでしょう。でも、それを実際に聞かされるのは、傷つきます。

元彼と来たことがある場所でも、それは言わないのが大人のマナー、そして思いやりですよね。また、街を歩いていたら懐かしい音楽が。それが元彼と思い出の曲でも、それを口に出して言わないようにしましょうね。

想い出は美しいものです。しかし、現在の彼にとっては嫉妬の対象にしかなりません。相手の心に波風を立てたり、傷つけたりする話は言わない。それが大人の女性ですよね。

この記事をシェアする

関連記事