• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏から連絡がこない時こそ冷静な対処を!心配や不安を吹き飛ばそう

Date:2016.10.21

shutterstock_406648177彼氏から連絡がこなくて心配になったことはありませんか?

不安事項がある場合は、余計なことばかり考えてしまうかもしれませんが、単に仕事が多忙なだけかもしれません。

連絡がこないからと言ってマイナスのことばかり考えても心が乱れるだけではないでしょうか。

彼氏から連絡がこない時こそ二人の間にある愛を確かめるチャンスですから、冷静に対処する必要があります。

今回は、彼氏から連絡が来ない時、冷静に対処する方法や考え方などについてご紹介しましょう。


彼氏から連絡が来ない時は不安だけが募る!想像しやすいマイナス事項

彼氏から連絡が来ない時、あなたは彼氏が何をしていると思いますか?彼氏から連絡が来ない時、あれこれと考えるのはあなただけではありません。

世の中の多くの女性が、彼氏のことを色々想像してしまっているのです。彼氏がいる女性が、彼氏から連絡が来ない時に考える想像は以下です。

  • 浮気
  • 仕事
  • 心変わり

これ以外にも病気や事故などを想像してしまうことがあるようです。

多くの女性は、自分ではなく他のことや他の人に気を取られているのではないかと考えて心配してしまうようです。

しかし、連絡が来ないからといって別れに直結するわけではありません。

駆け引きや多忙など別れとは直結しない理由で連絡が来ないということもあります。

そんな時には、まず現状を把握しましょう。次の項目で現状を把握して冷静に対処する方法を幾つかご紹介します。

取り乱しても解決しない!彼氏から連絡が来ない時、冷静に対処する方法を大公開

彼氏と連絡が取れない時には、悲観的な想像をすることは止めて、ひとまず彼氏と連絡が取れない状況をきちんと把握しましょう。

冷静に彼氏の態度を把握して具体的に対処する方法をご紹介しましょう。

連絡が取れない期間を記録しておく

彼氏と連絡が取れなくなった時には、いつから音信不通になったのかを確認しましょう。

SNSやメール、電話の着信履歴を見て、どのくらい連絡が取れないか把握するのです。

確認してみれば、2.3日だったということもありますし、逆に1か月以上音信不通だと気づけることもあります。

連絡が取れない時は、ただの多忙ということもあります。

特に、

  • 月末
  • 月初め

など、月末が多忙になる職種の場合は、定期的に連絡が来ない時期が訪れるようです。

連絡が来なくなる時期を手帳に記入しておくことで、予め予想もつきやすくなりそれほど気にならなくなるかもしれませんので、チェックすることをお勧めします。

思い切って放置する

連絡が取れない時には、放置するという方法もあります。1か月以上連絡が取れておらず、自分に非も無いと思う場合は、手の打ちようもありません。

もしかしたら自然消滅になる可能性もありますが、放置することで彼氏のほうから連絡が来る可能性も有ります。

電話しながら料理をする、料理しながら翌日の予定を考えるなど一度に幾つかのことを出来る女性と違って、男性はひとつのことに集中しやすいので時間を与えることで気持ちの整理がつくかもしれません

あなたに思い当たることが無くても、彼氏はあなたとの関係に悩んで別れを考えていることもありますので、騒ぎ立てると一気に別れを選ばれるかもしれません

しかし、あなたが放置することで彼氏の心に余計な情報が入り込まず、二人の関係を見つめ直してもう一度恋人としての関係を築こうと戻って来ることもあるでしょう。

さすがに半年以上経過するくらい待つのは長すぎるので、少なくとも1か月位放置してみると言う方法も一つの手ではないでしょうか。

喧嘩を覚悟で本音を話す

連絡が来ない期間が長い場合は、放置ではなく直接話すという方法もあります。

電話やメールでは相手の表情を見ることができないので、できるだけ会って話すことがポイントです。

言葉は文字にすると誤解されることもありますので、会えない場合はメールやSNSではなく、声色で感情が伝わる電話で話しましょう。

喧嘩になるかもしれませんが、それを覚悟で本音を話してみましょう。お酒も入れず、どうしてこのような状況になっているのかを聞いてみるのです。

考えがまとまっていない場合は、彼氏に時間を与えてしばらく待ちましょう。

二人の関係についての結論を怒りに任せてしまうと、お互いに思いもよらぬ言葉を発して終止符を打つことになりかねません。

彼氏の本心を聞きだすためには、話を遮らず、否定せずに最後まで聞くことも大切です。

時間を置かなくても彼氏が話してくれそうな時は、聞き役になるつもりで彼氏の言い分を聞いてみましょう。

別に好きな女性ができたわけではなく、あなたとの関係に悩んでいた場合にはお互いに2人の関係を見つめ直して、更に距離が縮まるチャンスにもなるでしょう。

女子会や飲み会へ出かける

彼氏から連絡が来ないと彼氏のことばかり考えてしまうでしょうが、彼氏以外のことに目を向けて友達との時間を作るという方法もあります。

仲の良い友達を集めて女子会や飲み会を開催すれば、ストレス発散に繋がるでしょうし、思わぬアドバイスをもらえるかもしれません。

彼氏と連絡が取れなくて悩んで眠れない場合でも、友達と盛り上がることで肉体的な疲労を感じるでしょうから、疲れによって眠れるようになるかもしれません。

彼氏と連絡が取れなくなった時こそ予定を沢山作って、彼氏のことを考える時間を減らしてみてはいかがでしょうか。

自分から行動に移す

彼氏から連絡が来ない時には、連絡が来るような内容、返事しやすい内容のメールを送ることもお勧めです。

メールの例
「今、会社の近くまで来たから一緒にランチ(又は夕食)食べに行かない?」
「実家から野菜が沢山送られてきたからもらってくれない?」

返事を必要とするメールを送ることで彼氏も無視せず、返事をくれるかもしれません。

電話する場合は、どこにいるか、これまで何をしていたかなど聞きたいこともあるかもしれませんが、そこはグッとこらえましょう。

電話の例
「最近忙しくて連絡できなくてごめんね」
「寒暖差激しいせいか私風邪ひいたんだけど、○○は体調崩していない?」

彼氏を責めるようなことは言わずに、あえて自分が連絡を取らなかったという感じで話す、体調を気遣いなどして彼氏のせいにしないことがポイントです。

ラインをする場合は、既読になるか確認できるのでお勧めですが、絵文字やスタンプで返される可能性も有ります。

既読のまま放置されれば連絡を無視していると確認できるでしょう。

メールや電話など行動に移すことで彼氏の様子を把握できますし、連絡が来ない、音信不通などの態度を取られた場合は何か問題があると気づくことができるでしょう。

会社や家へ行ってみる

音信不通になった時には、会いに行くという対処法もあります。連絡が取れない場合は、会社や家へ足を運んでみましょう。

連絡が来ないということは何かしらトラブルが起きている可能性もありますので、ご自身の目で彼氏を確認することで安心できるのではないでしょうか。

連絡が取れない間、病気で寝込んでいた、会社からリストラされていたなどの理由があったというケースもあります。

家や会社で悩んでいる時間も内容も無意味で、単なる取り越し苦労だったということもありますので行動に移すことはお勧めです。

連絡が取れないからと言って終わりと決めつけずに会いに行って、冷静に現状を確認してみてはいかがでしょうか。

考え方次第で落ち着く!彼氏から連絡が来ない時の考え方を身に着けよう!

彼氏と連絡が取れない時、冷静に対処する方法をご紹介しましたが、実際に行動に移せないという方もいることでしょう。

彼氏と連絡が取れない理由を色々考えても解決しませんし、落ち込むだけです。

具体的な対処法を行うことができなくても、考え方だけでも前向きにしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、彼氏と連絡が取れない時にお勧めの考え方についてご紹介しましょう。

記念日の彼氏を思い出す

彼氏と連絡が取れない時には、誕生日やクリスマスなどの記念日の写メやプレゼントを出して、優しい彼氏のことを思い出しましょう。

毎日連絡が来なくても、多少時間が空いても、「記念日を忘れない優しい彼氏なのだから大丈夫」という考え方で彼氏のことを信じて待つのです。

連絡が来ないという寂しい気持ちに浸らずに、優しかった彼との思い出に浸っているうちに記念日やイベントが訪れて、気づけばいつもの関係に戻っているのではないでしょうか。

連絡が来ないから連絡を取らないに変える

彼氏と連絡が取れないから不安や寂しい気持ちに襲われるので、「連絡を取らない」と考え方を変えてみることもお勧めです。

連絡を取らないと決めてしまえば、彼氏を待つという姿勢ではなくなりますので、気持ちが楽になれるのではないでしょか。

精神的限界がきたらおのずと行動できるでしょうから、許容範囲までは我慢してみてはいかがでしょうか。

駆け引きの相手であると自覚する

女友達同士の連絡は、当日か翌日には連絡が来ることが多いでしょう。

しかし、男性と女性は違います。恋愛対象になる男性であれば女性とは行動パターンが違うということを頭に入れておきましょう。

女友達であれば、恋愛感情が入らないので駆け引きすることがありません。

しかし、恋愛関係の場合は駆け引きが入ることもあるので、連絡がスムーズに取れなくなることもあるのです。

彼氏から連絡が来ない理由は、もしかしたら駆け引きであなたの気持ちを引こうとしている可能性も有ります。

本音がわかるまでは早急な決断をせずに、長い目で彼氏の駆け引きに付き合いましょう。駆け引きの場合の目的は、あなたの気持ちを自分へ向けるためです。

あなたも連絡をしなければ彼氏のほうから連絡が来るでしょうから、恋愛対象である彼氏の駆け引き期間でその相手であることを自覚しましょう。

彼氏の放置期間に期限を設ける

彼氏から連絡が来ない時には、ただ待つのではなく期限を設けてその日までは待つという考え方もあります。

「連絡が来なくなってから1カ月後まで待つ」と放置されている期間の期限を設けることで、連絡が来ないことに執着しなくなるかもしれません。

ゴールがない道をただ走るよりもゴールがある道のほうが頑張れるものですから、「この日まで」という期限を設けて待つという考え方もお勧めです。

結婚するまでは自由人と認める

恋愛中の考え方として、結婚するまでは自由人と認めるという考え方もお勧めです。

既婚者であれば、書面上契約をしているので自由な振る舞いはできませんが、独身者の場合は妻も子供もいませんから、恋愛も生活も自由です。

彼女であっても彼氏の自由を奪うことはできませんので、連絡が取れなくても「自分の所有物ではない」という気持ちで彼氏の行動を認めましょう。

結婚していないのだからまだ他人で自由に生きることができるというのは、彼氏だけじゃなくあなたにとっても言えることです。

「彼氏は自由だが、自分も自由だ」と考えることで、いつか終わりが来る独身の時間を楽しもうという気持ちになるのではないでしょうか。

これまでの恋愛経験と照らし合わせる

彼氏から連絡が来ない時には、これまでの恋愛経験と照らし合わせて考えることもお勧めです。

彼氏から連絡が来ないことは、これまでの恋愛経験の中で何度あったのかを考えることで初めての経験じゃないと気づくことができるでしょう。

連絡が来ない時があっても乗り切れた経験を思い出す、連絡が来なかった時の過ごし方を思い出すなどすることで心も落ち着くのではないでしょうか。

また、恋愛経験がなくても恋愛映画や恋愛小説などを読んで、連絡が取れない状況にある主人公に自分を重ねても良いでしょう。

主人公の過ごし方や乗り切り方を参考にすることで、連絡が来なくても人生の終わりじゃないと前向きに考えられるようになるかもしれません。

彼氏の負担になっていなかったか言動を見直す

彼氏から連絡が来ない時には、自分が彼氏の負担になるようなことをしていなかったか言動を見直して反省するという考え方もお勧めです。

彼氏にどんなことを言って、どんな態度をとっていたかを思い出すことで、彼氏から連絡が来ないのは自分の態度が悪かったかもしれないと考えられるようになるかもしれません。

自己反省することによって彼氏に対してもっと優しく接しようという考え方ができるようになれば、連絡が来ない状況を受け入れられるのではないでしょうか。

連絡が来ない関係にはならない!事前にできる対処法4個をご紹介!

彼氏から連絡が来ない時の具体的に対処する方法や接し方についてご紹介しましたが、連絡が来なくなる前にそのような関係にならないことがポイントです。

ここでは連絡が来ない関係になる前にできる対処法を4個ご紹介しましょう。

1 連絡を無視しないと決めておく

連絡が来なくなるのは無視してしまうからです。お互いに来た連絡を無視せず、その日のうちに返す、2日以内に返すなど予め決めておくと余計な不安を抱くことはないでしょう。

2 忙しくなる時には事前に伝える

ラインのやりとりが多い場合は、既読になったのに返事が来ないと「どうして無視するの?」と気になるものですよね。

でも、忙しくなると事前に知っていれば「今は返せないのかな」と察することができますので、多忙になりそうな時には事前に伝えるということを決めておくと良いでしょう。

3 見えない時間を作らない

連絡が来ない時、彼氏が何をしているか不安になるのは当然のことでしょう。

友達と飲んでいる、仕事をしている、実家へ帰っているなど理由がわかっていれば、あれこれ悩むことも不安感にさいなまれることもないでしょう。

連絡が来ないと気になるものですから、彼氏には見えない時間を作らないように、予定を教えてもらうと良いでしょう。

月や週の初め、お互いに予定を伝えておけば、連絡が来なくても納得できる理由があるので、落ち着いて待てるのではないでしょうか。

4 喧嘩しても逃げずに話し合う

連絡を密に取り合おうと約束していても喧嘩になるとすっかり忘れて、怒りのままに二人の関係を放置することもあるでしょう。

しかし、お互いに喧嘩から逃げてしまうとそのまま自然消滅になる可能性もあります。

喧嘩をしてから話し合いを提案しても拒絶されれば、それ以上どうすることもできなくなってしまうので、関係が良い状態の時に喧嘩の時の対応を決めておきましょう。

些細なことでも問題があれば相手に言い、喧嘩した場合は沈黙や拒絶などして逃げずに相手と向き合って話し合うということを確認しておきましょう。

連絡が来なくても嫌われたわけじゃない!決定的な言葉を聞くまでは不安は不要!

連絡が来ない時には、色々嫌なことを想像してしまうものですが、連絡が来なくても特に心配する必要はないことが多いようです。

喧嘩や浮気などで音信不通にならない限りは、忙しいだけ、連絡を返すことを忘れていたなど些細なことで連絡が遅くなっている可能性が高いです。

嫌われたわけでも、別れを考えているわけでもないですから、心配するだけ時間の無駄です。

決定的な言葉を聞くまでは、別れや浮気の想像は取り越し苦労になりますから、ご紹介した具体的な対処法や考え方で連絡が来ない時間を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事