• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

オリーブオイルで簡単お手入れ!ひざやひじを白くする方法!

Date:2013.01.23

夏の間にたくさんの紫外線を浴びたお肌は寒くなると今度は乾燥でどんどん痛んできます。夏の間にきちんとお手入れした人としていない人の差が出るのはこの季節だとも言われるくらい肌荒れやかさかさ肌が出てくる季節です。

「お手入れしたのにここだけかさかさになる!」「お手入れしてるのにかさかさが治らない」という人が多いのも現実です。カサカサ肌は女性の大敵!だからこそお手入れをしていかなくてはいけません。今からでも間に合うカサカサお肌のお手入れ方法をお教えいたしましょう。

かかと・足裏はこれから痛む季節

足裏やかかとは今からの季節が大切です。寒くなるとどうしても皮膚が硬くなってしまいゴワゴワしてきます。ボディクリームを塗ったりしているのになかなかつるつるにならないという場合は、角質が蓄積されすぎて「もう水分浸透できません」というサインです。

こういう場合は軽石などで擦ってもあまり意味がないので、足裏ピーリングがオススメです。足裏ピーリングとは薬液に足をつけ足裏の皮を剥がすというもので、今ではドラッグストアなどで手軽に購入できます。

ピーリングをすると足裏は柔らかい状態になりクリームなどの浸透もよくなりますが、1つ難点が。1日ですべての足裏がピーリングされるわけではないので、日常生活の中で皮がポロポロと落ちてくるので常時靴下を履いておく必要があります。

きれいに短期間で剥がれてくれる場合もありますが、始めての場合は角質がかなり溜まっている可能性があるので、その点が1つ注意が必要です。ピーリングを1度すればこまめに軽石などでお手入れをしていけば柔らかい足裏を維持することができます。

クリームがダメならこれ!

普段はボディクリームでも大丈夫なのに冬はどうしてもそれだけじゃ乾燥してしまうという人が増えてきています。特に肘・膝はどうしてもカサカサになってしまい白くなってしまうことも。そういう場合は水分も油分も不足しているサインです。そういう時の簡単お手入れ方法を紹介します。

【肘・膝の簡単お手入れ方法】
1.軽く角質を取るために軽石などで角質を削る。(力を入れずに軽くする程度で構いません)
2.肘・膝に化粧水をつける。乾燥がひどい場合はコットンを使ってしばらくパック状態にする。
3.コットンを外したら油分を補うために馬油を塗る。馬油がない場合はオリーブオイルでも可。
4.塗った後にラップで密閉して10分程度置く。
5.まだ油分が足りない気がする場合は少量の馬油(オリーブオイル)を塗り込む。

これだけでかなり違います。最初は油分が気になるかもしれませんが、違和感がある場合や油分が残った場合はティッシュで軽くおさえても可能です。

冬のカサカサ肌には油分が必須です。保湿と油分を心がけて補うだけでうるうるお肌を手に入れることができます。「冬だから」と諦める前に簡単お手入れを実践してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事