• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

宅飲みや女子会で役立つ・大人数でもまごつかない料理の片づけ方

Date:2014.10.05

女子会、宅飲み、楽しいですよね。時間も忘れて話せるあの時間、たまらないですよね。

でもしばらくして目の前のテーブルを見てみると…食べかけのピザ、飲みかけのビール、スナック類…。

一体どうすればなかなか片付かない女子会、宅飲みのテーブルを効率的に片づけることができるのでしょうか。

「もったいないね…」は禁句

会話や雰囲気が楽しい分、なかなか「片づけよう」という感じにならないのが宅飲みや女子会のつらいところ。でもそのままにして帰ってしまうと家主に迷惑がかかってしまいます。

ではどうして女子会や宅飲みのテーブルの上というのはあれほどまでに片付かないのでしょうか。

それは全員が全員、まだテーブルの上に残っている食べ物や飲み物を「もったいない…」と感じているからです。

会の雰囲気がそろそろお開きかな…となってきたときに、率先して片付けようとしてくれる人がいる場合もありますが、そんなときに「まだピザ余っているのにもったいないね」などと言うのは禁句です。

そう言ってしまうといつまで経っても片付きません。ある程度の時間を過ぎたら、飲みかけの缶の中身は水道に捨てる、など「片付けモード」を出すことをおすすめします。

それをすることにより、「そろそろ片づけたほうがいいかな」という気持ちを周りにも起こさせることが可能です。

家主は「片付けようか」と言い出しづらい

自宅で開催される女子会や宅飲みの場合、家主の口から「そろそろお開きにしようか」とはなかなか言い出しづらいものです。

家に招いた側というのはどうしたって「いいよいいよ、ゆっくりしていきなよ」と言うものです。ですので「片付けよう」とは言い出しにくいでしょう。

もしあなたがその女子会に参加した際、家主でないならば、家主に代わって「そろそろ…」と声をかけてあげることを心掛けてください。

盛り上がる会話の中、誰しもがその一言を言いたくて言えず、うずうずしているという事があります。

一定の時間が経った料理は処分してもいい

テーブルの上に並んだ料理が、家主の手作りではなく、コンビニやお店で買った物だった場合、ある一定の時間を過ぎた時点で処分してしまっていいのです。

そうしないといつまで経っても片付きません。また、缶のお酒なども、わずかながらに残している人が多いと思いますが、しばらく口をつけていないようなら処分してしまいましょう。

そうすることで女子会の終わりで大量の缶と料理を前に途方にくれるということもなくなります。

食べ物などのお土産はなるべく持っていかない

「一人一品持ち寄る」という決まり事を作っていない限り、女子会や宅飲みなどに食べ物をお土産として持っていくのは避けましょう。

食べ物を持って行ってしまうと、それだけ処理しなければならないものが増えてしまって、結果家主を困らせてしまうかもしれません。

もしかしたら家主が手料理を作ってくれているかもしれないので、できる限りお土産としては違うものを選ぶように心がけましょう。

ゴミ袋、ビニール袋を持参すると片付けがスムーズに進む

女子会や宅飲みに参加する際には、ゴミ袋やビニール袋を持参するようにしてください。これかなりのお役立ちアイテムです。

女子会のテーブルの上がなかなか片付かない原因として、「近くに袋がない…」ということが挙げられます。

これがないとなんだか片づけるのが億劫に感じられて、ついそのまま放置してしまう…ということになってしまうのですが、袋さえあれば大丈夫。

もしお土産を持っていく気持ちがあるのでしたら、むしろ袋を持参してください。かなり重宝されるはずですよ。

ふきんもぜひ2枚ほど持って行ってください

袋のほかに、ふきんも持っていくことをおすすめします。

テーブルに何かがこぼれた際にすぐに拭くことができれば、いつまでもテーブルをきれいに保つことができ、気分がいいまま飲むことができます。

でも気を付けてください。これはあくまでも女子会に限っての話です。

女子同士なら袋やふきんを持参しても「気がきくね、ありがとう、助かったよ」で済み、むしろ感謝もされて気分もいいですが、もし男性が一緒の飲み会の場合、あまり気が利きすぎるのも考え物です。

「気が利く子なんだけど、なんだか付き合ったらおふくろみたいになりそう…」と思われてしまう可能性もあります。要注意です。

女性同士でれば喜ばれることでも、男性から見ると「ちょっとお節介かも…」と思われることがあるという事です。気をつけましょう。

家主の立場だったら何をしてほしいか考える

女子会や宅飲みなどのテーブルの片付けは先程も書いたように家主の立場だとなかなか「片付けましょう」とは言い出しづらいものがあります。

でも誰かが率先して仕切ることで早く片すことができます。あなたが家主の立場だったらお客さんに何をしてほしいか、考えながら参加するといいかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事