• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

万年肩こりを劇的に解消!指と手首を動かすだけでスッキリ

Date:2012.10.25

この記事のタイトルとURLをコピーする
万年肩こりを劇的に解消!指と手首を動かすだけでスッキリ|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/katakorikaishou38341/

肩こりで悩んでいる女性は多いものです。原因は主には血行不良ですね。運動不足などで体がかたくなってしまい、筋肉の柔軟性が失われてしまうのも原因の一つ。肩こりはつらいものです。ひどいと頭痛がしたり、気分がすぐれなかったり、だるくなったりもします。

仕事や家事をやるのも面倒になることも。運動したり、マッサージをすればよくなることは分かっていても、なかなか時間が取れない…。それに時々やるだけではすぐに肩はこってしまいます。肩こりを改善するには、継続してほぐすことが必要ですね。

そこで自分で、どこででも、いつでもできるストレッチをマスターしましょう。それも指や手首といった部分を動かすだけで肩こりも解消できるストレッチ。これなら簡単に覚えられて、実践できますよ。

5本の指で指圧する方法

両手の指を軽く組みます。次に片方の5本の指で逆の手の甲を押します。押される方の指は伸ばしておきましょう。手は第二の脳ともいわれ、手のツボがたくさんあり、それを刺激が脳に伝わり、元気が出たり、血行がよくなり肩こりが解消するというワケです。これならいつでも、簡単にできますね。

手にあるツボを刺激する

先に述べたように手にはたくさんのツボがあります。そのツボを押すことで体全体の血行がよくなり肩こりが楽になりますよ。そのツボを紹介していきましょう。

『後けい(こうけい)』:小指の付け根部分にあるツボです。こぶしをつくったときにしわになるところ。肩こりだけでなく、首こりや頭痛にも効果があると言われるツボ。指で強く押しましょう。
『第一頸項点(だいいちけいこうてん)』:人差し指と中指の付け根、少し手首よりに下がったところにあるツボ。
『第二頸項点(だいにけいこうてん)』:薬指と小指の付け根、少し手首よりに下がったところ。第一頸項点と一緒に押すとより効果的と言われています。
『曲池(きょくち)』:肘を曲げたときにできるシワの少し外側にあります。
『手三里(てさんり)』:曲池から手のひらに向かって指3本分のところにあるツボ。寝違えなどの痛みも緩和してくれます。手三里は肩こりや首こりのほか、集中力を上げるツボとも言われています。

指ヨガで健康に

単行本などにもなっている指ヨガというのがあります。手の指だけを使ったヨガで、指先を刺激すると『気』の流れが活性化され、体全体が元気になるのだそうです。肩こりの改善にもつながる指ヨガ。覚えて損はないですよ。

両手の指を大きく広げて、胸の前で両手の指先の腹をくっつけます。まず親指同士を強く押し合いながら、鼻で呼吸をします。同じように他の指も行います。5本すべて終わったら、全部の指を同時に押し合います。これを朝と夜、3回繰り返します。

手首のストレッチで肩こり解消

手首と肩こりには密接な関係があるのですよ。肩こりだからとって肩のストレッチだけをしていても解消できない場合は、手首のストレッチをしてみましょう。右の腕を前に伸ばします。手の平を下に向け、手首を下に曲げます。左も同じように行います。

また、次のようなストレッチもあります。右の腕を前に伸ばします。手の平を下に向け、手首を上に曲げます。反対の手で手首を押しだすように曲げます。左も同じように行います。どこでもできる簡単な手首のストレッチですね。

手首を回す

また、両手首を回すだけでも、肩こり解消につながるのですよ。お風呂に入ったときなど、手首や足首を回すようにしましょう。全身の血行もよくなり、体全体が軽くなります。指や手首のストレッチは簡単で、場所を選ばずにできるものです。習慣にして万年肩こりを解消しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
万年肩こりを劇的に解消!指と手首を動かすだけでスッキリ|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/katakorikaishou38341/

この記事をシェアする

関連記事

コメント