• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これで彼氏もメロメロ!彼との愛を高め合うキス技を身につけましょう

Date:2012.11.14

好きな人との愛を高め合うと言うとどうしても体の関係を想像してしまいますが、キスだけでも彼との愛を高め合い気持ちよくなることはできます。そのためにはお互いにキスをして欲しい部分を知ったり、キスの仕方を研究することが重要となってきます。

キスする部分は唇だけじゃない

キスというとどうしても唇という連想ですが、キスする部分は唇だけじゃありません。唇にしてもらうのが一番嬉しいですが、案外女性が感じやすいのは耳や首。

耳もとで「チュッ」と音がするだけでもゾクッとする人も多いのではないでしょうか。耳にキスされた時に舌が耳に触れたり、首すじを吸われたりすると興奮度が増す人もいます。

男性も耳や首にキスをされると気持ちいいという人が多く、それ以外だと唇の横にキスをされるとドキッとするという男性が多いとか。

唇に触れるか触れないかという位置がポイントで「もう少しで唇にキスできるのに」という思いが更に感度や興奮度をアップさせるそうです。なかなかキスを積極的にしてくれない彼には唇の横にキスしてみてはどうでしょう?

キスと舐めるの違いを知ろう

時々、女性・男性問わずキスの合間に唇やキスする部分を舐めてくる人がいます。舐めるという行為も愛を高めたり興奮度を増す行為としては成立しますがキスとは別物です。

キスの最中に舐められると萎えてしまうという人もいることを考えて、相手が舐めることを嫌がってないかなどリサーチしておくことが大切です。その舐めるという行為で愛が高まるか萎えるかが決まってしまうということもあるので要注意です。

キスの順番を守って感度を高める

簡単にキスといってもいろんなキスの仕方があります。いきなりディープなものをしても構いませんが、段階を踏むことでお互いの気持ちを盛り上げて感度を上げることも必要です。

1.最初はほっぺやおでこに
キスしそうな雰囲気になったらまず「本当に今キスをしても相手は嫌がらないか」ということを確かめる意味もこめてほっぺやおでこなどにキスしてみましょう。それでも相手が嫌がらないことが分かったら次へ進みましょう。

2.次は唇に軽く
次は唇へチュッとしてみましょう。ずっと唇をつけてキスしているのもいいのですが、チュッと軽いキスを何度も唇へすることでお互いの興奮度は高まり、どんどん気持ちのいいキスへと近づいていきます。

3.唇をついばむように
どんどん慣れてきたら次は唇を啄むようなキスをしてみましょう。上唇や下唇をついばみながらキスすることによってお互いの口が軽く開き始めます。

口が開くことによってお互いの唇をついばみやすくなります。ついばむキスの場合、受け手・攻め手と交互にキスができるところが良い点で一方的なキスよりも興奮度・感度は高まりやすいと言われています。

4.深まってきたら・・・
ついばむようなキスでお互いの気持ちが高まってきたらディープキスへ進んでみましょう。相手の舌が入ってきた時、最初は拒否(歯でブロックする)して焦らすのもいいでしょう。

ディープキスは相手によって方法がかなり違います。舌をひたすら絡めてくる人、歯や歯茎を舌でなぞってくる人などいます。相手に合わせてあげると相手も気持ちよくなるので、最初は様子を見る感じでキスをするのもいいでしょう。

意外に気持ちいいのは上顎部分。そこを舌でなぞると気持ちよくなる男性が多いので、慣れてきたらそこをなぞってあげるのも効果的です。

キスで興奮度・感度が上がると体の関係に進んだ時もさらに感じやすくなり二人の関係も潤うこと間違いなしです。彼の感じるキス、そして自分も気持ちよくなるキスを習得し、彼をメロメロにしてしまいましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント