• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ストレス溜まってない!?楽しく節約&貯蓄する女子テク3つ

Date:2012.11.27

スキンケアの本を読む

なぜスキンケアの本を読むと節約になるのかと言えば、高価な化粧品が肌に良いと書いてある本は極めて少ないからです。

皮膚科専門医の中には、肌の保湿には最低限アミノ酸があればいいので、その他の成分などなくともアミノ酸だけを塗っていれば良いと主張する人もいます。アミノ酸は安価に売っています。

アミノ酸、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、大豆イソフラボン。このあたりの成分のどれか1つが入っていると良いというのが現在の主流のようです。昔からある信用のおける成分としてオリーブオイル、ホホバオイル、へちまオイルなどがあります。

どれもかなり安価に売っています。むやみに高価な化粧品を使っている人は、安価なもので代用できないか、自分のスキンケアの基本を見直しましょう。

リップクリームはオリーブオイルで代用可能です。リップは刷毛を使って最後まで使いきることが節約という人もいますが、そもそもリップクリームなしでも美容は成立します。

資格取得を目指してみる

お金を使うことを考えるのか、稼ぐことを考えるのかによって、1日の消費金額は大きく変わってきます。資格取得の勉強をしていたら、お金を使う暇がないので、あっという間にお金は貯まります。

お金を使いたくなる場所に行くから、人はお金を使ってしまってその後に「また無駄遣いしたな」と後悔します。そういう場所にストイックに行かないようにするというのは「強い意志」が必要で、挫折をすることもあります。

お金を使う楽しみではなく、稼ぐ楽しみを知って、楽しく「お金を使わないということ」を実践しましょう。

1日300円は自由に使う

自分へのご褒美(たとえば300円のスイーツ)は、時々は自分に与えないとストレスが貯まります。コンビニでスイーツくらいは買いましょう。

しかし、時にはスイーツを買うお金を募金に回してみるのも方法です。人は「他人のためになにかをした」ことによって、大きな満足感を得るというのが科学的にわかっています。

また、多くの成功者は「他人のために使ったお金はあとあと自分のために返ってくる」と言っています。1日300円は自由に使う。しかし、その使い方は真剣に考えてみる。こういう習慣があると、お金は貯まる傾向にあると言えるのではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント