• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

稼げる女性を目指す人へ、男勝りに仕事をこなす仕事術

Date:2012.04.11

W580Q100_shutterstock_295909892

求められるのは生産性

会社に勤めていれば、給料をもらうことができます。個人事業や、会社の経営者ともなれば、報酬をもらうことができます。しかしそのお金は一体どこで誰が捻出しているのでしょうか?

サービス業界などでは「お客様は神様です。私たちの給料はお客様からいただいています」などということが至極当然のように謳われていますが、果たしてそれはどこまでが本当なのでしょうか?

確かにお客様が増えることや客単価が上がることは、利益に直結します。しかし、どうしたらお客様が増えるのか、客単価が上がるのか、ということについて、今までは精神論が重視されてきました。

一生懸命さをお客様に伝える、何度も足を運ぶ、仲良くなる、など「がんばれば報われる」という根拠のない営業手法を徹底的に新入社員に教え込んできました。それを一概に否定することはできません。

ところが、いわゆる”熱血”は、数字的な審査にかけられた時に、弱い側面があるという認識が、徐々に労働者にも浸透してきたのです。何度も足を運ぶには交通費がかかります。実質的に出ていくお金だけではなく、その従業員の人件費もかかっています。

その事実に対して、冷めた目で、数字をはじき出すことができるのが、女性でもあるのです。テレビでも雑誌でも、女性ボスの姿は迫力満点、キリッとした顔立ちに赤い口紅、ハイヒールを履いて颯爽と歩く姿として映し出されます。

男性でその立場にある人間の姿が、立派な椅子に深々と座って物思いにふけっているのと比べると、明らかに対照的と言わざるを得ません。

無駄な感情を出さず、明晰な頭脳で合理的に動き、部下でダメなら自分が相手を納得させるという度胸を持っているのが女性ボスの特徴です。それもこれも、タイム・イズ・マネーという認識で、時間を無駄に使わないという意識が働いているからです。

どのように時間を有効活用しているのか

女性の場合、男性に比べて、複数の作業を同時進行できるという特徴があります。これはもともとの性質の違いで、万人に当てはまるということではありませんが、いわゆるデキる女性は、このタイプに当てはまることが多いようです。

単純に考えれば、一つのことに集中してしまうタイプと比べ、同じ時間で仕事量を2倍に増やすことが可能となります。生産性もおそらく2倍とまで行かずとも、それに近い値になるでしょう。

また、女性でトップに立っている人の特徴としては、部下に指示を出しながら自分も動く、ということができる人が多いようです。これは、部下にも的確な指示でできる限りの生産性を持たせ、もちろん自分も高い生産性を発揮するという、もっとも効率のいい働き方と言えます。

そして、タイムリミットを決めていることも大きな特徴といえます。この仕事はこの時刻までに終わらせる、ということを明確に決め、スケジュールに沿って動きます。女性は家に帰っても、次の仕事である家事が待っているので、定時前には業務を終了する必要があります。

これができる人は意外と少なく、未だ長く会社にいるほど評価される、と思っている人にはできません。そして男勝りに仕事をこなす女性の最大の特徴は、赤い口紅です。これは心理作戦で、赤い口紅は想像以上に相手に対して説得力を発揮します。

赤い口紅の力を発揮しなければいけないほどの商談を担当することになったら、自分が女性ボスになることも視野にいれる時期だと考えてもいいでしょう。

この記事をシェアする

関連記事