• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

トラブルの多くは〇〇不足が原因?!彼と仲良く暮らす方法とは

Date:2013.06.14

職場や近所、家族など私たちは誰かと関わりながら生活しています。考え方や環境が違う人との関わりですから、時としてトラブルになる事もあるでしょう。その多くは、コミュニケーション不足によって起きていることは御存知でしょうか。

コミュニケーション不足は、他人との関係を悪化させるだけではなく、好きな人との距離も遠ざけてしまうので出来るだけ早い段階で解消する必要があります。今回は、コミュニケーション不足を解消したことで別れの危機から脱出したカップルをご紹介します。

交際3年の社会人同士の場合

社会人同士のカップルは、社内恋愛ではない場合は毎日顔を合わせることが難しいので、メールや電話でのやりとりと月に数回デートすることで、コミュニケーションを取っていました。

しかし、彼の仕事が忙しくなるにつれて徐々に連絡を取り合うことがなくなってしまい、交際3年目にして初めて大喧嘩したそうです。I子さんは当時をこう語ります。

「私も彼もまだまだ未熟で仕事を頑張らなくちゃいけない時で、お互いに仕事とか人間関係とか色んなストレスを抱えていたんです。

でも話した所で別の会社のことだから解決しないし意味もないと思って、私も彼も社内の人に頼るようになっていました」

I子さんと彼は数カ月に一度は会う時間を作ったそうですが、話しが噛み合わず喧嘩することもあり、ある日彼にドタキャンされたことで大喧嘩に発展しました。

話しが合わなかったのは、話してなかったからなんですよね。喧嘩がきっかけでお互いに思っていたことを吐き出したら何だかスッキリしました。

もともと彼と私の価値観や考え方が合っていたので『そうだよね。わかるよ』って話しも盛り上がって、『もっとこんな風に話す時間を作ろうね』と仲直りした後は喧嘩もなく仲良くしています」

話しさえしていれば溝が出来ることは無かったと話したI子さん。彼との距離を感じた時は、喧嘩してみることもひとつの手かもしれませんね。

同棲半年の社会人と学生の場合

看護学生のTさんは、元OL。看護師になりたいという夢を捨てきれず看護学校へ入学した時期に、退職した会社の同僚と付き合うことになりました。

勉強とバイトがあるTさんは、彼と自分の生活時間にズレがあるのでなかなか会える時間がないと考え、同棲に踏み切りました。

「同棲ならどんなに帰りが遅くても絶対会えると思ったので、会えない事による喧嘩から解放されると期待しました。でも寝に帰って来るだけの彼と触れ合う時間はほとんどなかったんです。

学校やバイト仲間との時間が増えていくと同棲している意味がわからなくなって、彼に同棲を解消したいと伝えました。そしたら彼も同じ気持ちだったみたいで、すぐに引っ越し、別れました」

二人の交際はここで終了かと思ったら、彼の方から連絡が来たそうです。

「彼に『もう一度付き合いたい。お互いが無理なく付き合える道を探ってみないか?』って言われたんです。嫌いになったわけじゃなかったのでOKしました。

同棲はなしで、お互いに月の初めに予定を立ててデート日を決めるって事にしたら、愛情復活ですよ。お互いの話に耳を傾ける余裕も出来たので一度別れて良かったかなって思っています

離れて過ごすことで仲良く出来ているカップルも居れば、離れたが為にコミュニケーション不足に陥ったカップルも居るようです。次は遠距離恋愛で失敗したF美さんの話を聞いてみましょう。

遠距離恋愛2年の社会人同士の場合

「彼と私は社内恋愛で毎日の様に顔を会わせていたんですけど、ある時新規プロジェクトのリーダーになった彼が1年限定で海外へ行くことになったんです。

その位なら待てると思ったんですけどね、電話しても時差があるのでお互いに出られず、メールのみでまるで文通状態。

話せないせいで声も忘れちゃうほど遠い存在になってしまって、もう駄目だなって思っていたら私の誕生日に彼が突然帰国して、プロポーズされたんです。

『離れていると付き合う意味もないよね、結婚しよう』って言われてびっくりしちゃいました。もちろんプロポーズの返事はYESですよ。

それからまた遠距離恋愛になりましたけど、私は式場探しやドレス選びとか決めることが沢山あって寂しさも感じることもありません。

一緒に決めなくちゃいけないことは、真夜中でも朝でも関係なく連絡を取り合う様にもなりました。寝不足の日々による目の下のクマも幸せの証です」

もうすぐ挙式予定と語るF美さんは、彼と過ごした遠距離時代をこう振り返ります。

「結婚というゴールがあったから遠距離も頑張れたけど、もしも無かったら多分別れていました。やっぱり同じゴールに向けて意識があれば自然と話そうと努力する。コミュニケーションって共通点によって回復出来るんだなぁって思いました」

結局はお互いに向き合うことが解決の鍵

ご紹介したカップルにはコミュニケーション不足という共通点がありました。挨拶をしなくなった、何気ない話をしなくなった、テレビを観る時間が増えたなど、誰にでも有りうる日常の些細な事がきっかけで不仲になってしまったのです。

マンネリと呼ぶ時期とはもしかしたらコミュニケーション不足が原因かもしれませんので、心が完全に離れる前に毎日数分でも向き合って話す時間を作る努力をしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事