• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼との愛を深めるだけじゃない!セックスが女性に良い7つの理由

Date:2015.01.18

shutterstock_124299493_

カップルや夫婦にとってセックスは愛情を深め、確認し合う為にとても大切な事ではあるのですが、ただ単に恋愛関係をより良いものにしてくれて、家族を増やしてくれる…というものだけでもなさそうなのです。

特に私達女性の心と体にセックスは多大な良い影響を与えてくれている事も様々な研究で証明されているので、ここでセックスが私達女性にどれだけ優れた効果を与えてくれるのか7つの理由を紹介します。

理由1.カロリー消費でダイエットの味方

ダイエットの基本は摂取カロリーを制限する事と、もちろんカロリーを消費する事。

寝る前にプリンやゼリーを食べてしまい後悔しているのなら、セックスでその分をマイナスにしてしまいましょう。

確かに、ジョギングする時の様にはカロリー消費は出来ないかもしれませんが、とある調査によれば約100カロリー弱程度はベッドの上で消費する事が可能なのだそうです。

当然、アクティブになればなるほどカロリーの消費量は上がりますので、全ては貴女次第です。

理由2.マルチビタミン的効果でアンチエイジング

これからの季節は風邪やインフルエンザのシーズンですよね?

実は、セックスは体の中から免疫力アップをさせてくれ、風邪のような病原菌感染を防いでくれる、まるでサプリの様な役割を持っている事がアメリカの大学の研究で判明したそうです。

また、外からの害から体を守ってくれるのと同時に、血液の流れも良くしてくれるので美肌効果も期待でき、とある海外での実験では週に4回セックスをしている女性は実年齢よりも10歳若く見られたという驚きの結果もあるのです。

理由3.生理不順を改善

規則正しく生理が来ない、遅れてくると辛い…。なんて悩んでいる女性も結構多いですよね?

アメリカのコロンビア大学及びスタンフォード大学が共同で行った研究によれば、最低でも週に1回セックスをしている女性はそうでない女性よりも、生理がきちんと定期的に来ている事が分かったそうです。

理由4.ストレス知らずで、幸せのオーラ全開

セックスの最大の効果はやはり、大好きな彼とスキンシップする事で別名“ラブ・ホルモン”と呼ばれるオキシトシンの分泌が促されるので、2人の仲が深まり幸せな気分になりますよね?

ところが、彼との関係が良くなるから幸せになるだけではなく、実際に幸せホルモンエンドルフィンが分泌されるので、正に幸せのオーラに体全体で包まれる事になるのです。

しかも、しあわせ感に満ち溢れている時というのは外からのストレスや困難な状況にでも上手に対応ができるようになると、専門医のお墨付き。

それに、彼との恋愛関係が上手くいっている女性というのは、自尊心も高いので多少のストレスには動じない強さを持ち合わせているのだそうです。

ということで、エクスパートいわく、朝にセックスをするとその日を幸せに、そしてストレスフリーに過ごす事ができるのでお勧めなのだとか…。

理由5.頭痛、偏頭痛知らず

更に、医学実験ではセックス時のオーガズムには私達の痛みを感じる範囲を狭める作用があり、生理痛、関節痛に頭痛や偏頭痛ですら軽減してしまったという結果もあるのだそうです。

理由6.血圧の安定とナチュラルな睡眠薬

カップルがセックスをすると、愛情レベルと共に血圧のレベルも上がるのですが、医学実験ではセックスで血圧が上がるとその後、血圧レベルを下げ、安定させる効果があり、高血圧の女性には心臓病などへの改善も期待できるのだそうです。

そして、セックス時には女性にとって重要な妊娠や月経にも深い関わりのあるプロラクチンと言われるホルモンが分泌されるのですが、このプロラクチンは私達のリラックス気分や眠気とも深く関係しているので、自然な睡眠導入剤的な役割もしてくれるのだそうです。

理由7.脳神経にも影響!冴えわたる頭脳

4年前にプリンストン大学で行われた動物実験によれば、セックスの回数が増えると大脳皮質の海馬にある神経細胞が増えた事が分かったそうなのです。

海馬は記憶や学習能力に深く関わっている部分だという事を考えれば、貴女の頭脳が冴えわたる事は間違いないでしょう。

まとめ

いかがでしょう?これだけの優れた効果を女性に与えてくれるのですから、これからは彼との関係を深めるのはもちろんですが、私達の“健康や美容の為の習慣”としてとらえる必要がありそうですね?

この記事をシェアする

関連記事