• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

接点のない彼に片思い!存在を示すところから始まる恋の頑張り方

Date:2015.05.31

shutterstock_207260266 - コピー

大人になると、会社の同僚や先輩、後輩、友達の紹介など、知り合うきっかけが先にあって、その後恋へと発展することが多いですが、それでもたまに、知り合うきっかけのない男性を好きになってしまう人もいます。

同じビルで働く別会社の人だとか、同じ会社でも仕事上の接点がほとんどない人など、自分との関わりがほとんどない人のことを、気づいたら好きになっていた。そんな人もいるでしょう。

知り合いですらないところからのスタートなので、その恋の成就には並々ならぬ努力が必要となります。

でも、何もしないうちから諦めたりはしないでください。上手くアプローチすれば、彼の身近にいる同僚女性たちを差し置いて、ある日突然彼の「気になる存在」へと躍り出ることができるかもしれません。

まずは彼の視界に入ろう!

心理学には「単純接触効果」というものがあります。

モノや人を繰り返し目にするだけで(単純接触:mere exposure)、そのモノや人への態度が好意的になるのではないか、と言います。

つまり、好きな人の目に留まることが多くなれば、気になる存在として心に留めてもらえるかもしれないということ!

ただ、この単純接触効果。人に対して行われた実験では、必ずしも好結果が出たわけではないそう。顔や雰囲気、好みなど、接触回数以外の要素の影響が出てしまうようです。当然といえば当然ですが…。

「会う回数を増やせば誰でも好きになってもらえる」というほど、人生甘くはないようです。ただ、彼にとってあなたの見た目印象がマイナスならば難しいですが、「普通」という評価であれば、会う回数を増やすことで「いいな」と思ってもらえることはあり得ます!

身だしなみに気をつけて、自分にできる精一杯のおしゃれをして、彼の視界に入る努力をしてみてはいかがでしょうか。

通勤時間を狙う!

とはいえ、何の関係もないあなたが、急に彼の横にくっついて回るのは不自然です。ごく自然に彼の視界に入る方法を考えなければなりません。

会社勤めの人であれば、一番簡単なのは、通勤時間を合わせること。彼の通勤時間や通勤経路、出社するタイミングなどをリサーチ。それに合わせて出社するようにします。

通勤経路が同じなら、同時刻の電車、近くの車両、同じ改札など、自然に鉢合わせできる場所を探します。

まるで違う方向からの通勤であれば、ビルに到着するタイミングを合わせる、同じエレベーターに乗るなど。別会社の人であれば、オフィスに入ってしまうまでに勝負できそうな場所を探します。

同じ会社で他部署であるなら、もう少しハードルは低くなりますね。オフィスに入るタイミングを同じにすればよいですし、社内でも、毎日の彼の行動パターンをリサーチすれば、どこかに接近できる場所があるはずです。

ただ、タイミングを合わせたいからと、待ち伏せたり、付きまとったりはしないでくださいね。ストーカー行為と取られかねません!

毎日の自然な行動の範囲内で、合わせられるところは合わせるということ。無理やりな感じや、必死さが相手に伝わるくらい強引であれば、迷惑行為になってしまうので気をつけてくださいね。

わずかな接点も見逃さない!

自分とは接点のない彼であっても、どこかにわずかにでも接点がないか、探すことも大切です。自分の先輩や同僚など、周りの人が彼と知り合いではないか、間接的にでも接点がないか調べてみてください。

彼の知り合いが周囲にいなくても、ランチする店が同じであるとか、よく喫煙室で会うなど、彼と同じ空間に居合わせる人がいるならしめたもの!

彼の近くに知り合いがいるタイミングを見計らって、用事を無理やり作ってでも、その知り合いに声をかけにいく(もちろん、とびきりの笑顔をふりまきながら!)

「あ、ここにいたんですか」と明るい声と笑顔でかけよったりすれば、意外に近くの人の視線も集められるもの。彼の目に留まる可能性も高くなりますよ。

とにかく、些細な接点も見逃さず、自然な形で彼の近くに登場する機会を増やしてください!

美しい姿勢ですれ違う

「単純接触効果」は人に対しては、確実にその効果が得られるものではないと述べましたが、彼の目に留まった瞬間の印象が良ければ効果は得られます。

そのためには、外見を磨くことも大切ですが、顔立ちやスタイル以上に気をつけたいのが「姿勢」です。

通勤時間でも、仕事中のふとした瞬間でもよいですが、周りの女性たちの歩く姿や立ち振る舞いを、一度注意して見てみてください。意外にみんな美しくないことに驚きます。

背筋や首筋をすっと伸ばして、モデルのように美しく歩く。会釈するにしても、書類一つ渡すにしても、その一挙一動、静かに丁寧に、美しくを心がけてみてください。それだけで、周囲の女性に紛れることなく、ひとりだけ輝いて見えることもあるのです。

通勤時間は特にチャンスです。毎日の疲れからかダラダラとした雰囲気で背中を丸めて歩く人の多い中、颯爽と歩く姿がどれだけ目立つことか!

やり過ぎや、モデル気取りはダメですよ。ただ、ひたすらに、姿勢や所作を美しく。

自然に言葉を交わすには

なんとなく視線が合う回数も増えてきて、もしかしたら顔を覚えてもらえたかな?と思うくらいに、彼の日常に入り込むことに成功したなら、次は言葉を交わすことに挑戦してみましょう。

日常的に会話を交わす間柄ではない相手です。言葉を交わすチャンスも少ないので、いつもより1トーン明るい声を心がけましょう。やさしい声で、そして笑顔で。彼の記憶によい印象を残しましょう。

挨拶に挑戦!

何か会話をしなくては、と思うと、とてつもなく大変な挑戦のように思えてきますが、まずは挨拶など、ちょっとした一言を交わすことから。

出勤時に顔を合わすことに成功しているなら、目が合った瞬間、エレベーターの待ち時間、すれ違いざまなど、勇気を出して「おはようございます」と一言。

特に共通の話題がなくても、お互いをよく知らなくても成り立つのが挨拶です。常識ある大人なら、よく知らない人であっても挨拶されれば挨拶し返してくれます。挨拶を日常的に交わせるようになれば、「知らない人」から「顔見知り」に昇格です!

「すみません」や「ありがとうございます」も挨拶同様、交わしやすい言葉です。

エレベーターに少し遅れ気味に飛び込んで「すみません」、もしくは彼がドアを開けて待っていてくれたなら「ありがとうございます」。狭い通路をすれ違うタイミングで出くわして、すれ違いざまお互いに道を譲り合いながら「すみません」。

言葉を交わすチャンスがないなら、自分でシチュエーションを生むくらいの気持ちで挑まなければ、接点のない彼との恋は実りません!

挨拶に一言プラスで会話に繋ぐ

簡単な言葉を交わすことに成功したなら、ちゃんとした会話を交わす段階へ進みたいですね。

朝の挨拶を交わせるようになったなら、「いつもこの時間に会いますね」や「今日は暑いですね」など。帰りに会うのなら、「お疲れさまです」「お仕事忙しそうですね」など。挨拶の後に何か一言つけることに挑戦してみてください。

最初は挨拶プラスたったの一言でも、次第に打ち解けて長い会話を続けられる仲になれるかもしれません。

彼が風邪をひいているときは、すかさず「大丈夫ですか?」。「心配する」「ほめる」は相手の心を掴む上で、とても大きなポイントとなります。気になる彼の体調ですから本当に心配でしょう?その心配を思いきり口に出して伝えてください。

相手の出方を見るのも大事!

shutterstock_238964875 - コピー
好きな気持ちで押しまくっても許される学生時代の恋とは違い、大人の恋は相手の気持ちを思いやる必要があります。

彼は迷惑がっていないか、このまま次のステップに進んでいいのか、その都度、彼の表情や言動をよく見て、次の出方を考えましょう。

迷惑そうなら、即引く!

接点のない男性にアプローチする場合、気をつけなければいけないのが、相手との距離感です。距離感といっても物理的距離ばかりではありません。心の距離感もです。

Step1~Step2では、自然な感じで彼に近づく方法を紹介しましたが、彼への気持ちが強すぎて、不自然に、強引に近付こうとしては台無しになります。

彼にとって「偶然よく会う人」でなければなりません。すべてが「自然」でなければ、そこに少しでも作為的なものを感じさせては、単純接触効果が表れる前に気持ち悪がられてしまう可能性があるからです。

人は都合のよい解釈をするもので、自分がいいなと思っている人からの待ち伏せであれば許すどころか「うれしい」とまで思うのに、好きじゃない人に対しては「ストーカー」呼ばわりです。彼の心ひとつで展開が変わります。

ですから、常に彼に気を配る必要があります。少しでも迷惑そうな言動が見られたら、一度引いて、距離や時間を空けて作戦を練り直しましょう。

声をかけられやすい女になる

接点のない彼との距離を縮めるには、自分から積極的にアプローチすることが大切ですが、社交的・積極的な男性が相手の場合、「あれ?俺に気があるのかな」と感じた時点で、彼の方から話しかけてくれたり、食事に誘ってくれたりする場合もあります。

その際、声をかけやすい雰囲気で待っていることも大事です。男性側も、よく知らない女性に声をかけるのは勇気のいることなのです。声をかけやすいように、隙を作ってあげることが大切です。

口角は常に上げておく!
口角が下がっていると不機嫌な顔に見えて、なかなか声をかける勇気は出ません。彼と接触する可能性のある場所だけでもいいので、口角を上げっぱなしにして待機してください!
動きをスローに!
「おっとりした女性はナンパされやすい」と聞いたことはありませんか?歩くスピード、動くスピードが遅いということは、声をかけたり、引き止めたりする隙があるということ。テキパキ女性もゆっくりおっとり、スローな動作を心がけてください。

時には引いて彼の出方を見る

毎朝、挨拶を交わす仲になったとしたら、時には通勤時間をずらして、わざと会わない日を作るなどして様子を見るのも一つの手です。

「昨日はどうしたの?」など、彼の方から声をかけてくれるなら、かなり好感触です。無関心そうに気のない挨拶を返すだけなら、脈がない可能性も。

接点のない彼との恋は、相手に迷惑がられればすぐに引いた方がよいので、彼の態度に敏感に、時にわざと引いたりして相手の出方を見ながら、引くべきか、推し進めるべきかの判断をするようにしたいですね。

見ているだけじゃ始まらない

shutterstock_125604359 - コピー
目が合うだけで「俺のこと好き?」と勘違いしちゃうような、単純さを持つ男性たち。「OKをもらえそう」と感じる女性に好意を抱きやすい、狩猟本能のある男性たちなのです。

彼の視界に入る努力をし、彼と視線を合わせ、頻繁に言葉を交わせるまでになれば、好意は伝わり、お付き合いに発展させることができるかもしれません。

とにかく、毎日のあなたの生活に関わりのない彼なのです。こっそりと見ているだけでは何も始まりません!

まずは、あなたの存在に気づいてもらう。小さな一歩ですが、大切な一歩です。最初に好印象を与えられれば、単純接触効果も期待できます!

気合を入れて頑張ってみてください!

この記事をシェアする

関連記事

コメント